Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バス運休で宝剣諦め大川入山へ
17.1.9

宝剣岳に登山するべく早朝4:30に自宅を出発し
東海環状に乗り掲示板を見ると、中央道中津川より
先は積雪のため通行止めとなっている。
ラジオの交通情報を確認しても同様で解除の見込みは
立っていないとのこと。

中津川IC手前の恵那峡SAに入り状況が改善されて
いないことを確認。
ここでいつになるかわからない解除を待つか下道で
駒ヶ根の菅の台BCを目指すか検討。
時間もまだ5時台ということもあり、下道で向かうことにした。

中津川で下り(下ろされ)19号線→256号線で飯田方面へ。
さすがにまだ早朝なので除雪もされておらず通る車も
滅多にいない。
たまに対抗車がくることが稀にあるが、自分の後ろから来る車など
一台もいない。

170109- (1)
▲途中で高めの山が見えたのでパチリ。
撮影した場所から南木曽岳かと思われる。

時間もまだ早朝ということもあり256号線は除雪されておらず
山道は緊張の連続だった。

170109- (2)
▲256号から153号に入ると通行する車も増え
多少除雪もされたようでまだマシだった。


8:30頃やーっと菅の台BC駐車場に到着。
けれども誰もおらず何だか様子がおかしい。
170109- (9)

170109- (10)
▲駐車場に入ろうとするとゲートにRW運休の知らせが。
お金がかかるため駐車場に入るのをやめ、駐車場の外に
車を停め外に出て様子を確認していると、係員がきて
積雪影響でバスが運休との事で復旧?見込みも無いらしい。

170109- (11)
▲仕方ないので帰る事に。
けれど折角出てきて勿体無いのでどこか山に登って行くことに。
とは言っても事前検討も当然していないので、行ったことのない山は
わからない。
唯一帰りの道中で分かる山で、治部坂高原スキー場前にある大川入山
に登ることにした。

170109- (12)
▲9:30過ぎに大川入山の登山者用?駐車場に到着。
車は自分の以外に7台ほど。

170109- (15)
▲9:56 仕度を整え駐車場を出発。
今回ここに登るつもりで来ていないので12本爪アイゼン以外の
滑り止めは持ってきていない。
スパイクチェーンもわざわざ荷物からおろしてきたほどだ。
このスパイクチェーンがあればベストだったが仕方ない。
ツボ足で出発。

170109- (16)
▲消えかかっている大川入山遊歩道案内図前を通り過ぎ

170109- (17)

170109- (18)
▲除雪されたと思われる雪を乗り越え、一人分の巾の
トレースに従って進んで行く。

170109- (21)

170109- (22)
▲10:02 登山口の標識でパチリ。

170109- (25)

170109- (26)
▲10:09 橋を通過したところで雪を確認。
湿っぽい雪で雪玉を作れる状態の雪だった。

170109- (31)
▲天気は晴れ。太陽が直接当たるところでは
汗ばむほどであった。
そのせいで木々の雪が融け、散発的に上からバサッと
雪が落ちてきて頭を直撃されたりした。

170109- (32)
▲10:52 大川入山に向かう途中にある横岳に到着。
写真だけ撮って即出発。

170109- (43)

170109- (45)

170109- (46)

170109- (48)
▲眺望の良い場所にあるベンチでパチリ。
八ヶ岳や南アルプスの山々がよく見えた。

170109- (50)
▲11:30 山頂までおよそ2kmの標識通過。

170109- (54)
▲11:57 山頂までおよそ1kmの標識通過。

170109- (62)

170109- (66)

170109- (69)
▲12:32 山頂到着。
山頂まではツボ足でも注意が必要な所はあったが
支障なく登れた。

170109- (70)

170109- (71)

170109- (72)

170109- (73)
▲山頂では八ヶ岳方面や南アルプスの山々の眺望があった。

170109- (80)

170109- (85)

170109- (86)
▲山頂では持参した珈琲を飲んでチョコ食って
到着から約10分後の12:42 下山。

170109- (87)

170109- (93)

170109- (96)
▲12:59 山頂までおよそ1kmの標識通過。

170109- (98)
▲13:25 山頂までおよそ2kmの標識通過。
登り時とほぼ同じくらいの所要時間(1km/2km標識間)だった。

170109- (100)
▲下り時はシャーベット状になっているところ多数。
滑らないよう注意しながら下る。

170109- (103)
▲こんな所にもつららが。

170109- (109)
▲13:59 横岳到着&通過。

170109- (114)

170109- (115)
▲14:07 ロープ箇所通過

170109- (117)
▲雪も融けてきて木の根っこが出てきているので
滑らないよう気を付けながら下る。

170109- (119)
▲14:31 橋のところに到着。
横岳~この橋辺りまでの下りは滑り易い場所多数で
ツボ足ではかなり気を使った。
時間的にもこの間は結構掛かった印象だ。
この区間は登りで43分、下りでは32分掛かった。

170109- (122)
▲14:38 登山口到着。

170109- (124)
▲登山口から駐車場へ。
正面は蛇峠山が見える。

170109- (125)
▲14:42 駐車場到着。
思ったより時間短縮できなかったのが残念。

170109- (129)
▲駐車場に到着後、暫くしたら天気が曇ってきた。
てるてる坊主さんに感謝だな。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

母ちゃんとワンゲル(大川入山)
15.5.5
子供の日のこの日は母ちゃんと二人でワンゲル。
150505- (2)
治部坂高原スキー場付近の観光センターに駐車して
登山口へ。

150505- (11)
観光センターを挟んだ153号線の反対側の駐車場。
トイレ無し。

150505- (16)
駐車場を過ぎ、少し坂を上がると

KIMG2755.jpg
登山口看板。
ここから登っていきます。

150505- (28)
木の根っ子 うじゃうじゃ。

150505- (41)
まだまだ続く木の根うじゃうじゃ。
登りはまだマシだけど、、、、、好きじゃない。。。

150505- (45)
前日に雨が降っていることもあり滑り易いので注意です。

150505- (66)
自撮り。

150505- (76)
途中道が崩壊しているところ有り。

150505- (77)
トラロープとザイル有り。

150505- (86)
後で気付いたんだけど、ロープのある手前側ではなく
奥の藪側?からなら安全に通れそうだった。

150505- (89)
崩壊箇所を通り過ぎ、しばらく歩いたところで

150505- (94)
粘土状のところで足を滑らせてしまいました。

150505- (95)
袖をを汚した程度で済みました。

150505- (103)
途中で南アルプスを望める所有り。

150505- (102)

150505- (116)
8:10頃 途中の横岳(1574m)に到着。
お茶休憩後出発。

150505- (187)
9:00頃 あと2km看板通過。

150505- (202)

150505- (238)

150505- (239)
9:25頃 あと1km看板到着。
お茶休憩後出発。

150505- (243)

150505- (257)

150505- (265)

150505- (277)

150505- (280)

150505- (298)
10:05頃 大川入山山頂到着(1908m)。

150505- (303)
150505- (304)
御嶽、乗鞍方面。

150505- (305)
150505- (306)
南アルプス方面。

KIMG2912.jpg
KIMG2910.jpg
昼飯食べてコーヒー飲んで暫し寛いでから下山。

150505- (342)
11:15 下山開始。

150505- (367)

150505- (373)

150505- (424)
横岳に戻ってきました。

150505- (446)
途中の道が崩壊している所では、偶然にもカモシカ?発見。

150505- (466)
木の根の下りは結構来るものがあります。

KIMG2987.jpg
登山道入口まで戻ってきました。

150505- (487)
まだ桜が咲いていました。

150505- (490)
13:50頃 駐車場到着。
今回も無事に登山出来て、山の神様に感謝です。

母ちゃんもおつかれさま~



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

一人でワンゲル(大川入山)
1/10に登山を計画。
候補は鈴鹿山脈方面か八ヶ岳方面か阿智村方面。
前日夕方の山の天気予報によると、
鈴鹿山脈方面は×、八ヶ岳方面は○、阿智村方面は△だったので
八ヶ岳方面を計画。
夜に天気予報を再確認すると、
鈴鹿山脈方面は変わらず×、阿智村方面も変わらず△、八ヶ岳方面は△になっていた。
同じ△なら距離的に近い阿智村方面の大川入山に計画変更。

1/10は母ちゃんは用事があり×、朱音は前に一緒に同山にに登っているので
連れて行きたかったが、木曜夜に血尿を発見。
金曜夜に医者で点滴したばかりなので一人で登ることとした。

150110- (6)
駐車場は東屋のある駐車場は少し雪が深かったので駐車をやめ

150110- (3)
観光センターの駐車場に車を置き、

150110- (4)
朝7時に登山口へ向け出発。
他に車1台も止まっておらず、どうやらこの日最初の登山者が
自分だったようだ。

150110- (8-1)
朝7時でも空にはまだ月が、、、。

150110- (16)
7:10頃 登山口着。

150110- (18)
この日、かんじき、チェーンスパイク、12本爪のアイゼンの3種を持参。
取り合えず何もつけずに登山開始。

150110- (23)
橋を渡って

150110- (30-1)
少し登った7:30頃、チェーンスパイクを装着。

150110- (37)
トレースはしっかりついており、新たに雪が降った様子はなくラッセル不要。
トレース上を歩いているには問題ないが少しトレースを外すと
膝まで軽く埋まったり、時には腰くらい埋まってしまう所もあった。

150110- (39)
一人登山なのでタイム勝負と行きたいところだったけど
写真も好きな俺。
風景写真やらジドリやらジドリやらで余分な?時間を
都度とっている状態だった。

150110- (44)
太陽も顔を覗かせ、視界も開けて道中の景色は最高。

150110- (66)
8:05 横岳到着。
150110- (65)
地面に直接デジイチを置いてパチリ。
5分後の8:10出発。

150110- (71)
150110- (76)
150110- (77)
聞こえるのは時折吹く風の音か鳥の声くらい。
静かな中の登山は天気が良いこともあり最高で清々しい。

150110- (84)
150110- (90)
あーーーーーーーーーー
かんじきの紐が垂れているのに気付かなかったわ~~

150110- (107)
150110- (118)
8:50頃 山頂まであと2kmの看板到着。

150110- (124)
150110- (125)
150110- (135)
150110- (147)
9:30頃 山頂まで1km看板に到着。

150110- (148)
150110- (152)
150110- (163)
150110- (166)
150110- (168)
150110- (171)
150110- (181)
150110- (198)
10:15頃 山頂到着。
結局、誰一人会うこともなく山頂に到着。

150110- (203)
当然ながら山頂も自分一人。
結局チェーンスパイクで事は足りてしまった。

150110- (197)
150110- (204)
山頂からのパノラマの凍り付いていた看板の氷を割って
山々を看板と共に確認。

150110- (205)
150110- (206)
中央アルプス方面。

150110- (207)
150110- (208)
北アルプス方面。

150110- (209)
150110- (210)
八ヶ岳、南アルプス方面。

150110- (214)
いやぁ、、、、晴れて良かったよ。
全く危険箇所もない大川入山だけど、こっちにしといてきっと正解だったよな。

150110- (215)
ガッツポーズ。
150110- (216)
おお 神よ~???のポーズ。
150110- (217)
う○こ ち○ち○。
150110- (218)
ヤマネチ。
150110- (219)
卍。

150110- (225)
150110- (226)
150110- (229)
色々写真を撮って遊んだ11:00頃
山頂に人が現れ始めたので下山することにした。
昼飯もコンビニで買って持ってきたけど、時間も早めなので
下山してから食べることに。
足元はそのままのチェーンスパイクのままにした。

150110- (232)
150110- (236)
150110- (239)
下山し始めて17分後の11:17頃、
山頂まで1km看板通過。

150110- (243)
150110- (245)
150110- (251)
11:47頃、山頂まで2km看板通過。

150110- (252)
150110- (256)
150110- (261)
150110- (266)
150110- (271)
雪がチラチラ降ってきた。

150110- (273)
150110- (276)
150110- (281)
12:32頃 横岳到着。10分休憩後出発。

150110- (285)
150110- (304)
150110- (312)
150110- (314)
13:10頃 登山口到着。

150110- (317)
150110- (326)
150110- (328)
150110- (332)
13:20頃駐車場到着。
下山するまでに約15、6人の登山者とすれ違った。

今回も何事もなく無事下山することが出来た。
山の神様 ありがとう。








テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

横岳~大川入山
4/19は母ちゃん仕事のため
朱音とわんゲル#7。
120419-000.jpg

140419- (3)
▲朝6時くらいに家を出発。
8時くらいに治部坂観光センター前に到着。

140419- (2)
▲観光案内図によると、登り口は道を挟んだ向こう側らしい。

140419- (5)
▲準備を整え、いざ道の向こう側へ。

140419- (12)

140419- (19)
▲8時15分頃、登山口入り口スタート。

140419- (26)
▲熊笹を横目に見ながら登って行く。

140419- (36)
▲木の根っ子がぐっちゃぐちゃの道。。。
登りはまだいいけど下りは大変そう。


140419- (61)

140419- (66)
▲所々まだ雪が残っている。特に北側。

140419- (72)
▲前日は雨だったこともあって、ここは急な登り+地面が緩かったので
登るのが大変だった。。。。
足が滑る滑る。。。
トラロープさまさま。。。

140419- (76)
▲途中視界が開けた場所からの風景。

140419- (85)
▲8時57分頃、横岳到着。

140419- (91)
▲しばし休憩後、9時17分頃出発。

140419- (104)
▲遠くに見えるあの山が今回目標の大川入山。

140419- (115)

140419- (122)
▲9時32分頃、ベンチのある場所に到着。
写真撮影だけして出発。

140419- (131)

140419- (141)

140419- (173)

140419- (179)
▲9時53分頃、山頂まであと2km地点に到着。
横岳山頂からここまでは思ったより楽に来れた。
ここは休憩せずにそのまま通過。

140419- (181)

140419- (184)

140419- (206)
▲10時15分頃、残りあと1km地点に到着。
ここもそのままスルー。

140419- (214)

140419- (217)

140419- (222)

140419- (226)

140419- (242)

140419- (250)

140419- (258)

140419- (268)
▲10時40分頃、大川入山の山頂に到着。
殆ど自力で登った朱音だった。

140419- (273)
▲運がよければ北・南・中央アルプスや富士山が見れるようだけど
どうやら本日はダメっぽい。

140419- (264)

140419- (272)
▲こればっかりは仕方ないよな。

140419- (308)-1
▲しばらく頂上付近の散策。

140419- (325)

140419- (329)

140419- (353)

140419- (364)

140419- (365)

140419- (368)
▲12時15分頃下山開始。
下山は往路の戻り。

140419- (378)

140419- (388)

140419- (396)

140419- (409)
▲12時37分頃、山頂まで1km看板到着。

140419- (419)

140419- (421)
▲13時頃、山頂まで2km看板到着。

140419- (445)
▲13時40分頃、横岳到着。
15分休憩後13時55分出発。

140419- (459)

140419- (463)

140419- (468)
▲やっぱり下りで木の根っ子ぐちゃぐちゃは辛い、、、

140419- (477)
▲14時45分スタート地点に到着。

140419- (492)

140419- (497)
▲復路の約半分は自力で歩いた朱音。
よーーーっく頑張ったなぁ。。。。。
駐車場から山頂までを考えると、片道5.5km以上。
往復で約8kmは自力で歩いた朱音だった。




テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。