Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(納古山)
15.7.4
前回の山行で左足首を捻ってしまい
湿布治療すること一週間。
足首の様子見するために山行を計画。

土曜日の各方面の山の天気をチェックするも
どこも良くな~い。

土曜日当日の朝、遠くに行って雨に降られるのも悲しいので
一応終日曇り予報だった岐阜の納古山にサクっと登ってくることにした。

母ちゃんは午前中仕事だったということと天気も悪そうだったので
茶祐や朱音も連れていかず、一人で行くことにした。

思い立ったのが7:30
家を8時頃出発し現地に9:30頃到着。
KIMG4005.jpg
結構賑わっているのか、第1、第2パーキングは満車。

150704- (1)
第3パーキングらしきところに駐車。

KIMG3915.jpg
仕度をして9:45頃出発。
天気は今にも雨が落ちてきそうながらも曇り。

150704- (5)
少し下って行き

150704- (6)
初級、中級コース分岐点へ。

150704- (9)
中級コースからスタート。

150704- (13)
小川渡り1。

150704- (14)

150704- (15)
小川渡り2。

150704- (19)-1
小川渡り3。

150704- (23)
小川渡り4。

150704- (31)
小川渡り5。

150704- (35)
小川渡り6。

150704- (40)
小川渡り7。

150704- (43)
小川渡り8。

150704- (46)
小川渡り9。

150704- (47)
コップが準備されてあり川の水が飲めるようになっています。

150704- (48)
最後の水場らしい。
下山時に飲むことにします。

150704- (59)
150704- (60)
道が突き当たりに。
ペイント通り左へ。

150704- (66)
上と下の道に分かれています。
上の道が正解のようです。

150704- (74)
プチ岩登り。

150704- (77)
登った場所から少し眺望あり。何山かは不明。

その後、登ったり下ったり岩を登ったりして
KIMG3956.jpg
10:35頃 納古山頂上に到着。
所要時間約50分だった。

この山は低いながらも景色がよければ色んな山々が眺められたり
プチ岩場があったりでサクっと登るには手頃な山。
山頂にはこの今にも雨が降りそうな天気にもかかわらず
10数人の人がいた。

頂上には山座同定標?があったので眺望と共に確認。
150704- (149)
槍ヶ岳、穂高方面の眺望は

150704- (150)
真っ白。なんにも見えず。

150704- (151)
中央アルプス、富士山方面。

150704- (152)
真っ白、、何にも見えず。

150704- (153)
伊吹山、養老山地方面。

150704- (154)
一緒。真っ白で何にも見えず。

150704- (155)
能郷白山方面も

150704- (156)
真っ白で何も見えず。
まぁ仕方ないよね。梅雨真っ最中だし。

KIMG3958.jpg
付近のベンチに座って早めの昼飯。

KIMG3957.jpg
甘いものも腹へ。

150704- (173)-2
ノコリンに別れを告げ

KIMG3961.jpg
10:50頃 下山開始。
山頂滞在時間15分だった。

KIMG3976.jpg
濡れている岩には特に要注意しながら下山していき、
最後の水場だった場所に11:20頃到着。

KIMG3977.jpg
水を頂きます。

KIMG3978.jpg
想像より冷たくなかったけれども
おいしく頂きました。

KIMG3989.jpg
11:34頃 初級コースとの分岐点に到着。

KIMG3994.jpg
11:35頃 駐車場所に到着。
下山所要時間は45分だった。

帰り仕度を早々にし車に乗って10分もたたないうちに
雨がぱらついてきて、その後本降りとなった。

登山中は全く雨に降られなかったのがラッキーだった。
また捻挫気味の足首の調子もまずまず好調だった。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

一家でわんゲル(納古山)
今月最後の土曜日の8/30の午後から
一家で岐阜県川辺町の納古山へ。
140830- (6)
140830- (9)
140830- (10)
今回の目的の一つは自分のトレーニング。
なので里山歩きといえども装備はフル装?の10kg弱。
+時期が時期なので茶祐をバッグに下げ、朱音はダニの影響が少なそうなところ以外は
抱っこで自分のトレーニングとした。

140830- (12)
13:35 第1パーキング付近に車を停め、登山開始。
5分くらい歩いたところで、茶祐や朱音のおやつを車中に忘れたのに気付き
母ちゃんには先に行ってもらい自分は逆戻り。
140830- (16)
案外疲れた。。。。。

140830- (19)
140830- (20)
13:50 登山口到着。
左の中級ルートを行くことにした。

140830- (25)
“熊注意”を促す案内がチラホラ。
なので念のため熊よけのベルを鳴らして行くことに。

140830- (27)
地味~に緩やかな山道。
季節が季節なので涼しくない、、、、、、
けれども木々のお陰で直接陽射しを受けないので
太陽の暑さというのもない。

140830- (37)
こういう雰囲気のところでは朱音は抱っこ。

140830- (44)
140830- (45)
登り始めからしばらくは沢のせせらぎを聞きながら
右に左に沢を渡って行く。

14:10頃 水飲み場に到着。
140830- (53)
140830- (54)
140830- (55)
キンキンに冷たいのを想像してたけど
何だろう 地球の温暖化要因?????
ぬるかった。。。。。
きっと冬は冷たくっておいしいんだろう、、、、、って冬は冷たくて当然か。

140830- (57)
針葉樹(だよな?)の中をひたすら歩いて行く。

140830- (67)
ルートはテープやマーキングで整備されていて
迷うことはない。

140830- (70)
140830- (72)
14:15 分岐点着。ルートを左へ。

140830- (75)
140830- (79)
140830- (93)
今回朱音の歩きは通常に比べかなり少ないけれども
久しぶりのわんゲルのためもあって、嬉しさ満開な朱音。

140830- (86)
140830- (97)
140830- (98)
ルートを左にとってから 何かキノコがどうも多い気がする。
茶色いのや赤いのや白いのや色々。。。。。
元々 得意でもないので採りはしないけれども、
キノコが生えるってことはジメジメしてるから???ってことだろうか。。。

140830- (101)
14:30頃 徐々に岩場が現れ始めた。

140830- (108)
140830- (113)
140830- (123)
朱音も楽しそうに登っていく。

140830- (124)
140830- (128)
140830- (132)
母ちゃんも慣れてきました。

140830- (138)
140830- (139)
140830- (141)
きっと朱音なりにルートを考えているんだろう。
今まで滑落経験はありません。

140830- (153)
岩場を上がってルートが平坦になったなぁ、、、って思ってたら

140830- (159)
140830- (164)
140830- (165)
まだまだ登りは続いてた(笑)

ここんとこ里山歩きをしてなかったからなぁ、、、、
こういういったいいつ頂上に着くのかわかんない感じを忘れてたよ~~(爆)
140830- (175)
かなり汗ダラダラ。

140830- (179)
140830- (180)
もうそろそろ 頂上じゃね?
なーーーんて思ってたけど

140830- (186)
140830- (190)
下って正面の岩場を登っていくようです。

140830- (195)
140830- (197)
140830- (200)
結構な登りです。

140830- (203)
140830- (206)
140830- (207)
140830- (209)
140830- (216)
ピョンピョンピョーンと登っていった朱音。

140830- (218)
140830- (219)
登った先で座って待ってたけど
逆側は朱音にとってキレットというか馬の背状態。
うーーーーん リードあってこそだよな。。。怖っ

140830- (229)
3時頃 分岐点着。左へ。

140830- (231)
140830- (232)
左に曲がってすぐに小さな祠???が。
朱音も無事な登山をお祈り。

140830- (234)
下って

140830- (241)
登って

140830- (246)
今度こそあの視界の先は頂上か???

140830- (247)
140830- (248)
残念、、、分岐点だった。
でも頂上は近そう。

140830- (250)
140830- (252)
140830- (262)
今度こそ頂上か???

140830- (264)
15:10頃 納古山頂上到着。 
登り始めから休憩時間等を含め、約80分の所要時間だった。

140830- (266)
条件が揃えば槍ヶ岳などの北アルプスや富士山やさまざまな山が見えるのかな?

140830- (269)
140830- (270)
140830- (271)
140830- (272)
140830- (273)
140830- (274)
140830- (275)
140830- (276)
140830- (277)
140830- (278)
140830- (279)
140830- (280)
140830- (281)
140830- (282)
140830- (283)
140830- (284)
360°望める頂上は最高の景色。
残念ながら本日は槍ヶ岳や富士山は見えな~い。
空気の綺麗な冬がいい感じなのかな??

140830- (286)
140830- (289)
140830- (299)
140830- (303)
おやつ休憩しながらマッタリしてしばらくすると

140830- (294)
空に黒雲が現れ雨がポツポツと、、、、、、、
もう 何かマトモに一日晴れる日はないんかい、、と腹を立てつつ
140830- (307)
携行品の折り畳み傘をひろげ しばらく様子見。
遠くの空は晴れているのでにわか雨っぽい。

140830- (312)
15:55
10分弱くらいで雨は止んだので下山開始。

140830- (320)
140830- (339)
140830- (349)
140830- (356)
140830- (375)
140830- (379)
140830- (381)
140830- (387)
140830- (389)
140830- (394)
140830- (396)
17:10頃、林道と登山道の分岐地点着。

140830- (400)
道が登山道じゃなくなったからか
茶祐が自分で歩く、、、と(笑)
140830- (405)
テケテケ歩いていると前方に動く物体が、、、
140830- (412)
猿か、、っと思ったら

140830- (413)
140830- (414)
140830- (415)
ウリ坊でした。。。。。
サッと逃げて行きました。

17:25頃 車に到着。
下山の所要時間約90分だった。
いやぁ、、、、良いトレーニングになりました。











テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。