Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥明神沢から前穂高岳
17.6.3

この日、前穂に登るため
単独で上高地入り。

この日の沢渡ナショナルパークからの始発は
確か5:40くらい。

そこで5時前に支度を整えバス乗り場に行き
タクシー相乗り者を探してもらい、程なくして
相乗り者が見つかりタクシーで上高地へ。


170603- (1)
▲5:30には上高地に到着。
計画書を提出し、即出発。
今回、奥明神沢から前穂に登るつもりなので
少しでも時間が惜しい。
なのでタクシー入りで約1時間、計画の
前倒しをすることが出来た。


170603- (7)

170603- (12)

170603- (14)
▲5:48 岳沢登山口。
最近なのかわからないが熊笹が刈られた様子。
歩いていて熊笹を邪魔に感じなかった。
雪は無かった。


170603- (19)

170603- (24)

170603- (25)
▲7番を過ぎた辺りで残雪。
早々にストックを出して対応したが
残雪もあったり無かったりという具合。


170603- (52)

170603- (53)

170603- (55)
▲残雪もそんな感じなのでノーアイゼンで進む。
7:30頃 岳沢小屋に到着。
小休憩後アイゼン、ヘルメット装着し
7:50奥明神沢から前穂を目指す。


170603- (61)

170603- (63)

170603- (68)
▲最初はまぁまぁの雪の硬さ。
ただ上から散発的に氷の欠片が降ってくる。

また、小屋でSさんという中年の男性と会話し
『後で追いかけます』とのことだったが来ることはなく
誰もいない静かな登山だ。


170603- (76)

170603- (81)

170603- (85)

170603- (96)
▲斜面はドンドン急になっていく。
まともに座って休む所などは一切なし。
ピッケルでビレイを取りながらしゃがんで休む。
ルートは常に確認しながら進む。


170603- (98)

170603- (113)

170603- (114)
▲斜度も斜度なのでペースも上がらない。
足もパンパンで気持ちも萎えそう。
撤退もありかなぁと考えていた辺りで
上から下山してくるこのルート今日初のお二人に遭遇。

このお二人、前泊し前日は天気も悪かったので
誰にも会わなかったらしい。
今朝一番で前穂に登り、下山時に昨日今日で初の登山者
のボクに会ったとの事。

この会った場所からまだ1時間以上は掛かるらしいが
会話し気分も紛れパワーをもらえたのでもう少し
頑張ることにεε(・_・)ゞ


170603- (120)

170603- (124)

170603- (126)
▲それにしてもパワーをもらったばかりなのに
ペースは上がらない。
かなりの角度なので疲れる疲れる。。。
ちょっと登って休み、またちょっと登って休みの繰り返し。


170603- (132)
▲ピッケルでビレイしながら休むのも結構気を使う。
斜度が斜度なのでズルっと行ったら即停止アクションを取らないと
かなりヤバイ角度だ。


170603- (142)

170603- (145)

170603- (146)

170603- (148)
▲疲労困憊しながらも何とか11:30頃到着。
ケルンの所が前穂頂上だが明示板は雪の下。


170603- (147)

170603- (153)
▲ピークより高くなっている付近へ。
うっひゃーーーーこぇ~~{{(>∇<)}}
天気も曇ってきて不気味感いっぱいだ。
山頂も自分一人っきり。
嬉しいような淋しいような、、、( ̄へ ̄|||)


170603- (154)

170603- (164)

170603- (169)
▲眺望はまぁまぁいい感じ。
北穂や奥穂、西穂や諸々、、、、、


170603- (186)

170603- (187)

170603- (192)
▲到着してから15分そこそこ
天気も怪しくなり雪もパラっとした。
降りられなくなってここでビバークも辛いので
下山することに。


170603- (196)
▲下山早々、腰まで踏み抜き(ーー;)
兎にも角にも慌てず急ごう。


170603- (198)

170603- (201)

170603- (203)
▲下り始めた早々困ったことに。
雪が緩み過ぎてアイゼンが効かなさすぎ。。。(;゜(エ)゜)

そんな状態なのでプチ滑落。
想定内だったので2,3mの滑落で済んだ。


170603- (206)

170603- (207)

170603- (208)
▲どうにも厳しいので、山と正対しピッケルと
空いている左手でスピードを調整し
故意に足を滑らせながら3000mくらいから
2630mくらいまで下ってきた。
前進疲労でヘットヘトε-(ーдー)


170603- (209)

170603- (216)

170603- (221)
▲そこからは普通にグリセードで下山。


170603- (225)

170603- (229)
▲13:22 岳沢小屋とうちゃこ
ゼロコーラを小屋で購入し休憩。
20分後出発。


170603- (232)

170603- (235)
▲小屋から下は往路と一緒で
アイゼンなし、ポールだけ。


170603- (243)
▲14:55 登山口。


170603- (250)

170603- (252)
▲15:32 バスターミナル着。
ここでりんごソフトで自分におつかれさま
ε=( ̄。 ̄;A 


170603- (255)
▲ナショナルパークで最近ここに来ると必ず買う
『サンふじ100%りんごジュース』を購入。
美味し!!

(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

晴れを狙って前穂高岳(日帰りピストン)
16.8.25

お盆休みは天候の悪さから結局山に行けずだったので、どこか平日で天気が良さそうな日を狙い
8/25は晴れそうだったので有休取得し上高地へ。

睡眠約1.5時間の後、深夜12時頃自宅を出発。AM4時過ぎに沢渡大橋に到着。
バスの時間は5:43。5:30頃バス停に向かうもタクシーの相乗りを待つ2人あり。
一緒にどうかと聞かれご一緒させてもらうことに。
最終的に4人でタクシーで上高地へ。一人1050円也。
時間はバスより気持ち早く到着し6時少し前に上高地へ。

160825- (12)
河童橋はまだ人はまばら。
数時間後は人で溢れかえるのだろう。

160825- (18)
河童橋を過ぎた辺りから眺める穂高連峰。
天気は上々だ。

160825- (20)
岳沢登山口に6:14着。いよいよスタート。

160825- (26)
岳沢小屋までは目印が10個。いざ。

160825- (36)
7番近くにある風穴。
朝早いせいか殆ど天然のクーラーを感じられなかった。

160825- (54)
3番近くなって右足が攣りそうに。。。
ペースダウンしつつ右足を庇いながら登る。

160825- (70)
7:33 岳沢小屋到着。

160825- (78)
霞沢岳、焼岳方面の眺め良し。
ここで足攣り防止の漢方薬みたいなのを飲みつつ
しばし休憩。

160825- (80)
10分後の7:43紀美子平に向け重太郎新道へ。

160825- (97)
名物?の長~い鉄梯子。

160825- (113)
かもしかの立場(8:25)。

160825- (122)
この梯子を上がった辺り(8:36)で
160825- (124)
どうにも疲れたので水分補給休憩。
まだまだ残暑厳しくありえないくらいの汗を既に掻いている。
まだまだ紀美子平は遠い。

160825- (136)
またまた歩き出し眺める穂高連峰。

160825- (141)
8:58 岳沢パノラマ通過

160825- (168)
9:38 雷鳥広場到着。雷鳥は見当たらず。

160825- (171)
この雷鳥広場を過ぎた辺りからガスが濃くなってきた。。。

160825- (185)
この鎖場の登りを超えたら

160825- (186)
10:04 紀美子平に到着。


紀美子平で少し休んでからこの紀美子平にザックをデポし
財布とポカリとスマホを持って前穂へ。
160825- (213)
160825- (215)
160825- (220)
10:56 前穂高岳頂上到着。
残念ながら頂上は相変わらずガスの中だった。

160825- (247)
160825- (251)
11:47頃 下山開始。

160825- (258)
12:00 雷鳥広場に再び到着。
相変わらず雷鳥は見当たらずだったのでジドリ。。。。。

160825- (270)
12:20 岳沢パノラマ通過

160825- (279)
12:43 カモシカの立場通過

160825- (282)
160825- (283)
長い鉄梯子を下り

160825- (292)
160825- (293)
13:16 岳沢小屋にやっと到着。

160825- (294)
コーラを買いTシャツ、山バッジを買い暫く休憩。

160825- (301)
160825- (302)
13:32 下山開始。

160825- (308)
14:23 風穴到着。
今度は天然クーラーの涼しさを味わう事が出来た。

160825- (311)
14:52 やっとやーーーーっと岳沢登山口に到着。
疲労困憊のクッタクタなのでペースを上げられないままだった。

160825- (317)
15:07 河童橋に到着。

160825- (320)
岳沢小屋以降は暑い日差しの中だったので喉もカラカラ。
濃い目のソフトクリームは苦手だけど喉の渇きにはかえられない。
はぁぁぁぁぁ、、、疲れたぁ~。

160825- (322)
帰る途中の高速に向かう道中 向日葵畑を発見。
かなり広大な向日葵畑だった。

160825- (323)
高速道路走行中にはわんこ型の雲を発見。

160825- (325)
虹も出ていた。

平日なので24時を越えないとETC割引の恩恵に与れない。
のんびりのーーーんびり帰宅するのであった。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。