Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶祐誕生日企画第三弾
茶祐の12回目の誕生日企画第三弾は
140729- (23)
普通にケーキでお祝い。

140729- (20)

140729- (15)

全然豪華なケーキじゃないけど
茶祐がおいしく食べてくれることが一番

ケーキを小さく小さくカットして
はい 召し上がれ~~
140729- (32)
朱音は好き嫌いなく何でも食べるので
当たり前だけど完食。

140729- (45)
茶祐も美味しそうにパクパクパクパク。
気付いたら完食でした。。。

茶祐も今年の7月29日で12才。
140729- (17)
あっ、、、っていう間の12年。

茶祐を12年前に迎えた日から
毎日が楽しくプラスになっているのは言うまでもない。

いつまでも茶祐や朱音と
楽しく過ごして行きたいものです。


茶祐 
我が家に来てくれて ありがとう


スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

茶祐誕生日祝い企画(宿泊編)
谷川岳登山後は
谷川岳ロープウェイの土合口駅から約30分の宿に宿泊。
http://www.daikokukan.jp/

宿の企画として犬種がプードルだと
わんこ用にステーキがサービスされるという嬉しいサービス有り。
140726- (598)

140726- (599)

ヒト用の晩飯も我が家にとっては豪華!!
140726- (600)
この後も色々出てきました。。。

140726- (607)

140726- (617)
部屋で一緒にふとんで寝てもOKなこの宿。
かといって清潔さが欠如しているわけじゃなし。
若干?古さは感じるけれどのんびり出来そうな雰囲気の部屋だった。

露天風呂に入り、部屋に戻って布団にちょっと横になったら、、、、、
気づいたら朝だった。

朝御飯も朝飯を食べない我が家にとっては盛り沢山。
140726- (628)

140726- (630)

140726- (642)
朝食後は宿付近を散歩。
ここは人用の足湯で24時間無料で利用できるらしい。

140726- (654)

140726- (655)

140726- (656)

140726- (671)

140726- (681)
付近の散歩はそこそこにして宿に戻り
わんこ用の露天風呂に入れることにした。

そう この宿にはペット用の露天風呂があるのだ~~
トリミング台やドライヤー、コーム、スリッカーも有って
至れり尽くせりである。
140726- (691)

140726- (694)
先ずは朱音。
シャンプーで体を洗い、、、

140726- (697)
露天風呂へ。

140726- (699)
気持ちよさそうな朱音。
あんまりにも気持ちよさそうなので笑えてくるわ

続いて茶祐。
140726- (702)
茶祐もシャンプーをして

140726- (709)
露天風呂へ。
茶祐も普段風呂自体は好き。
どうやら露天風呂も気に入ったっぽい。

140726- (693-2)
わんこの露天風呂に満足した様子の茶祐。
露天風呂から上がり、小型犬用露天風呂と大型犬用の露天風呂の間に居た茶祐。

こっち側にいた母ちゃんの元へ来ようとして
目の前にある大型犬用の露天風呂の中へドボン。
140726- (712)
やっぱり茶祐だわ~~

140726- (716)
そんな おっちょこちょいな茶祐。
12才間近な日曜日だった。

第二弾の茶祐へのプレゼントは
おいしい御飯と露天風呂のプレゼントでした~

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

茶祐誕生日祝い企画(一家でわんゲル・谷川岳登山編)
7/29は茶祐の12回目の誕生日。

少し早いけど茶祐の誕生日お祝い企画として
茶祐の“冒険ノート”のページを増やしてあげるべく
趣味も兼ねて一家でわんゲル+宿泊を計画。

あくまでも第一目的は
“茶祐の冒険ノート”のページ増量である。

7/25 午後10時半頃 自宅出発。
東名→新東名→圏央道→関越で、車中泊目的である群馬県の赤木高原SAに到着したのが
7/26 AM4時頃。

約2時間睡眠後、仕度をして出発。
水上IC を出て谷川岳ロープウェイ乗り場へ。

そう
茶祐の“冒険ノート”のページを増やす企画として
谷川岳登山を計画。

かなりブログ管理人の趣味が入っているけど
決して茶祐も嫌いではないはず。
140726- (4)

140726- (6)
8時10分頃 土合口駅到着(746m)。
ロープウェイ乗車。

わんこはキャリーバッグに入れればOK。
1頭あたり往復で消費税込み¥510×2=¥1020
人間は一人あたり消費税込み¥2060×2=¥4120。
キャリーバッグに入れれば乗車できるなんて、ありがたい限りです。
140726- (7)

140726- (9)
約15分後、天神平駅(1319m)に到着。

ここでキャリーバッグを畳みコインロッカーに、、、、と思ったけど
降りた付近には見当たらず。。。
駅隣のレストラン内にコインロッカーがあることを教えてもらい
そこにキャリーバッグを預けて いざ出発。

140726- (16)

140726- (19)
8:45頃 先ずは天神尾根を目指して出発。

140726- (25)

140726- (27)
茶祐も朱音も張り切ってる~~

140726- (30)
茶祐も母ちゃんと一緒に歩いて頑張るんだ~と思った矢先、、、

140726- (31)
『あれ???遅れ出してるんじゃね???』と思ってたら

140726- (32)
8:50頃 抱っこを要求する茶祐。
ちょっと早ぇんじゃね?????
まっ 茶祐の誕生日お祝い企画だし ま、いっか。。。

140726- (35)
朱音はしっぽフリフリで山登り。

140726- (38)

140726- (42)
8:53頃、土の地面に木製?の階段がプラス。
歩きやすさ 抜群!!
整備してくれてる方々に感謝ですね。

140726- (56)
9時頃 天神尾根着。
熊沢穴小屋まで1.7km。

140726- (64)

140726- (70)
それにしても暑かったこの日。
曇り時々晴れって感じだったけど、
風もなく 蒸し暑いったらそりゃもう汗ダラダラ
さすがにわんゲル好きの朱音もこの蒸し暑さにはバテ気味。。。

140726- (76-1)
そんな暑さの中、谷川岳山頂(多分オキの耳)まで3.3km地点に到着。

140726- (82)

140726- (85-1)

140726- (96)
かなり整備されている登山道。
ありがたいありがたい

140726- (99)

140726- (100)

140726- (101)
徐々に現れてきた岩場。

不撓不屈を座右の銘としている管理人。
けれども朱音の根性たるや 見上げたものである。
自分の見えない高さの岩場でも根性で登っていくその根性は
朱音こそ不撓不屈の精神の持ち主かも。

140726- (104)
9:30頃 第一?クサリ場到着。

140726- (112)
クサリを使わなくても大丈夫だけれども、慎重に歩いていく。

140726- (125)
9:40頃 熊沢穴小屋着。

140726- (134)
水分補給休憩。

140726- (130-2)
天神平駅から肩の小屋までの半分くらいは来たのかな。
それにしても蒸し暑いったらたまらない。
上から下から前から後ろまで既に汗でびっちゃびちゃ。。。。。

9時55分頃 出発。
140726- (140)

140726- (149)

140726- (170)

140726- (174)

140726- (175)
岩場の登りの連続。
三点支持は確実に出来ている朱音

140726- (187)

140726- (192)

140726- (198)
まだまだ岩は続く。

140726- (208)

140726- (210)

140726- (213)

140726- (216)
ひとしきり登った10:15頃 一旦休憩。

140726- (227)

140726- (232)
バッグインの茶祐も一旦バッグから出て

140726- (247)
現在地は赤線と黄緑線の交点付近。

140726- (251)
それにしても、さすが有名な山だけあって人の数の多いこと。。。

140726- (264)
岩場も そろそろ終わりかなぁ、、なんて思ってたけど

140726- (267)
まだまだ続くよロッケンロール

140726- (284)
岩場を登ったら

140726- (302)
今度はまた整備された木の道。
整備してくれてるお陰で楽に登れるんだよな。

140726- (306)

140726- (307)
疲れの出てきた朱音には この高さがちょっと辛くなってきたかな?
根性で頑張れ!!

140726- (309)

140726- (311)

140726- (317)

140726- (321)

140726- (329)
11時半頃 標高約1750m地点にて休憩。

140726- (330)
11時50分頃 出発。

140726- (333)

140726- (336)

140726- (344)

140726- (351)

140726- (353)
12時5分頃 日本三大急登の一つである西黒尾根道との合流地点に到着。
程なくして肩の小屋到着。昼食タイム。

140726- (360)
昼食後ゆっくり休憩後の13時15分頃、肩の小屋を出発。

140726- (362)

140726- (367)
13時20分頃 トマノ耳到着。
頂上は人で込んでいたのでスルーし、オキの耳に向けて出発。

140726- (380-1) (2)
トンボの種類はわかんないけどトンボがいっぱい。

140726- (376-1) (2)

140726- (376-1) (1)

140726- (380-1) (1)
頑張って登った先は

140726- (381)

140726- (392)
崖から絶景が望めました。

140726- (394)
ここでは少しだけ写真を撮って、直に出発。

140726- (398)

140726- (411)
13時50分頃、オキの耳に到着。

140726- (418)

140726- (421)

140726- (428)

140726- (438)

140726- (464)

140726- (475)

140726- (476)

140726- (488)
14:55頃、散々景色を楽しんで休憩した後は
トマの耳に向けて出発。

140726- (500)

140726- (504)

140726- (506)

140726- (511)
14:50頃 トマの耳に到着。
オキの耳でもその傾向があったが、
朱音が右前足を地面に付けたがらないのが心配。

140726- (523)
ここでは余り長くおらず、早めに写真を撮って下山。

というのもロープウェイの最終が16:50らしい、、、

てっきり18時くらいまではやっていると思っていたのに、、、、、、

約10分後の15時頃 下山開始。

140726- (537)

140726- (538)

140726- (539)
約5分後の15時5分頃、肩の小屋到着。
時間が無いのでスルー。

140726- (547)
天神ザンゲ岩

140726- (549)

140726- (550)

140726- (557)
天狗の留まり場
140726- (561)

140726- (565)

140726- (569)

140726- (571)

140726- (576)
16:25頃 熊沢穴小屋着。
行きはロープウェイを降りてから この小屋まで約1時間。
ということは、、、ロープウェイの最終はかなりやばいんじゃ、、、、、、

兎にも角にも休憩せずにひたすら歩く。
というより歩きながら休憩し歩く!!!???

140726- (587)
何とか最終のロープウェイに間に合って
駐車場まで戻ってくることが出来た。

これもどうやらこの日の登山者が多かったのが
幸いしているようだった。

もし、間に合わなかったら
往復のきっぷを買っていたからそれが無駄になるだけじゃなく
コインロッカーに預けたケージを次の日に取りにくる必要があるだけじゃなく
約2時間弱の下山時間がプラスされていた、、、、、、、。

いやぁ、、、、、、マジ間に合って良かったよぉ、、、、

それにしても
谷川岳って本当に良い山だった。
機会があったらまた登りたい山の一つになった。

これで茶祐誕生日企画第一弾の終了~~

下りはずっと肩に乗って下山した茶祐。
これはこれで茶祐の冒険ノートに
何かしら頁の足しになってくれると嬉しいな


さっ 宿に行って茶祐誕生日企画第二弾にしようぜっ!!








一家でわんゲル
moblog_f7c9e77c-1.jpg
昨日は久々に
一家でわんゲル。
登ったのは
写真の谷川岳。
詳細は後日改めて。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

母ちゃんとワンゲル
14.7.12は母ちゃんとワンゲル。
残念ながら茶祐・朱音は留守番。
なのでざっくり簡単に。

140712- (2)
朝8時頃、岐阜県ほおのき平駐車場に車を置き
バスに乗り換え出発。

140712- (7)
約50分後、乗鞍の畳平に到着。

140712- (10)
先ずはこれから登る乗鞍岳の標識の前でパチリ。

140712- (22)
ルートはバスターミナル横を通ってお花畑に下りて真っ直ぐ行くコースで。

140712- (11)
で お花畑に下りて真っ直ぐ行こうとしたら通行止め

仕方ないので また戻ってきて
鶴ヶ池横を通って富士見岳前を通るコースで出直し。

140712- (27)
さっきの案内板まで戻ってきました。
遥か彼方には槍ヶ岳の姿も。

140712- (28)
富士見岳の下にて。

140712- (33)

140712- (37)

140712- (41)
10時頃、肩の小屋まで10分地点に到着。

140712- (48)

140712- (49)
途中の雪渓ではスキーやスノボを楽しむ姿が。
楽しそうだけど、板を担いで登るのは大変そう

140712- (60)
10時12分 肩の小屋到着。
しばらく おやつ休憩。

140712- (64)
標高は2750mくらい。

140712- (67)
10時28分 肩の小屋出発。

140712- (73)

140712- (90)
途中、残雪部少々。
距離も短いため、ゆっくりあるけば大丈夫。

140712- (98)

140712- (102)

140712- (143)

140712- (145)
のんびり登って11時50分頃 頂上到着。

140712- (150)
あれに見えるは、しばらく前に単独で登った木曽御嶽山。
残雪部が見えるので、まだ尻セードが出来るかな?(笑)

140712- (160)
丁度お昼時。
頂上は風ビュービューなので、風を避けた方角に少し下りて
ランチタイム。

140712- (177)
ランチタイム後は一旦また頂上に登り、お約束のぴょーん

140712- (180)
三角点にもタッチ。

140712- (181)
で、13:26 下山開始。

140712- (206)

140712- (214)

140712- (248)

140712- (256)

140712- (258)

140712- (261)
今日は天気が良く絶好の登山日和。
肩の小屋が見える下り途中の14:40分頃 これから山頂に向かう
4、50人連れの団体とすれ違うため、しばらくライン外で待機。

140712- (266)

140712- (277)
14:50頃 肩の小屋到着。お茶休憩。

140712- (283)
15:20頃 肩の小屋を出発。

140712- (288)

140712- (292)

140712- (293)
15:45頃 畳平に到着。
帰りのバス時間を確認すると、15:50と16:20と16:50。
16:20のバスに乗車で約50分後の17:10 ほおのき平駐車場着で帰宅。
茶祐、朱音を連れて来られないのは残念だったけど
天気に恵まれた登山日和で良かった。

マイペースな単独行も悪かぁないけど
やっぱ夫婦でハイキングや登山もいいね

茶祐や朱音も遠慮なく連れていける所があればもっといいんだけど
現実は なかなか厳しいね。

140712- (301)
今回ゲットした山バッジ。
上は肩の小屋にて、下は頂上小屋にてそれぞれ購入。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。