Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一家でわんゲル(寧比曽岳)
16.3.20
夜はちょっと用事があるため、近場の山ということで
市内の寧比曽岳に一家で山歩きというかハイキング。

160320- (1)
朝10時くらいに大多賀峠の駐車場到着。
ここは危険箇所もなく手軽に登れてしまうためか
思ったより人気があるようだ。

160320- (2)
あかねも準備をして

160320- (3)
登山口へ。

160320- (4)
本日は母ちゃんも一緒。

160320- (6)
約5分後、登山口へ。

160320- (11)
さすけは、、、毎度のバッグイン。

160320- (13)
東海自然歩道なだけに案内板はしっかりあり
道迷いは皆無。

160320- (14)
160320- (15)
亀の甲岩もスルー。

160320- (16)
木々の間からの木漏れ日が気持ちいい。

160320- (43)
クマが出たらクマっちゃうな、、、(^-^)/

160320- (45)
気温は4℃。
風が若干あるので気温より寒めに感じる。

160320- (52)
母ちゃんがちゃんと付いてきているか確認するあかね。

160320- (63)
ここを登りきったら頂上間近。

160320- (67)
登りきった突き当たりに屋根付きの休憩場。

160320- (70)
そこを右手に進めばすぐ頂上。

160320- (76)
頂上にあるベンチで茶祐・朱音はおやつタイム。

160320- (83)

160320- (85)
少し風があり頂上は寒いので、さっきの
屋根付き休憩場付近に移動しおやつ休憩。

ここは風も避けられポカポカして気持ちいい。

160320- (88)
おやつ後、この休憩場から約10分の場所にあるという
トイレ見学に行ってみる。
11:41スタート。

160320- (89)

160320- (91)
しばらく歩くと先の方にトイレらしきものが見えてきた。

160320- (92)

160320- (93)
約6分後の11:47 トイレに到着。
和式が2つあるトイレで清潔に清掃されているがあまり使う気にはなれない感じだった。

160320- (96)
ここから段戸裏谷へ行けるようだった(1時間50分)。

160320- (101)

160320- (102)
もう少し先まで行ってみると、中電の反射板があり

160320- (105)
その先は景色が望めるようになっていた。

160320- (106)-22
条件がよければ南アルプスや中央アルプスが見えるようだが
この日は全くダメだった。

160320- (112)
景色もあんまりだったので
休憩場まで引き返し

160320- (117)
下山開始。

160320- (143)

160320- (166)

160320- (168)-0

160320- (170)-0
特に怪我することなく麓に到着。
おつかれさまでした。
スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

朱音とわんゲル(寧比曽岳・筈ヶ岳)
15.9.28
休みを取り朱音を連れ市内の山へ。

当初は阿弥陀か西穂を計画していたけど
あまり望ましくない天候っぽかったので
市内の山に登ることにした。

150928- (2)
11:25頃 寧比曽岳登山口をスタート。
お気楽ゆるゆる登山です。

150928- (3)
平日なのに自分の車を含め6台。案外多い。

150928- (8)
150928- (11)
大多賀峠からスタート。

150928- (19)
亀の甲岩を通過。

150928- (33)

150928- (38)
この日は気温高め。最近涼しめだっただけに余計に暑い。

150928- (42)

150928- (45)
この水場は現在枯れてしまっているらしい。

150928- (50)
12:10頃 寧比曽岳頂上に到着。

150928- (52)
水分補給兼小休憩。

150928- (54)
12:20頃 筈ヶ岳へ向け出発。

150928- (59)
しばらく下り続きの様子。

150928- (65)

150928- (67)
下りきったら今度はまた登り。

150928- (69)



150928- (74)

150928- (78)
ここは何ルートかの分岐点。
木々の間を登って行きます。

150928- (80)
この筈ヶ岳北線の標識方向に進む。
進んできたルートを右折。

150928- (86)

150928- (87)
踏み跡はしっかりあるけどその周りは草丈が長め。
ここは朱音を抱っこして通過した。

150928- (88)

150928- (92)
13:10頃 筈ヶ岳山頂に到着。

150928- (95)
寧比曽岳頂上ではそんなにでもなかったが
この頂上では虫が多く嫌な感じだ。
眺望も無いので朱音におやつ・水分を補給させ、自分も水分補給し
早々に寧比曽岳に戻ることにした。

150928- (98)
じゃ 帰ろっか 朱音。

150928- (102)

150928- (105)

150928- (110)

150928- (120)

150928- (133)
山栗発見。

150928- (139)
14:10頃 寧比曽岳に到着。

150928- (143)
昼飯~。お約束のカップヌードル。

150928- (150)

150928- (154)
寛いだ後は下山。

150928- (161)

150928- (172)

150928- (177)

150928- (179)
登山口に到着。

150928- (182)
駐車場へ。

150928- (186)
15:35頃 駐車場到着。
朱音 おつかれさま~

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

朱音とわんゲル(寧比曽岳)
15.1.29
ここ最近、血尿があったりして体調を崩していた朱音。
血液検査をしたり尿検査をしたりして薬を処方してもらっていた。

処方された薬が終わり、改めて尿検査やエコーで内臓器官を検査し
特に異常は認められなかったので、当面様子見となった。

で、特に運動禁止ではないという事だったので
久しぶりに朱音を連れて県内の里山に登ることにした。

場所は以前母ちゃんと登ったことのある寧比曽岳。
150129- (1)
11:35 駐車場を出発。
この時間帯自体が緩いよな(笑)OKOK。

150129- (4)
車道を歩くこと少々。

150129- (7)
150129- (8)
3分後の11:38 登山口到着。
ここから山頂まで2.2km、60分の予定。

150129- (9)
先ずは鉄の階段を上がり

150129- (11)
次は木の階段。

150129- (15)

150129- (20)
その後は傾斜の緩い林の中を歩いていく。

150129- (23)
150129- (24)

150129- (28)

150129- (33)
ツキノワグマかぁ、、、、、、、

しまった、、、熊ベル忘れた。。。
ということで他の登山客もいないのでipodで音楽をかけながら登山することにした。

150129- (35)
気温は3℃。。。そんなに寒くはない。

150129- (52)

150129- (59)

150129- (65)

150129- (71)

150129- (72)
頂上まであと800m地点で気温0℃。

150129- (87)
頂上まで600mの案内を過ぎると、

150129- (90)
雪が冷えて固まったアイスバーン状態箇所が出てきた。

150129- (100)
このアイスバーン箇所、、、1箇所だけかと思いきや ちょろちょろちょろちょろ何箇所も出てくる。
一応チェーンスパイクを持ってきてるけど、付けるまでもないかなぁ、、、と。

150129- (113)
おっ、、、

150129- (114)
そろそろアイスバーンも終わりなのかな???
と思ったけど

150129- (119)
まだまだ

150129- (120)
ちょろちょろ出てくるよぉ、、、、、、、、
雪ならいいけどアイスバーンじゃねぇ、、、、、、いい加減溶けろっちゅうの
150129- (149)
そんあこんなでアイスバーンは抜き足差し足でゆっくり通過し
12:30頃 頂上到着。他に誰もおらず。

150129- (151)

150129- (155)
山頂からは中央アルプスや南アルプスが眺めることができた。

150129- (165-2)
余裕綽々なので最近変えた山アプリで現在地確認。

150129- (162)
で、頂上で300円以内のおやつを食べ

150129- (168)
朱音の身支度を整えようと抱っこしてみると
履いているはずの靴(靴下+靴)が前足2本分が無い。。。。。

今まではゴム靴だけだったけど
冬は特に冷たかろうと思い、靴下の上にゴム靴を履かせているので
今までのゴム靴より1サイズ上をチョイス。
そのせいもあったのかもしれない。

150129- (166)
頂上で景色を充分に楽しんだ後、単独登山者が来たこともあって
12:55 挨拶だけして下山。

150129- (170)
昨日履いた靴は今日は乾かしているので、本日は夏靴。
下りのアイスバーンは充分に注意して下山。

150129- (173)

150129- (174)
下山し始めて10分後の13:05頃
片方の朱音の靴(靴下+靴)を発見。
靴の色が蛍光オレンジなのも見つけやすいためだったと思われる。

150129- (180)
更に下山すること25分、

150129- (186)
標識前でもう一個の靴(靴下+靴)を発見。

150129- (187)
2足とも見つかってよかったよかった。
これもそれもきっと里山ならではこその発見だと考えられる。

150129- (188)
何はともあれ よかったよな 朱音

150129- (200)

150129- (229)

150129- (240)

150129- (244)
この木の階段を下りて

150129- (255)
鉄の階段を下りれば

150129- (257)
13:53 登山口到着。
朱音もお疲れさま~~




母ちゃんとハイキング(寧比曽岳)
14.10.18
朱音は前日夜より急な超下痢。
茶祐はまぁそこそこ元気だったけど、茶祐だけを
連れて行くのも何なので、今回は茶祐・朱音は留守番で
母ちゃんと市内の低山ハイキングに

午前中は所用があり、自宅を出たのは昼過ぎ。

141018- (3)
登山口付近の駐車場に車を停め、

141018- (2)-1
午後2時頃、

141018- (4)
登山口に向かい車道を歩くこと約1分。

141018- (7)

141018- (8)

141018- (10)
大多賀峠登山口よりスタート。
ここから山頂まで2.2km、約1時間のハイキングスタート。

141018- (11)
登山口すぐの鉄製の階段を登り

141018- (12)
木の階段を登り、

141018- (16)

141018- (17)

141018- (18)

141018- (25)
杉や桧の植林帯を登ったり下ったり。

141018- (26)
登山道は東海自然歩道なので整備されており
危険箇所も全くなく、何の問題もなし。

141018- (32)
気温は約12℃。木漏れ日の中の歩きがとても気持ちが良い。

141018- (74)

141018- (75)

141018- (88)
約1時間後、寧比曽岳山頂(1121m)に到着。

141018- (83)
この山頂から北方向に恵那山や大川入山の中央アルプスや
東北東方向に南アルプス、西方向に伊吹山や能郷白山を眺められるらしいけど、、、、、
どこがどこやら(笑)

141018- (94)
遅めの昼飯を食べ、寛いだ後

141018- (109)
3:55 下山開始。
ルートは往路のピストン。

141018- (118)

141018- (125)

141018- (130)

141018- (141)
16:45 駐車場到着。
昼飯が多すぎて、ろくにカロリーを消費しないうちに下山。
もっと昼飯の量を減らすべきだったと反省。

しかし、、、、、
午後からやってきて一時間弱で登れてしまうハイキングコースも
暑い時期でなければ気軽に来れていいかも。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。