Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀岳中央稜撤退編
17.6.17

阿弥陀南稜へ登るため、登山口の舟山十字路へ。

前穂から帰ってきて以来、風邪気味で調子が良くない。
熱は無く、倦怠感と咳くらいなので登山して治そうという考えだ。

舟山十字路は初めてだけど、事前にカーナビへ
地点登録しておいた。
安心して向かったが登録ポイント近くにきても
道路上そこに行き着けない。
何度もトライしたが結果は一緒で別荘地を
グルグルするだけで時間だけが過ぎていくヽ(@◇@)ノ

ふと気付いた。
『あれ 何か場所がおかしいんじゃ?』
で、スマホで舟山十字路を検索。
すると、どうも事前登録した場所と違うじゃねーか(○`ε´○)プンプン!!

170617- (1)
▲そんなこんなで到着時間が1時間くらいオーバー。
車が置けるか心配だったが何とか駐車出来た。


170617- (4)

170617- (6)

170617- (8)
▲支度を整え出発。ネットでルートは事前リサーチ済み。
舟山十字路のゲートを通過し暫く林道歩き。
よしよしリサーチ通りだ。


170617- (12)

170617- (15)
▲次は広河原橋を渡ったらすぐ右折らしい。
しかし広河原橋を渡ったすぐ右は藪状態で踏み跡も無く
どうにもおかしい。。。。。。o(゜^ ゜)ウーン

ここはさすがに違うぞ!と思い更に数十メートル林道を進むと
右からの道と合流するトの字の場所に。


170617- (17)

170617- (20)
▲特に何も明示は無かったが右折し進む。
すると堰のある河原に下り渡渉ポイントが出てきた。
この辺りでルートが今ひとつわからずゴソゴソしてたら
河原の石につまづきザックのショルダーに付けていたGPSの
モニターをぶつけヒビが入ってしまった。。。
テンション下がるわ、、、、、(。>0<。)


170617- (21)

170617- (23)

170617- (25)
▲何とか渡渉した所から上に上がる踏み跡を見つけ
踏み跡を追っていくと事前調査済みの木に『阿弥陀南稜』と
明示され、木の根元付近に『阿弥陀岳』と明示されている場所
を発見。
若干の違和感はあったがこの明示を右に見ながら進んで行く。

本当はここを左に見ながら進むようだった。

そんなこととは露知らず進む。

170617- (31)
▲すると二股に到着。

170617- (32)
▲左方向と

170617- (33)
▲右方向。


170617- (35)
▲雰囲気で右方向かな?と思い
右方向へ進むとペイントがあったので正解と疑わなかった。


170617- (36)

170617- (37)
▲更に進むとまた堰があり、その前にケルンと
慰霊碑がある場所に到着。


170617- (38)

170617- (39)
▲渡渉するしかないので渡渉し堰の上に。


170617- (40)

170617- (41)

170617- (43)

170617- (44)

170617- (46)
▲堰を上がった辺りは何か踏み跡も無い感じだったが、
更に進んで行くとしっかりした踏み跡があり
更にペイントで“四区”と書かれてある所を通過。


170617- (48)

170617- (49)
▲その後はペイントやら木の札の集まったものや踏み跡を
頼りに疑い無く進む。


170617- (64)
▲スタートから2時間弱、未だ立場岳に到着しないのはおかしい
と思い、休憩しながらGPSを確認。
するとあろうことか南稜と御小屋尾根の真ん中辺りを歩いている
(/||| ̄▽)/
どうやら中央稜を歩いているようだ。

中央稜を歩く予定はなくCTもわからず、どれくらいで阿弥陀岳に
着くのかもわからない。
どうしようか悩んだが取りあえず踏み跡もしっかりしているため
進むことにした。


170617- (66)

170617- (67)

170617- (71)

170617- (72)
▲休憩した場所から約1時間。
目前に大きめの岩稜のある所に出たが、この辺りで体調が
悪くなってきた。

少し休んで進んでみるがどうも調子が悪い。
この先のルートが容易?困難?もわからないので撤退することにした。



170617- (77)

170617- (81)

170617- (90)

170617- (91)
▲登ってきたルートを下って行く。
しかし同じルートで下っているつもりでも、あまり見覚えの無い所も。
細い河原付近に到着し そこには赤テープが木の枝に付いていたが
その先に目印はどうみても無いし踏み跡もどうにもわからない状態。
草木も高めだし、、、、、、(゜-゜;)ウーン

GPSで自分の往路の軌跡を見るが、そこそこ合っている。
けど踏み跡もわからないし目印もないので進めない。

進めないなんて言ってもいられないので藪の中の細めの川を
渡ったり戻ったりしながら下っていく。
しかしそれも結構キツく、闇雲?に進むのも生産的じゃない。
川の真ん中辺りで休憩することにした。


170617- (92)
▲川の付近は藪ばかり。顔の周りを数十匹のハエがブンブンブンブン。
嫌だし鬱陶しいが疲労感一杯だしこの先のルートをどうしようかで
構っちゃいられない。
一応虫除けスプレーやネットを持参しているが気力なし。


170617- (93)
▲進行方向(下り)左手と


170617- (94)
▲進行方向右手。
右手方向は南稜へのルートがありそんなに遠くなさそう。
ただ、藪漕ぎと高さで約10mくらいの藪のなかの谷を
横断する必要がある。


170617- (95)

170617- (96)
▲そちらから行くことにし、数十匹のハエを引き連れ
何とか南稜へのルートに合流した。


170617- (98)

170617- (100)

170617- (102)

170617- (103)

170617- (105)
▲で、何とか駐車場に到着。

ルート間違い・体調不良・撤退・藪漕ぎ
自分のミスながら散々だったε-(ーдー)



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

奥明神沢から前穂高岳
17.6.3

この日、前穂に登るため
単独で上高地入り。

この日の沢渡ナショナルパークからの始発は
確か5:40くらい。

そこで5時前に支度を整えバス乗り場に行き
タクシー相乗り者を探してもらい、程なくして
相乗り者が見つかりタクシーで上高地へ。


170603- (1)
▲5:30には上高地に到着。
計画書を提出し、即出発。
今回、奥明神沢から前穂に登るつもりなので
少しでも時間が惜しい。
なのでタクシー入りで約1時間、計画の
前倒しをすることが出来た。


170603- (7)

170603- (12)

170603- (14)
▲5:48 岳沢登山口。
最近なのかわからないが熊笹が刈られた様子。
歩いていて熊笹を邪魔に感じなかった。
雪は無かった。


170603- (19)

170603- (24)

170603- (25)
▲7番を過ぎた辺りで残雪。
早々にストックを出して対応したが
残雪もあったり無かったりという具合。


170603- (52)

170603- (53)

170603- (55)
▲残雪もそんな感じなのでノーアイゼンで進む。
7:30頃 岳沢小屋に到着。
小休憩後アイゼン、ヘルメット装着し
7:50奥明神沢から前穂を目指す。


170603- (61)

170603- (63)

170603- (68)
▲最初はまぁまぁの雪の硬さ。
ただ上から散発的に氷の欠片が降ってくる。

また、小屋でSさんという中年の男性と会話し
『後で追いかけます』とのことだったが来ることはなく
誰もいない静かな登山だ。


170603- (76)

170603- (81)

170603- (85)

170603- (96)
▲斜面はドンドン急になっていく。
まともに座って休む所などは一切なし。
ピッケルでビレイを取りながらしゃがんで休む。
ルートは常に確認しながら進む。


170603- (98)

170603- (113)

170603- (114)
▲斜度も斜度なのでペースも上がらない。
足もパンパンで気持ちも萎えそう。
撤退もありかなぁと考えていた辺りで
上から下山してくるこのルート今日初のお二人に遭遇。

このお二人、前泊し前日は天気も悪かったので
誰にも会わなかったらしい。
今朝一番で前穂に登り、下山時に昨日今日で初の登山者
のボクに会ったとの事。

この会った場所からまだ1時間以上は掛かるらしいが
会話し気分も紛れパワーをもらえたのでもう少し
頑張ることにεε(・_・)ゞ


170603- (120)

170603- (124)

170603- (126)
▲それにしてもパワーをもらったばかりなのに
ペースは上がらない。
かなりの角度なので疲れる疲れる。。。
ちょっと登って休み、またちょっと登って休みの繰り返し。


170603- (132)
▲ピッケルでビレイしながら休むのも結構気を使う。
斜度が斜度なのでズルっと行ったら即停止アクションを取らないと
かなりヤバイ角度だ。


170603- (142)

170603- (145)

170603- (146)

170603- (148)
▲疲労困憊しながらも何とか11:30頃到着。
ケルンの所が前穂頂上だが明示板は雪の下。


170603- (147)

170603- (153)
▲ピークより高くなっている付近へ。
うっひゃーーーーこぇ~~{{(>∇<)}}
天気も曇ってきて不気味感いっぱいだ。
山頂も自分一人っきり。
嬉しいような淋しいような、、、( ̄へ ̄|||)


170603- (154)

170603- (164)

170603- (169)
▲眺望はまぁまぁいい感じ。
北穂や奥穂、西穂や諸々、、、、、


170603- (186)

170603- (187)

170603- (192)
▲到着してから15分そこそこ
天気も怪しくなり雪もパラっとした。
降りられなくなってここでビバークも辛いので
下山することに。


170603- (196)
▲下山早々、腰まで踏み抜き(ーー;)
兎にも角にも慌てず急ごう。


170603- (198)

170603- (201)

170603- (203)
▲下り始めた早々困ったことに。
雪が緩み過ぎてアイゼンが効かなさすぎ。。。(;゜(エ)゜)

そんな状態なのでプチ滑落。
想定内だったので2,3mの滑落で済んだ。


170603- (206)

170603- (207)

170603- (208)
▲どうにも厳しいので、山と正対しピッケルと
空いている左手でスピードを調整し
故意に足を滑らせながら3000mくらいから
2630mくらいまで下ってきた。
前進疲労でヘットヘトε-(ーдー)


170603- (209)

170603- (216)

170603- (221)
▲そこからは普通にグリセードで下山。


170603- (225)

170603- (229)
▲13:22 岳沢小屋とうちゃこ
ゼロコーラを小屋で購入し休憩。
20分後出発。


170603- (232)

170603- (235)
▲小屋から下は往路と一緒で
アイゼンなし、ポールだけ。


170603- (243)
▲14:55 登山口。


170603- (250)

170603- (252)
▲15:32 バスターミナル着。
ここでりんごソフトで自分におつかれさま
ε=( ̄。 ̄;A 


170603- (255)
▲ナショナルパークで最近ここに来ると必ず買う
『サンふじ100%りんごジュース』を購入。
美味し!!

(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪


テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

上高地散策
17.5.27
この日、母ちゃんと一緒に上高地散策。


170527- (8)

170527- (13)
▲バスターミナルを6:30前に出発。
程なく河童橋に到着。
今日も穂高連峰が美しい。


170527- (19)

170527- (45)

170527- (47)
▲一路明神橋方面へ。
路肩にはニリンソウが群生している。


170527- (55)

170527- (57)

170527- (59)
▲7:12 明神館到着&休憩。
ここではキャラバンシューズが売っていた↓↓


170527- (66)
▲万一靴を忘れた時はここに売っている(確か17000円くらい)のを
覚えておこう。


170527- (77)

170527- (80)

170527- (90)

170527- (92)

170527- (124)

170527- (129)

170527- (133)
▲休憩後、更に北東し横尾方面へ。
途中徳沢を8:18頃通過。


170527- (138)

170527- (141)

170527- (143)
▲8:32 新村橋に立ち寄り。
ここから涸沢方面に行くことが可能。
今日は行きません。


170527- (153)

170527- (159)

170527- (160)

170527- (161)

170527- (181)
▲途中、少し残雪で遊びながら


170527- (186)

170527- (193)
▲歩いて


170527- (196)
▲また歩いて


170527- (201)

170527- (203)

170527- (207)

170527- (208)
▲9:20 横尾に到着。休憩。


170527- (216)

170527- (217)

170527- (229)
▲ここは槍方面や涸沢方面からの合流点。
今回は行きませんヾ(@゜▽゜@)ノ


170527- (237)

170527- (244)

170527- (249)

170527- (257)

170527- (261)

170527- (267)
▲休憩後、横尾大橋を渡り屏風岩見学へ。
岩小屋跡の少し先まで行ったけど、岩小屋跡辺りからが
一番屏風岩の眺望がよかった。


170527- (302)

170527- (305)

170527- (309)

170527- (313)

170527- (316)
▲見学後、横尾に戻って休憩。
11:25頃、徳沢方面へ引き返し。


170527- (329)

170527- (330)

170527- (332)

170527- (333)

170527- (335)
▲引き返し途中の新村橋から6,7分進んだ所で
猿に遭遇。
最短3mくらいの位置で遭遇したが、普通に切り株に座っていて
(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
襲われなくてよかったよ。


170527- (339)

170527- (349)
▲徳沢で小休止してから一路明神館へ。
13:24 明神館に到着。


170527- (351)

170527- (352)

170527- (353)
▲ここで昼飯。
自分はカレーライス大盛り+甘酒、母ちゃんはおでん。
普通に美味しかった。


170527- (354)

170527- (356)

170527- (371)

170527- (374)

170527- (375)

170527- (380)
▲昼飯後は穂高神社へ。
穂高神社横は明神池だったが見学は有料だったので
今回はパスった。


170527- (391)

170527- (393)

170527- (398)

170527- (406)

170527- (408)

170527- (419)
▲一路河童橋へ。
15:30頃 到着。


170527- (423)

170527- (425)

170527- (426)
▲お約束のりんごソフトクリームとアップルパイ。
ヾ(@⌒¬⌒@)ノ


170527- (428)

170527- (438)

170527- (439)

170527- (446)
▲穂高連峰に別れを告げてバスターミナルへ。
お疲れ様でした(o^∇^o)ノ






テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

母ちゃんと蝶ヶ岳
16.5.20
母ちゃんと一緒に蝶ヶ岳へ行くことに。

170520- (1)
▲登山口の三股駐車場に4時頃到着。
まだ車も十数台くらいのもので空いている。


170520- (8)

170520- (12)

170520- (13)
▲4:50
駐車場を出発。
左手に川のせせらぎを聞きながら登山口に向かう。


170520- (17)

170520- (18)

170520- (19)
▲5:04 三股登山口。
ここで登山計画書を提出し出発。


170520- (24)

170520- (35)

170520- (39)
▲ニリンソウが咲き乱れる中をゆっくり登っていく。
雪こそないがまだ気温も高くなく快適快適。


170520- (43)

170520- (54)

170520- (55)
▲自然豊かな中の山歩き。
最初で最後の水場で水を頂いた。


170520- (60)

170520- (63)

170520- (64)

170520- (68)
▲結構木の階段が多い感じ。
このルートお約束の“ゴジラの木”を観賞。


170520- (91)

170520- (92)
▲1760mくらいに初残雪。


170520- (100)
▲6:40 まめうち平に到着。休憩。
ここにくるまで3箇所くらいしか残雪箇所は無かった。


170520- (105)

170520- (112)

170520- (114)
▲まめうち平からは、たまに雪が無い所もあるけど
ほぼ雪。


170520- (120)

170520- (121)
▲途中で母ちゃんはスパチェーン、自分はピッケル出し。


170520- (130)

170520- (136)

170520- (137)
▲だんだん斜度も出てきたので、母ちゃんはアイゼン、自分は
スパチェーンを装着した進む。
結構木が邪魔なところが結構あって嫌な感じの点も結構散発的にあって邪魔っけ。


170520- (141)

170520- (149)

170520- (162)

170520- (174)

170520- (183)
▲やっと森林限界かな。


170520- (190)

170520- (192)

170520- (196)

170520- (201)
▲イワヒバリかな?雪の上を遊んでた。


170520- (202)

170520- (209)

170520- (216)

170520- (218)
▲蝶ヶ岳ヒュッテに10:38到着。
先ずは山座同定盤のある山頂へ。


170520- (236)

170520- (237)
▲槍ヶ岳方面


170520- (238)

170520- (239)
▲涸沢岳方面


170520- (241)

170520- (242)
▲奥穂、前穂、明神方面。


170520- (249)
▲てっきりこっちが山頂だと思ったら山頂は間逆方面らしい。
約35年前に部活で来た時はこっちしかなかったのに、、、


170520- (257)

170520- (259)
▲取り敢えずこっちで写真を撮ってから新山頂へ。


170520- (282)

170520- (287)
▲山頂にて。


170520- (288)

170520- (290)
▲本日景色最高!!


170520- (300)

170520- (301)
▲昼飯はヒュッテ製のカレーとラーメン。
ラーメンは中華そば風で特に美味しかった。


170520- (307)

170520- (317)

170520- (318)
▲12:13 下山開始。


170520- (326)
▲12:52  
スパイクチェーンでは調子が悪かったのでアイゼンに変更。


170520- (330)

170520- (331)

170520- (343)
▲その後、緩くなった雪面で踏み抜きや邪魔な枝と格闘しながら
15:27 まめうち平へ。ここで一息。


170520- (346)
▲16:35 ゴジラの木を通過


170520- (359)
▲17:10 やっと登山口。
駐車場はまだ先。


170520- (361)

170520- (364)
▲17:25 やっと駐車場に到着。
長い一日だった~

おつかれさまでした~

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

GWの山登り
17.5.5は
一家で八ヶ岳の硫黄岳に登ることに。


170505- (2)

170505- (3)
▲桜平駐車場(上)に6時前に到着。


170505- (11)

170505- (15)

170505- (18)

170505- (21)
▲6:40頃支度を整え出発。
茶祐は毎度のバッグイン。


170505- (34)

170505- (35)
▲夏沢鉱泉で登山計画書提出。
ここまでの路面に雪は無し。


170505- (37)

170505- (38)

170505- (39)
▲夏沢鉱泉を過ぎると残雪もあって
凍結箇所もあるため、それぞれ滑り止め装着。


170505- (50)

170505- (55)
▲その後一応ずっと積雪あり。
場所によっては踏み抜きするところも(ーー;)


170505- (59)

170505- (61)

170505- (68)
▲8:13
オーレン小屋で休憩。
ここからあかねにゴーグル装着。


170505- (69)
▲8:30出発。


170505- (74)

170505- (78)
▲8:54 ヒュッテ夏沢通過。


170505- (91)

170505- (96)

170505- (97)

170505- (109)
▲夏沢峠からは少し登りがきつくなる。
路面の雪も標高が上がるにつれ少なくなっていき
とうとう夏道状態になったので滑り止めを外す。


170505- (111)

170505- (112)
▲滑り止めを外すついでに、さすけ・あかねの
おやつタイムと思ったが、さすけは睡眠中なので
おやつ無し。


170505- (113)

170505- (124)

170505- (126)
▲途中で少しコースを外して積雪箇所を歩く。


170505- (132)

170505- (139)

170505- (143)

170505- (153)

170505- (154)
▲10:00頃 硫黄岳山頂到着。


170505- (193)
▲山頂は風が吹きっさらしだけど、昼飯タイム。


170505- (208)

170505- (211)

170505- (220)
▲正面に八ヶ岳の山々を見ながらの昼飯は気分最高(o^∇^o)ノ
今回は持参しなかったけど、豆挽いて珈琲ってのもいいね!


170505- (225)

170505- (228)

170505- (230)
▲11:00
昼飯食ったら赤岩の頭方面から下山開始。


170505- (235)

170505- (238)
▲下り初めは残雪あり。
注意しながら進んでいると頭上を何やら音もなく
滑空しているものが、、、、、


170505- (242)

170505- (243)

170505- (245)

170505- (247)
▲グライダーというのかウルトラライトプレーン
っていうのか何なんだろ??
どこからか飛んで来て旋回し、赤岳方面に消えていきましたとさ。


170505- (249)

170505- (251)

170505- (255)
▲途中背景に赤岳、阿弥陀の眺望抜群で岩場といい感じの
場所を発見。
早速あかねを(-p■)q☆パシャッパシャ☆


170505- (269)

170505- (270)

170505- (279)
▲11:34
赤岩の頭辺りにくるとまた残雪あり。
ここから雪が続きそうな下りなので、滑り止めを
また装着。


170505- (286)

170505- (290)

170505- (303)
▲急めの下りを下り林の中に入る辺りで踏み抜き~


170505- (305)
▲で、母ちゃんも同じ所で踏み抜き~≧(´▽`)≦


170505- (309)

170505- (313)

170505- (322)
▲12:40
林の中を下りオーレン小屋に到着。
ここで休憩。


170505- (323)
▲頂上で昼飯は食べたんだけど、休憩してたらまた腹減った。
なのでボルシチを注文。美味しかった~\(o⌒∇⌒o)/


170505- (326)

170505- (327)

170505- (328)

170505- (330)
▲13:15 休憩終了~
滑り止めをそれぞれ着けて出発。


170505- (334)

170505- (336)

170505- (338)
▲13:58
朝よりも融雪が進んだ路面を進み、
夏沢鉱泉を通過。


170505- (339)

170505- (342)
▲夏沢鉱泉を過ぎた辺りで滑り止め外し。
ここからはもう歩行箇所に雪もナッシング。


170505- (346)

170505- (348)

170505- (351)
▲14:30
桜平駐車場に到着。
おつかれさまでした~(*^-^)ゞ






テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。