Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬山登山
2/24の月曜は有休で休み。
日常と違うことを朱音と行い、出来れば苦労を共にすべく
軽い登山(ハイキング)をすることにした。

目的とするハイキング先の山は、初心者向けの“夏焼城ヶ山”という
山にすることにした。
選択理由は
①道が結構整備されているらしい
②山頂からの眺めが良いらしい
③距離も2.7kmで約80分と短め
140224-000.jpg

車で約1時間ちょっと走ってハイキング起点となる登山口の
大井平公園の駐車スペースに到着
140224- (6)

準備を整え公園内をスタート。
雪があってちょっとわくわく
140224- (8)

雪道を上がり階段を登り
140224- (9)

標識の方向へ
140224- (10)

おーっと
登り始めの時間は、
140224- (11)
大体10時50分くらい。
さぁ行ってみよう~

歩き出しは快調。
朱音も一緒に歩こうなっ。
140224- (14)

歩いて1分立たないうちに、また残雪が。。。
2/14に降った雪のせいだよな、、、きっと。
140224- (16)

取りあえず朱音と記念撮影。
140224- (22)
さっ、先を急ごう。。

写真撮影から歩き出して3分、雪は朱音の体高ほどに。
140224- (25)

登り始めてから約15分後、標識前でまた撮影。
140224- (35)

道も降雪後誰かが通ったところだけがハッキリわかる。
そこ以外は通るとズボズボ膝まで埋まってしまう。。。
140224- (35-2)

なので、そこを歩いて行くことにした。
朱音も歩くのが大変そうなので結局抱っこしていくことにした。
140224- (36)

見渡す限り ずっとこんな膝まで雪がある様子だ。
140224- (46)

途中では木が雪のせいで?倒れていたりして行く手を阻む。
140224- (48)
140224- (49)

登り始めてから25分後
また標識のあるところに到着。
140224- (53)

写真だけ記念に撮ってすぐ出発。
約5分後、また木が倒れていたり、
140224- (54)

またまた倒れていたりして、
140224- (56)
とてもハイキング気分ではない。
木の上を通るか下を通るか横を通るか???
結局上を通ることにした。

そこから約5分、登り始めてから約30分後
標識を横目に見つつ通過。
140224- (58)

登り始めから約40分後、相変わらずの雪の量。
雪自体はいいんだけど歩くのが大変なんだよな。。。
朱音もちょっと困り顔???
140224- (65)

登り始めて約1時間後、また標識発見。
ここまでは一応林道だったが、ここから登山道になるようだ。
140224- (74)
一応林道だったというのは、林道ながらも雪のせいで歩くこと自体が大変で、
ここまでくるのもかなり大変だった。
林道っていうと結構楽に歩けそうな感じだもんな。。。

それにしてもあとどれくらいで頂上にいけるのかなぁ、、、、、

さぁ、、、歩こう
140224- (77)

歩こう
140224- (80)

歩こ
140224- (83)

歩こう
140224- (85)

登り始めてから約90分後、少し視界の開けたところでパチリ
140224- (92)

登りがきついなぁ、、、
140224- (96)

でも、ただ前へ前へ
140224- (97)

進むべし。。。『マエへ~~』
140224- (102)

約12時半に頂上らしき場所にやーーーーーーーーーーーっと到着。
140224- (109)
頂上の標識は、、、と

あったあった
140224- (123)
140224- (132)
兎にも角にもヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪
頂上まで約100分も掛かったよ。

少し頂上でくつろぎ~~
140224- (135)
140224- (148)
140224- (157)
景色も良いし、めっちゃ苦労して登ってきた甲斐があったよぉ~


13時20分ごろ下山開始することに。
ちょっとのつもりが約50分も頂上でくつろいじゃったわ(^-^;
登山は下りが大変。
自分が転んで朱音に怪我させたりしたらいけないので
朱音は抱っこはやめて服の中へ。
140224- (165)
帰りのルートは往路をそのまま戻ることにした。

ヨロッとして滑っちゃったら20mくらいは下にさようならだ、、、(^^;)
冗談じゃないぞ。。。気をつけなくっちゃ。。。
140224- (169)-1

13時45分頃、林道と登山道の分岐地点に到着。
140224- (174)
所要時間25分。登り時は40分掛かったから、やっぱ下りは多少
時間を稼げるね。

所々で写真をパチリ。
140224- (211)
140224- (214)

14時頃、標識に到着。
右側へ降りた所に浅間神社だって。。。どうしよ、、、
140224- (222)

折角なので寄って行くことに。
ズボズボ埋まりながら約3分後到着。
140224- (225)
140224- (227)
140224- (230)
写真を撮って、お参りして少し休憩させてもらってから
身支度を整え出発。

写真に見えてる道はR153に出るための道。
140224- (239)
この神社まで車で来れるみたいだけど車が通った気配は全くなし。
気配どころか多分車は通れないよな、、この雪じゃ。
除雪もなーーーんもしてないし。。。

3分で降りてきた道を倍以上かけてルートに復帰。
140224- (240)
さっ 帰ろっと(14時24分)

ルート復帰から約3分後、行きにもあった木が倒れている通せんぼ地点に到着。
取りあえず記念写真でも撮っておこっと。
140224- (242)

14時38分頃、標識に到着。
140224- (245)
右だね、、右。

黙々と只々ひたすら歩く。
誰一人出会わない。
風の音、鳥の声、枝から落ちる雪の音、踏みしめる足の音。。。。
全てが静寂さの中に聞こえてくる。
140224- (250)
140224- (251)

15時頃、行きには気付かなかった休憩所を発見。
140224- (255)
140224- (256)
しばし休憩するも若干不安。
行きには気付かなかっただけに、ルート間違い???ってことは
ないよなぁ、、、

約3分後再び下山開始。
140224- (259)
もうここからは雪の心配はなさそうだ。
日当たりがいいからかなぁ、、、、、
さっきまでは散々雪があったのに、、、、
まっ いいか。

そこから約3分後、道路を発見。
140224- (262)

約15時10分頃、スタート地点に到着。
下山時間は寄り道もあったけど110分で無事下山。

いやぁ、、、、それにしても雪で大変だった。。。。。
無事に下山出来てよかった。

それにしても、いざ無事に降りてこられると又どこかに登りたくなるから
不思議だよな。。。
140224- (302)
朱音 おつかれさーん。

今回の朱音との登山で、何かしら朱音の心に響いてくれるものがあると
嬉しいんだけどな。










スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

OPDESアジリティー(六甲アイランド)
日時:2014.2.22
場所:兵庫県六甲アイランド芝生広場

前日の夜遅くというか当日の朝?早くというか
とある場所にて車中泊後会場入り。

アジリティの大会は土日と開催され、土曜日のみ参加。
今回は茶祐がパフォーマンス1度、2度のAGを母ちゃんと、
朱音がパフォーマンス3度のAGに自分と出走。

出走前に茶祐のテンション上げをし、結構良い感じの茶祐。
さてどうかな。。。
---パフォーマンスAG1度ミニクラス---
コース全長:132m 標準タイム:66秒 リミットタイム:99秒
旋回スピード:2.0m/s

1番ハードル、2番タイヤで3番のスラローム。
140222- (8)-1
▲スラを逆入りすることが多い茶祐。
そこに気を付けながら無事スラ入りし調子良くスラをしてたけど
140222- (8)-2
▲最後の1本で抜け~で失敗1。
140222- (16)
▲4、5、6番ハードル。
140222- (19)
▲7番トンネル
140222- (20)
▲8番Aフレと良い感じ。
140222- (26)
▲10番ソフトトンネル。
最近は布が重めに変わったのでスピードが無いと失敗気味だったけど
無事クリア。
140222- (30)
▲11番DWも楽しそうな茶祐。
140222- (38)
▲12番トンネルから13番シーソーへ。
140222- (40)
▲14番、15番ハードルを飛んで終了。
失敗はあったけど元気良かった茶祐だった。

結果:
タイム:66.02秒 旋回スピード:2.00m/s
失敗:1 拒絶:なし  タイム減点:0.02 減点合計:5.02
席次:1席/2頭中
140222- (52)-1-8

続いて茶祐のパフォーマンス2度。
1度の時と同じようにテンション上げ。
1度の時ほどテンションは上がらなかったけど、そこそこはテンションが上がった茶祐。
さてどうなりますか。。。
---パフォーマンスAG2度ミニクラス---
コース全長:168m 標準タイム:84秒 リミットタイム:126秒
旋回スピード:2.0m/s

140222- (62)-1
▲1番、2番、3番ハードルと順調順調。
140222- (70)
▲6番タイヤから7番ハードル。
140222- (70)-2
▲8番ハードルは行き過ぎて失拒絶1。
どうも集中力が欠けだしたっぽい茶祐。
140222- (70)-3
▲戻して8番ハードルを飛ばせ9番のトンネルへ。
140222- (70)-4
▲トンネルへ誘導からと思ったら
140222- (70)-5
▲勝手にスラへ行ってしまった茶祐。
失~格~~~~~((((((ノ゜⊿゜)ノあぁ
140222- (70)-6
▲失格になってから戻ってきてトンネルへ向かう茶祐( ̄- ̄メ)チッ
もう失格だけどリミットタイムまでは走らせてもらえるOPDES。
140222- (70)-7
▲10番ハードルを正規方向から飛んで、また逆から飛ぶ茶祐、、、
もういいんだけどさぁ、、、、、
140222- (86)
▲11番Aフレ
140222- (88)
▲12番トンネルから13番シーソー。
140222- (100)
▲15番スラ。
最後の1本がまた抜けた。
140222- (110)-1
▲16番トンネルから17番ハードルへ。
140222- (117)
▲18番ハードルで終了。
結構難しかった2度AG。
今回は、多分コースの難しさもあって集中力の切れた茶祐。
次は頑張ってちょんまげ。

最後は自分と朱音のパフォーマンスAG3度。
---パフォーマンスAG3度ミニクラス---
コース全長:179m 標準タイム:90秒 リミットタイム:135秒
旋回スピード:2.0m/s
140222- (126)
▲7分の検分時間では覚えきれなかったAG3度。
朱音の順番までに必死に覚えていざ出走。
140222- (126)-1
▲最初っから難しい。。。
2番ハードルも向こうからこっちへ。
140222- (126)-2
▲4番スラから5番ハードル。
回すところが多く、思うように朱音を走らせられない。
140222- (126)-3
▲6番トンネルから7番ハードル。
少しだけ朱音のスピードが上がったかなと思ったら旋回。。。
140222- (184)
▲それでも良い感じで8番Aフレへ。
140222- (184)-2
▲9番ハードルから10番トンネルへ。
まぁ何とか走っている朱音。
140222- (184)-3
▲トンネルから出てきてテケテケ気味になった朱音。
11番ハードルを飛ばせてから次は何だったか一瞬忘れたハンドラー。
140222- (184)-4
▲かろうじて次のソフトトンネルを思い出し、12番ソフトから13番ハードルへ。
140222- (184)-5
▲13番~14番から15番ハードルと難しく、朱音のスピードを上げられず、、、
140222- (184)-6
▲16番DW、17番タイヤ、18番ハードルと相変わらずスピード上げられず。
140222- (270)
▲19番ハードル
140222- (270)-2
▲20番ハードル。。。
あーーーーめっちゃ難しかった。
朱音を思うように走らせられなかったけど、この難しいコース、、、、
よく覚えれたよな俺(笑)
朱音も遅かったけど最後まで頑張ってくれたので良かった。

結果:
タイム:94.96秒 旋回スピード:1.89m/s
失敗:なし 拒絶:なし  タイム減点:4.96 減点合計:4.96
席次:4席/10頭中

それにしても全体的に今回のコースは難しかった、、、、、

さていつもなら
アジ終了後そのまま帰宅からなんだけど、今回は土曜日のみの参加ということもあって
寄り道してから帰ることに↓↓


続きを読む

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット

山頂写真

山は下りが大変なんだよね(-o-;)
遭難せんように気をつけなくっちゃ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

夏焼城ヶ山

今日は朱音と一緒に
夏焼城ヶ山なる山に登山。
詳細は後日改めて。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

目下

車中泊ちう(-.-)zzZ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。