Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大天井岳を目指して
16.11.17
有休を取得し、前日の16日会社から帰宅後、
各種準備を整え21時に就寝、22時に起床、
22時半に自宅を出発し一路中房温泉へ。

翌17日のAM2:30頃中房温泉の第一無料駐車場到着。
支度を整えAM3時頃ヘッデンスタート。

161117- (3)
登山届を提出するもポストは届けで一杯。
どれくらいの頻度で回収されているのか疑問だった。

161117- (5)
3:20 登山口到着。

161117- (4)
先ずは登山口のトイレで身支度確認し
用足しした後スタート。

161117- (9)
3:46 第一ベンチ到着。
背中に痛みを感じザック詰め直し。

161117- (12)
4:09 第二ベンチ到着。
ここまでも背中に痛みを感じ、またザックの詰め直し。

161117- (13)
つらら

161117- (14)
4:37 第三ベンチここでもやはり背中に当たる痛みから、ザックの詰め直し。

161117- (16) - コピー
5:04 富士見ベンチ到着。

161117- (17)
ここで珈琲休憩少々。

161117- (19)
ここでもさっきより大きいツララ発見。

161117- (24)

161117- (25)
5:39 合戦小屋到着。
ここは屋根付きオープンテラス?状態で有難く休憩させて頂いた。

161117- (32)
雲海

161117- (33)
6:07 『雷鳥は山をきれいにと鳴いている』ポイント到着。

161117- (38)
ホームセンターの薄いゴム手だと結構キツイ寒さ。

161117- (36)
この先はずっと雪がありそう。

161117- (39)
なのでここでスパイクチェーン装着。

161117- (55)
月~

161117- (57)
6:31 朝日の昇り始め。

161117- (59)
槍~

161117- (60)
モルゲン燕山荘。

161117- (62)
槍ヶ岳少しアップで。

161117- (63)
あれ?元々ここにベンチなんてあったっけ?

161117- (64)
日の出した後、何やら黒い雲が、、、、、

161117- (65)
6:49 燕山荘前に到着。

161117- (68)
久しぶりの山男。

161117- (72)
燕岳方面。テントが4張。

161117- (76)
黒い雲は相変わらず。

161117- (83)
7:02 大天井岳へ向け出発。

161117- (89)
表銀座は風ビュービュー。時折20m/s近いくらいの風速を感じた。
天気も曇りから霙が降ったり吹雪いたり、、、、、

161117- (91)
蛙岩の辺り?夏ルート方面にロープがかかっており冬ルート方面へ。
しかし下に降りるルートが分からず戻って夏道からリスタート。

161117- (93)
8:06 大下りの頭に到着。
ここでも天気は曇ったままで風もある。
進むべきか引き返すべきか、、、、、

161117- (101)
結局進むことに。
大下りを下りるのはあっという間だった。

161117- (105)
今度は登り返し。

161117- (116)
更にドンドン進んで

161117- (118)
まだまだ進み

161117- (122)
心が折れそうになっても更に進み

161117- (129)
まだまだ進む。

161117- (131)
鼻からは鼻水が垂れっぱなし。

161117- (133)
鎖場。

161117- (134)
ここを下りていくと

161117- (137)
9:19 喜作レリーフ

161117- (143)
9:26 分岐標識。

161117- (142)
何も考えず槍ヶ岳方面へ。
ここでは常念岳方面へ行くべきだった。

161117- (149)
更に進み

161117- (154)
もっと進み

161117- (157)
9:49 凍っている所も多くなったため、ピッケルを手元に。

161117- (159)
9:54 更に進んだこの場所で、この先へ雪が軟らかすぎて
登ることが出来なかった。
いや登る事は可能だったかもだけど下りでマトモに下れるとは思えず、、、。

161117- (161)
結局撤退することに。
但し戻るのも大変。こんどはカッチカチのアイスバーン。

161117- (163)
足はスパイクチェーンなのでアイスバーンに刺さらず
ピッケルだけが頼り。
緊張感MAXだった。

161117- (166)
今回ヘルメットも車においてきてしまったこともあり
12本爪アイゼンも持っていながら嵌めるタイミングを逸してしまった。
撤退も仕方ない。。。また来年夏くらいに挑戦しよう。

161117- (168)
斜度的には横から見るとこんな感じ。そこそこの斜度だ。

161117- (178)
ルートが狭めの所もチラホラ。

161117- (182)
鎖場の足元はテッカテカのツルツルだった。

161117- (196)

161117- (213)
11:50 やっとやっと大下りの頭まで戻ってきた。
この先ずっと上りだ。。。。。。

161117- (229)
途中少し晴れた時に登山道を外しガスのある方へ行ってみると
生まれて初めてのブロッケン現象。
大天井まで行けないわ、雷鳥も見れないわでいいことなしだったが
良い事があってよかった。

161117- (238)
振り返って

161117- (267)
13:10 燕山荘到着。

161117- (269)

161117- (270)
いやはや疲れました。

161117- (273)
13:37 昼食後下山開始。

161117- (276)
13:58
雷鳥は鳴いているポイント通過。

161117- (278)
14:08 合戦小屋到着。
ここでスパイクチェーンを外し、珈琲一杯飲んで下山。

161117- (279)
14:21 富士見ベンチ通過。

161117- (282)
14:35 第三ベンチ通過

161117- (283)
14:50 第二ベンチ通過

161117- (284)
15:02 第一ベンチ通過

161117- (287)
15:22 登山口に到着。

161117- (290)


161117- (291)
15:41 無料第一駐車場に到着。
おつかれさまでした。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。