Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかねと一ノ倉・谷川岳
17.3.4

あかねを連れ、片道約6時間のリベンジ登山に
谷川岳までやってきた。

前回あかねと訪れた時、RWで天神平に上がったすぐから
ラッセル地獄だった。

それでもラッセル仲間が増え、なんとか手前のトマノ耳まで
行くことが出来たが、風が強かったせいもあって
そこが精一杯だった。

今回は最低でもオキノ耳までは行きたい所だ。


RWのチケット売り場ではスノボの方々でごったがえしており
登山者はその1割もいない。
まぁこんなもんなのかと思い、少し肩身が狭く感じながら
RWで天神平へ。


170304- (4)
▲するとそこはスノボの競技会?が行われるようで
登山道は天神平から少し上まではロープで制限されていた。


170304- (6)

170304- (14)
▲何はともあれ、あかねにゴーグルを嵌めピッケルを準備し
登山開始。


170304- (32)
▲最初のうちは雪面も硬くあかねも調子よかったが
だんだん雪面状態がゴテゴテしてきて
あかねにはちょっと辛い状況に。


170304- (36)

170304- (45)
▲更にスリップしたのか顎に雪がついちゃったり、、、
それでも持ち前の根性で...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪
雪で隠れているがクサリの場所も難なく通過。


170304- (59)
▲熊穴沢避難小屋はこんなことに。
一応掘り返されて中に入れるようになっていたけど
かなりの積雪量だ。
計画では、この避難小屋前で休憩予定だったが
案外スムーズにここまで来れたので、そのまま
休憩せずに通過。


170304- (68)
▲途中斜度+雪の状態からあかねが
『持ち上げて~』と。

170304- (69)
▲さくっと持ち上げると
またテクテク自力で歩いていくあかね。


170304- (77)

170304- (81)

170304- (82)
▲天狗の留まり場辺りで
あかねの水分補給+おやつ休憩。


170304- (109)

170304- (110)
▲約5分休憩後出発。
横目に肩の小屋を見ながら歩みを進める。


170304- (126)
▲ゴッテゴテの雪に苦労しながらも
トマノ耳は寄らず通過。


170304- (128)

170304- (130)

170304- (144)
▲オキノ耳に向かう途中で状態は良さそうだったので
雪庇の方へ。


170304- (164)

170304- (165)
▲オキノ耳付近。
ここも帰りに寄ることにして、そのままスルー。


170304- (176)

170304- (181)

170304- (185)
▲その先の神社に到着。
ここでしばらく写真を撮りながら休憩。


170304- (194)

170304- (205)

170304- (208)

170304- (222)

170304- (224)

170304- (231)
▲今日は天気もいいし風も弱いので
冬にしては暖かい。
眺望も抜群だし言う事なし。

170304- (233)

170304- (234)
▲何気に一ノ倉への稜線を見ていたら
ちょっと行きたくなってきた。
まだ12時前だし(11:44)ちょっと行ってみることにした。


170304- (242)

170304- (247)

170304- (255)

170304- (259)
▲狭い所やトラバース気味の所を越え
12:28 一ノ倉頂上付近まで来た所で
頂上から下山してきた方に遭遇。


170304- (261)

170304- (262)
▲少し歓談させてもらい、あかねも甘えさせてもらい
またかなりのスピードで後ろから登られてきた
BCスキーヤーの方にもあかねが甘えさせて
もらった。


170304- (268)

170304- (273)
▲約10分後、このお二人とお別れし
目の前の頂上に向け移動。


170304- (277)

170304- (280)

170304- (282)

170304- (285)

170304- (288)

170304- (290)

170304- (292)
▲約1分後、一ノ倉頂上に到着。
ここには確か標柱や避難小屋があったはずだが
全て雪の下。

360°の眺望をしばし楽しむ。
あまりの眺望の良さに言葉が見つからない。

聞こえるのは通り過ぎる風の音だけ。
あかねと一緒に静なる時間を過ごす。


170304- (297)

170304- (299)

170304- (312)
▲兎にも角にも頂上でパチリ。


170304- (329)

170304- (330)
▲安全を確認したリッジの所で
あかねと冒険ごっこ。


170304- (341)

170304- (345)
▲12:43 下山開始。
視線の先の奥のピークのトマノ耳は
結構賑わっているのがわかる。


170304- (356)

170304- (357)

170304- (359)
▲下山途中のマーライオンっぽい雪庇付近で。


170304- (363)

170304- (365)

170304- (371)

170304- (378)
▲神社の鳥居付近まで戻って少し休憩。
約5分後出発。


170304- (380)

170304- (399)
▲13:48 オキノ耳に到着。


170304- (406)

170304- (412)

170304- (418)

170304- (425)
▲14:04 トマノ耳に到着。


170304- (444)
▲トマ耳から肩の小屋に行く途中の
分岐点で一枚。
最初自撮りしていたらトマ耳で会ったカップルと
またお会いし、シャッターをお願いした。


170304- (455)

170304- (457)

170304- (464)

170304- (474)
▲肩の小屋は営業はしていないが、避難小屋としては
使えるようだ。
風も出てきたので鐘を鳴らして早々に下山。


170304- (475)

170304- (485)

170304- (497)

170304- (504)

170304- (508)

170304- (509)
▲15:33 天神平駅に何事もなく到着。


170304- (511)
▲天気も一日晴れで何よりだった。

170304- (514)
▲ゴーグルを外したあかねは
少し眩しそう。
おつかれさま(*^▽^*)よくがんばりました。


170304- (525)
▲帰りの道中寄った長野自動車道の
姨捨SAから見た夜景が素晴らしかった。

スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

あかねと谷川岳
16.11.30は
急遽有休を取得。
この週末は土日とも用事で山に行けず。
せめて平日にどこかの山に行こうと計画。

平日ということもあり朱音を連れての山行を検討。
場所は赤岳、阿弥陀方面か谷川岳辺り。

シーズン初めの雪山歩きとなる朱音なので
ちょっと赤岳、阿弥陀方面はキツイかなぁ。。。o(゜^ ゜)
ということで、テンくら予報も赤岳方面より
良くなった谷川岳(AM3~PM3まではA)。

ということで毎度?の片道6時間掛け水上へ。


ベースプラザに7時前くらいに到着。
付近は凍っていたので前日スタッドレスに交換しておいて正解。
というか豪雪地帯に行くんだから当たり前だよな(^-^;

車は自分の車以外に見当たらなかったが、時間経過と共に
それでも3、4台くらいやってきたくらいだった。

8時過ぎてRWに乗車。
約15分程で天神平へ。
161130- (4)
▲先ずは朱音をザックに乗せ、自分の準備。

161130- (6)

161130- (7)
▲辺り一面雪!雪!雪!!U\(●~▽~●)У

テンション上がりまくりだったが、この後早いうちに
テンションを下げることになることを まだ気付かなかった。

161130- (10)

161130- (11)

161130- (13)

161130- (14)
▲朱音は軽く体高が埋まってしまう程。

161130- (18)
▲なので最初っから抱っこバッグへ。
想定内ではあったが計算外。+2.5kgでザック重量13kg超え。
8:45頃出発。

161130- (20)
▲今回持参したピッケルの1本であるモンベルグレイシャー65cmも
すっぽり埋まってしまう。

161130- (25)
▲隣の方は福島から来た40代の男性。

161130- (26)

161130- (29)
▲最初はこの男性と交代でラッセル。

最初のうちはラッセルも面白かったが、ずっと続くラッセルに
ε= (++ ) バテバテ!!

161130- (31)

161130- (33)
▲途中からつくばから来た20代の男性二人も一緒に
交代交代でラッセル。

161130- (38)

161130- (39)
▲ケモノの足跡があちこちに。

161130- (42)

161130- (44)

161130- (47)

161130- (51)
▲10:20
この20代の兄ちゃん達のお陰で
やっとやっとやーーーっと熊穴沢避難小屋に到着。
しばし休憩。
この時は風も穏やか、天気最高。

161130- (55)

161130- (59)

161130- (67)
▲また交代でラッセルするも大体このつくばの兄ちゃん達が
ラッセルしてくれた。
自分はバテバテでラッセルに殆ど参加できなかった。

兎にも角にもあの岩場で休憩(11:00)。

161130- (68)
▲朱音は寛げてるようで何より

161130- (74)
▲この先はまだまだ長い。
稜線に出れば積雪も少なくなるかと思ったが
全く少なくならなかった。

161130- (82)

161130- (83)

161130- (85)

161130- (86)
▲11:30
やっとやっと天狗の留まり場に到着。

161130- (89)
▲地元群馬のお姉さんと。

161130- (91)
▲この留まり場の岩上で1枚。

161130- (92)

161130- (95)

161130- (102)

161130- (103)
▲12:18
天神ザンゲ岩に何とか到着。

161130- (105)
▲疲労困憊の私。
ここで引き返したい気持ち沸々と。

161130- (107)

161130- (108)
▲みんな待って~(・」o・)」
なんて冗談をやってる場合じゃなし。
歩くのがやっとだが気合いを入れて進む。

161130- (111)
▲この肩の小屋下の木道部分だけが積雪が少なく
唯一楽だった場所。

161130- (114)
▲12:33
肩の小屋に到着。
太陽はすっかり隠れ、7,8mくらいの風が。

161130- (118)

161130- (125)

161130- (133)
▲朱音を一旦降ろしてちょっと休憩。
ここでもピークを踏まずして引き上げてもいいかな
と思ったが

161130- (135)

161130- (136)

161130- (137)
▲12:43
やっぱり折角なのでトマ耳を目指すことに。

161130- (141)

161130- (142)

161130- (143)
▲12:53
トマノ耳にやーーーっと到着。

161130- (148)

161130- (155)
▲今回大活躍してくれたつくばの兄ちゃんや
福島のお兄さんと。


161130- (157)

161130- (158)
▲朱音とパチリ。
風もあり体も冷え気味なので早々に下山。
滞在時間5分くらいかな?

161130- (161)

161130- (162)

161130- (169)

161130- (170)

161130- (173)
▲折角なのでピークから下り始めに朱音を歩かせてみた。
少し歩かせた後はまたバッグイン。

161130- (176)
▲13:03 肩の小屋通過。

161130- (180)

161130- (186)
▲下りといっても楽ではない、登りよりマシな程度。
散発的に膝や腰くらいまで埋まりながら黙々と下る。

161130- (189)

161130- (190)
▲13:44 熊穴沢避難小屋を通過。
休むと動けなくなりそうなのでスルー。

161130- (194)

161130- (195)
▲途中この前にいる地元のお兄さんと途中まで一緒に
ゆっくり下ってきた。

161130- (199)

161130- (202)
▲田尻尾根方面。
こっちはとても通れたもんじゃないな。

161130- (205)

161130- (208)

161130- (211)

161130- (212)
▲RW駅が見えてきたので朱音を駅まで歩かせることに。

161130- (217)
▲14:44 RW駅到着。

161130- (218)

161130- (219)
▲下りのRWは自分と朱音のみ。
今回は修行登山だった。

朱音も寒い中ごくろうさまでした(o*。_。)o

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

あかねと秋の谷川岳へ
16.10.22

朱音と秋の谷川岳へ行く事に。
今回母ちゃんは用事があるので茶祐と母ちゃんは留守番。

谷川岳は好きで数回訪問させてもらっている。
毎回RW利用で天神尾根のピストン。
今回は折角なので全くRWを利用しないルートで往復することにした。


前日の金曜の夜出発。
161022- (1)
のんびり休憩しながら時間調整し、町営無料駐車場に朝5時半頃到着。

161022- (3)
あかねも準備完了。
6:10頃駐車場を出発。

この出発前に若干のアクシデント?が。
自分の準備を終え最後にデジイチをザックのハーネスに
取り付ける前に一枚写真を撮っておこうと思い、
朝日に向けシャッターを押してもシャッターが下りない。

下りないどころかエラーを示す“E”マークが点滅。
もしやと思いメディアを確認すると
161022- (446)
メディアが入っていないという大失態。何をやってんだか、、、、、

一応コンデジも持参していたので、そちらをハーネスに取り付け直して
何とか出発した。


161022- (10)
谷川岳ベースプラザを通過。
161022- (13)
更に進んで行き
161022- (17)
谷川岳登山指導センターで登山計画書を提出。

161022- (18)
ゲート横を通過し

161022- (25)
林道を登り

161022- (28)

161022- (31)
6:27 西黒尾根登山口に到着。

161022- (32)
ここからスタート。

161022- (37)
本日の天気は晴れ。
出発時はまだまだ肌寒かったが、歩き出したら暑い暑い!!
あかねもマウンテンパーカーを着せたのだが暑そうだ。

161022- (41)
6:42 この鉄塔の下でレイヤリング調整。
自分はソフトシェルを脱ぎあかねもマウンテンパーカーを脱ぎ水分補給。
既に汗びっしりだ。

161022- (42)
ここから眺める景色も紅葉が綺麗だ。
約5分後再出発。

161022- (58)

161022- (66)

161022- (73)

161022- (80)
秋の風景を楽しみつつ写真を撮りながら登って行く。
あかねは元気!元気!!
そんな自分はバテ気味だ。。。

161022- (89)
しばらく景色を楽しみながら歩いて行くと

161022- (97)
視界の開けた場所に到着。

161022- (105)
7:40 ここで小休憩。
休憩をしていたら男性4人組?のパーティの方に声を掛けて頂き
更にドライフルーツまで頂きました。その切はありがとうございました。

161022- (113)

161022- (115)

161022- (119)
7:50 出発。
ここからはそれまでと違い岩場が出てきて鎖場もあったりして
緊張感が高まる場面のスタートだ。

161022- (127)

161022- (139)

161022- (140)
前方に鎖場。

161022- (143)
結構な角度。

161022- (145)
万一があってはいけないので先にあかねをリフトアップし

161022- (146)
自分は後からの繰り返しで登攀。

161022- (147)
次はかなりの段差の下り。

161022- (148)
懸垂下降開始

161022- (149)

161022- (150)
下降完了。

161022- (159)
眺めの良い岩の上で小休止。

161022- (165)

161022- (171)
8:11 ラクダの背に到着。

161022- (173)
ラクダの背であかねと一緒に。

161022- (176)
西黒尾根はまだまだ続く。

161022- (177)

161022- (181)
8:17 ガレ沢の頭

161022- (185)
岩を登っていき
161022- (188)
ペンキマークに従って進むと

161022- (197)
鎖場。

161022- (201)
鎖場上から。

161022- (217)
さらに

161022- (220)
まだまだ

161022- (223)
登っていく

161022- (224)
ここは濡れていると滑りそうで怖い

161022- (229)
あかねと一緒にパチリ。

161022- (231)
少しルートから外れた左の方。
ホントに滑りそう。

161022- (239)
本ルートに戻り

161022- (241)
更に登っていく

161022- (242)
まだまだ登り

161022- (244)
また鎖場

161022- (248)
かなり上がってきたようだ。

161022- (251)
視界の先に合流点が見えてきた。

161022- (253)
向こうは天神尾根。
結構な人が上がってきているようだ。

161022- (263)
9:33 目印の分岐点到着。

161022- (269)
万太郎山方面

161022- (277)
更に上っていく

161022- (282)
天神尾根との合流地点にて。
付近にいた方に撮ってもらいました。

161022- (286)
9:43 トマノ耳はかなり賑わっているのでスルー。

161022- (290)

161022- (296)

161022- (301)
9:55 オキノ耳に到着。
ここでも付近にいた方に撮ってもらいました。

161022- (303)
少し休憩してから

161022- (314)
トマノ耳へ向かう

161022- (319)
10:26 オキノ耳にて。

161022- (324)
写真だけ撮って早々に肩の小屋方面へ。

161022- (329)
肩の小屋前で休憩場所を探していたら
偶然にも声掛けしてくれた方が、以前あかねと雪の時期に
この谷川岳に来た時くつを落としてしまったが、それを見つけて
下さった方にお会いした。
こんな偶然ってあるもんなんだなぁ、、、、、

161022- (328)
10:35 肩の小屋前はどこも一杯だったので
誰もいないここで早めの昼飯休憩にすることに。

161022- (338)
あかねもお疲れのようだ。

161022- (350)
11:00頃下山開始。
下山は天神尾根から。

161022- (355)
天狗の留まり場

161022- (370)
12:05 田尻尾根分岐に到着。
ここからは田尻尾根で下山。

161022- (376)
それまではかなりの賑わいだった天神尾根も
田尻尾根に入った途端人っ子一人会わなくなった。

161022- (381)
田尻尾根下り前半は木の根とかが
邪魔っぽかったりした。

161022- (385)
雰囲気は里山っぽい感じ

161022- (394)

161022- (407)
下りの後半はスリッピーな感じ

161022- (408)
12:40 
滑り易いので気をつけなくっちゃなと思った矢先に

161022- (409)
滑ってしまった。
場所が場所だけに特に汚れただけで済んだが
テンションダウンwww

161022- (411)
12:42 田尻尾根登山口に到着。
思ったより短かった田尻尾根だった。

161022- (419)
ここからは林道歩き

161022- (421)
こけた時に泥だらけになったスマホ。
丁度あかねを撮っていた時だったのが運のつきだったwww

161022- (423)
頭上をRWが通過

161022- (426)
林道歩きも普通は退屈してしまうが
紅葉を楽しめ退屈しない。

161022- (428)
おまけに全く誰にも会わないので何か気楽。

161022- (431)
のーんびり下って行くと

161022- (436)
RW駅が見えてきた。

161022- (437)
林道出口はあそこのようだ。

161022- (439)
13:12 車道との分岐に到着。

161022- (440)
あとは車道下り。

161022- (442)
無料駐車場はまだまだ車は沢山。

161022- (444)
13:15 車に到着。
今回も本当によく頑張って歩いたあかねだった。
おつかれさま。

161022- (450)
帰りに谷川岳ビールを買って帰宅の徒に。
さぁ6時間かけて帰るぞ~~


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

誕生日祝いの谷川岳登山

16.7.30は
前日14才の誕生日を迎えた茶祐のお祝いに
群馬の谷川岳へ。

7/29の誕生日当日の夜22:30頃自宅を出発。
今回は中央回りではなく新東名回りでのんびり休み休み谷川岳へ。

160730- (2)
今回もRW利用での登山。RWは7時から運行。
6時過ぎに駐車場に到着し支度をしていざ乗り場へ。

160730- (6)
RWで上がったら抱っこ要求の主役の茶祐。

160730- (7)
で、毎度のスタイルで出発。

160730- (21)
道中は前日雨が降ったためか ぬかるんでいたり木道は滑り易かったり。
それでも朱音は元気!元気!

160730- (37)
途中熊穴沢小屋で休憩。

160730- (70)
風があまりないので結構蒸し暑い。

160730- (88)
160730- (91)
天神ザンゲ岩。

160730- (96)
ここを登りきれば肩の小屋。

160730- (103)
9:40 肩の小屋に到着。

160730- (111)
小休憩。
久しぶりに朱音は長めのコースなので疲れ気味。

160730- (138)
時折母ちゃんが来るのを待ちながら休憩。

160730- (149)
10:14 オキの耳到着。

160730- (155)
一家でパチリ。

160730- (159)
ガスが全体的に多いこの日。

160730- (192)
それでも青空が覗くことも。

160730- (212)
10:56 戻ってきてトマの耳到着。

160730- (222)
一家で。

160730- (235)
160730- (240)
160730- (241)
160730- (246)
肩の小屋まで戻って昼飯休憩。

160730- (253)
座り寝する茶祐に
160730- (263)
伏せして寝る朱音。
そろそろ出発します。

160730- (270)

160730- (276)

160730- (280)
谷川岳は本日も結構な賑わい。
少し急な下りでは渋滞気味。

160730- (300)
RW駅が見えてきました。

160730- (301)
それまではずっとバッグインだった茶祐が、、、

160730- (304)
急に歩くと言い出した。
最後くらい格好つけようと男の意地かな(笑)

160730- (310)
主役の茶祐。
あまり疲れていないだろうけど(笑)おつかれさま~

160730- (311)
朱音もおつかれさま~

160730- (318)
今回も朱音はホントによく歩きました。

160730- (319)
帰りは往路で借りたケージできゅんきゅんに狭いケージの中をRWで下っていきます。

160730- (323)
駐車場の高さ制限は2m20でした。ギリセーフ。

この後、麓のだいこく館で宿泊~。
茶祐の誕生日さまさまだな。

また来年もみんなで来よう!!

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

落し物の回収
16.3.26
朱音と谷川岳を登ったんだけど
朱音の後ろ足の靴と靴下がどこかで脱げてしまった。

こういうことは散発的にあるのだが
帰宅後とある情報源から、RW駅に届けておいてくれた方がおられ
後日RW駅に電話をして宅急便の着払いで送ってもらいました。

160331-001.jpg

160331-003.jpg
山のゴミにならずによかった。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。