Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一家でわんゲル(納古山)
今月最後の土曜日の8/30の午後から
一家で岐阜県川辺町の納古山へ。
140830- (6)
140830- (9)
140830- (10)
今回の目的の一つは自分のトレーニング。
なので里山歩きといえども装備はフル装?の10kg弱。
+時期が時期なので茶祐をバッグに下げ、朱音はダニの影響が少なそうなところ以外は
抱っこで自分のトレーニングとした。

140830- (12)
13:35 第1パーキング付近に車を停め、登山開始。
5分くらい歩いたところで、茶祐や朱音のおやつを車中に忘れたのに気付き
母ちゃんには先に行ってもらい自分は逆戻り。
140830- (16)
案外疲れた。。。。。

140830- (19)
140830- (20)
13:50 登山口到着。
左の中級ルートを行くことにした。

140830- (25)
“熊注意”を促す案内がチラホラ。
なので念のため熊よけのベルを鳴らして行くことに。

140830- (27)
地味~に緩やかな山道。
季節が季節なので涼しくない、、、、、、
けれども木々のお陰で直接陽射しを受けないので
太陽の暑さというのもない。

140830- (37)
こういう雰囲気のところでは朱音は抱っこ。

140830- (44)
140830- (45)
登り始めからしばらくは沢のせせらぎを聞きながら
右に左に沢を渡って行く。

14:10頃 水飲み場に到着。
140830- (53)
140830- (54)
140830- (55)
キンキンに冷たいのを想像してたけど
何だろう 地球の温暖化要因?????
ぬるかった。。。。。
きっと冬は冷たくっておいしいんだろう、、、、、って冬は冷たくて当然か。

140830- (57)
針葉樹(だよな?)の中をひたすら歩いて行く。

140830- (67)
ルートはテープやマーキングで整備されていて
迷うことはない。

140830- (70)
140830- (72)
14:15 分岐点着。ルートを左へ。

140830- (75)
140830- (79)
140830- (93)
今回朱音の歩きは通常に比べかなり少ないけれども
久しぶりのわんゲルのためもあって、嬉しさ満開な朱音。

140830- (86)
140830- (97)
140830- (98)
ルートを左にとってから 何かキノコがどうも多い気がする。
茶色いのや赤いのや白いのや色々。。。。。
元々 得意でもないので採りはしないけれども、
キノコが生えるってことはジメジメしてるから???ってことだろうか。。。

140830- (101)
14:30頃 徐々に岩場が現れ始めた。

140830- (108)
140830- (113)
140830- (123)
朱音も楽しそうに登っていく。

140830- (124)
140830- (128)
140830- (132)
母ちゃんも慣れてきました。

140830- (138)
140830- (139)
140830- (141)
きっと朱音なりにルートを考えているんだろう。
今まで滑落経験はありません。

140830- (153)
岩場を上がってルートが平坦になったなぁ、、、って思ってたら

140830- (159)
140830- (164)
140830- (165)
まだまだ登りは続いてた(笑)

ここんとこ里山歩きをしてなかったからなぁ、、、、
こういういったいいつ頂上に着くのかわかんない感じを忘れてたよ~~(爆)
140830- (175)
かなり汗ダラダラ。

140830- (179)
140830- (180)
もうそろそろ 頂上じゃね?
なーーーんて思ってたけど

140830- (186)
140830- (190)
下って正面の岩場を登っていくようです。

140830- (195)
140830- (197)
140830- (200)
結構な登りです。

140830- (203)
140830- (206)
140830- (207)
140830- (209)
140830- (216)
ピョンピョンピョーンと登っていった朱音。

140830- (218)
140830- (219)
登った先で座って待ってたけど
逆側は朱音にとってキレットというか馬の背状態。
うーーーーん リードあってこそだよな。。。怖っ

140830- (229)
3時頃 分岐点着。左へ。

140830- (231)
140830- (232)
左に曲がってすぐに小さな祠???が。
朱音も無事な登山をお祈り。

140830- (234)
下って

140830- (241)
登って

140830- (246)
今度こそあの視界の先は頂上か???

140830- (247)
140830- (248)
残念、、、分岐点だった。
でも頂上は近そう。

140830- (250)
140830- (252)
140830- (262)
今度こそ頂上か???

140830- (264)
15:10頃 納古山頂上到着。 
登り始めから休憩時間等を含め、約80分の所要時間だった。

140830- (266)
条件が揃えば槍ヶ岳などの北アルプスや富士山やさまざまな山が見えるのかな?

140830- (269)
140830- (270)
140830- (271)
140830- (272)
140830- (273)
140830- (274)
140830- (275)
140830- (276)
140830- (277)
140830- (278)
140830- (279)
140830- (280)
140830- (281)
140830- (282)
140830- (283)
140830- (284)
360°望める頂上は最高の景色。
残念ながら本日は槍ヶ岳や富士山は見えな~い。
空気の綺麗な冬がいい感じなのかな??

140830- (286)
140830- (289)
140830- (299)
140830- (303)
おやつ休憩しながらマッタリしてしばらくすると

140830- (294)
空に黒雲が現れ雨がポツポツと、、、、、、、
もう 何かマトモに一日晴れる日はないんかい、、と腹を立てつつ
140830- (307)
携行品の折り畳み傘をひろげ しばらく様子見。
遠くの空は晴れているのでにわか雨っぽい。

140830- (312)
15:55
10分弱くらいで雨は止んだので下山開始。

140830- (320)
140830- (339)
140830- (349)
140830- (356)
140830- (375)
140830- (379)
140830- (381)
140830- (387)
140830- (389)
140830- (394)
140830- (396)
17:10頃、林道と登山道の分岐地点着。

140830- (400)
道が登山道じゃなくなったからか
茶祐が自分で歩く、、、と(笑)
140830- (405)
テケテケ歩いていると前方に動く物体が、、、
140830- (412)
猿か、、っと思ったら

140830- (413)
140830- (414)
140830- (415)
ウリ坊でした。。。。。
サッと逃げて行きました。

17:25頃 車に到着。
下山の所要時間約90分だった。
いやぁ、、、、良いトレーニングになりました。











スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

母ちゃんとワンゲル(西穂高岳<~西穂独標/~ピラミッドピーク>)
14.8.23
夏休みに登山する候補の一つだった
西穂高岳に母ちゃんと出かけた。

とはいえ、このところ出かけようと思う日の
天気がよろしくない、、、、、

個人的意見としては、平日なんかいっくらでも雨降ってもらってもいいから(限度はあるけど)
休みの日ぐらいスカッと晴れてもらいたい
で、この日の西穂高の天気予報は
140823- (1)-1
午前6時~12時までは曇り、以降は晴れで登山日和らしい。

ここの天気予報は前回の木曽駒で残念な結果だったので余り信じてはいない。
今回も当たらないようなら『二度とここの予報はみないぞ!!』というつもりで
当てにして出かけることにした。

残念ながら今回も
茶祐、朱音は留守番。。。

出発予定は午前4時。
しかし寝坊というか2度寝してしまい出発し高速に乗ったのが午前5時半頃。
高速に乗りしばらくすると事故情報の案内あり。
7Km先だったか9Km先で事故らしい。
程度こそわからないが、通常のパターンだと大体既に車は路側帯に寄せられており
特に走行には支障が無いことが多い。
今回もそのつもりで高速を走っていたらとんでもない
車はひっくり返ってるわ、玉突きしてるわ、自爆してるわ、部品は散乱してるわで無茶苦茶。
人が二人中央分離帯のところで横たわっていたが重症っぽい。
まだ事故直後のためか警察や救急車もまだ到着していない。
散乱している部品や車をゆっくり避けながら通過したが、そのうち反対車線から
救急車が通っていったので一安心。
いやはや もう少し出発が早かったら巻き添えをくらっていたかもしれない。
事故現場を通過前には激しい雨も降り始めて先行き不安だったが
目的地の新穂高ロープウェイのしらかば平駅に着く頃には
天気も晴れていた。
140823- (14)
140823- (19)

ここからロープウェイ
140823- (20)
ロープウェイ乗車にあたり、荷物が6kg以上だったか7kg以上は荷物代200円。
母ちゃんのザックは6kg弱、自分のは10kg弱だったので200円也。
ロープウェイ代は一人往復2800円(しらかば平←→西穂高口)。
JAF会員は-300円で2500円也。

140823- (22)
140823- (23)
約7分後、西穂高口到着。標高2156m。
4Fに上がり、駅を出たところに水汲み場がありました。
水を2リットル家から持参しただけに残念、、、、、知ってればなぁ、、、、

140823- (27)
今回も山地図+地形図に加え山地図をインストしたスマホを持参。
140823- (29)
140823- (30)
10時20分頃 登山開始。
140823- (33)
木道を少々通った先に

140823- (35)
140823- (36)
登山届出所とテン泊案内。

140823- (41)
140823- (47)
木道の後は普通の山道。
前日の雨?のためか水溜りになっているところもチラホラ。

140823- (50)
140823- (56)
時々登山道から見える山並み、、、、
うーーーん 北アルプスって感じ、、、たまんないなぁ
140823- (67)-1
登山ルートを外すことはないんだけど、時々位置確認。
11:08はこの地点。

140823- (71)
ここら辺の登山道の雰囲気は、鈴鹿山脈系にも似た雰囲気というか
熊笹って結構多いよな。。。

140823- (69)
地上6、7m?くらいに取り付けられている冬季登山道標識。
冬の積雪量が推定できそうだ

140823- (92)
140823- (95)
11時35分頃 西穂山荘到着。
山地図だと駅口から1.5時間予定だけど実際は1.25時間。
まぁ だいたい山地図通りの所要時間。

西穂山荘で少し休憩。
140823- (103)
ソフトクリームがあったので購入。
いやぁ、、、、山でソフトクリームが食べられるとは思わなかったわ~~

140823- (112)
140823- (113)
12時5分頃 西穂独標方面へ向けて出発。
140823- (105)-1
西穂山荘から独標までは山地図で1.5時間。

140823- (107)
140823- (129)
それにしても絶景 絶景。。。
いやぁ、、、、、晴れてホントに良かったぁ~

140823- (134)
目指している独標は あの辺。

140823- (171) - コピー
140823- (181)
140823- (184)
12時半頃 独標に向かう途中の西穂丸山でパチリ。
ここは写真だけ撮って即出発。

140823- (193)
140823- (216)

140823- (246)
140823- (259)
140823- (263)
140823- (264)
だいぶ独標に近づいてきました。

140823- (269)-1
140823- (271)
140823- (277)-1
140823- (278)
140823- (281)
140823- (285)
昭和42年の8月1日に独標頂上付近で
史上最悪の落雷事故があったようです。
冥福を祈ります。

140823- (290)-1
140823- (302)-1
13時33分 独標到着。
山地図で西穂山荘から独標まで約1.5時間予定に対し、実際1時間28分。
ほぼ山地図通り。
母ちゃん 頑張りました
独標と西穂高岳間には大小合わせて計11個のピークがあるようです。

独標から西穂までは山地図で往路1.5時間。
西穂から独標までの戻りが1時間10分。
独標~西穂山荘まで1時間、山荘からロープウェイ駅までが1時間。
ロープウェイの最終が17時15分。
全て予定通り行っても戻ってこれるのが18時10分過ぎ、、、となると
残念ながら主峰の西穂高岳に行ってる時間はありません。

でももうちょっと行ってみたい。。。。。

うーーーーーーーん
母ちゃんにはここに残っていてもらい、自分の荷物もここにデポし
身一つでちょっとだけ先まで行ってみることに。。。。。

140823- (310)
行ってきま~っす

140823- (317)
140823- (320)
140823- (329)
140823- (331)
140823- (334)
140823- (291)
140823- (292)
13時43分
10峰着。
証拠写真だけ撮って9峰へ向かう。

140823- (340)
140823- (316)
13時49分頃 9峰着。
ここも同じく証拠写真だけ撮って8峰へ。

140823- (356)
140823- (364)
140823- (366)
140823- (368)
140823- (343)
140823- (347)
140823- (352)
13時57分頃  
8峰のピラミッドピーク着。
そろそろタイムアウトかな、、、、、、ということで
8峰以降はいつかまた挑戦。。。

140823- (371)
140823- (380)
140823- (387)
140823- (388)
140823- (390)
140823- (396)
140823- (400)
14時15分頃
独標に無事帰還(笑)

140823- (404)
140823- (405)
140823- (409)
遅めの昼食後、辺りの写真を撮り
14時35分頃 下山開始。

140823- (415)
140823- (419)-1
140823- (422)
140823- (427)
下山途中で12峰?のペイント発見。

140823- (432)
140823- (469)
13時47分 西穂丸山着。
写真だけ撮ってすぐ下山。

140823- (473)
140823- (475)
140823- (482)
140823- (494)
15時43分頃 西穂山荘着。
トイレ・水分補給休憩。

14時頃 ロープウェイ駅に向け下山開始。
140823- (495)
140823- (499)-1
140823- (503)
17時頃 ロープウェイ駅到着。
山地図の予定時間通りでした。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

母ちゃんとワンゲル(木曽駒ケ岳)
この夏休みに
母ちゃんと山登りを計画。
候補は
西穂丸山、木曽駒ケ岳、燕岳。

体力・時間等を考えると西穂丸山か木曽駒ケ岳の
どちらかということにした。

外せない用事を除くと天気が良さそうな日が無い
(14.8.13現在で)
全くこの夏休みは何なんだよ~~
ちっきしょ~~
と怒ってみても仕方ない、、、、、、。

何とか天気がマシそうな一番早い日を検討するに、、、、、
8/14が何とかなのかなぁ、、、、、と。。。。。

で8/14の朝2時に天気を確認すると
木曽駒ケ岳が朝9時くらいまでは
それ以降PM3時くらいまでが
PM3時から
夕方6時からだった。

西穂も確か9時~12時までは
それ以降夕方くらいまでという予報だった。

山登りで雨は嫌だ。
なので行けそうな範囲の登りたい山でマークの付いていない所を探したが
木曽駒ケ岳が一番マシ。
朝9時以降に曇りになり午後3時には晴れることを期待し
8/14朝3時半木曽駒へ向け出発。

朝6時くらいに菅の台BC着。
車中で朝飯を食べ6時45分バスに乗り込み。
この時点では雨はパラパラ。
140814- (3)

約30分後しらび平駅着。ここからロープウェイに約8分間乗車後千畳敷駅へ。
140814- (7)
天気は雨ザーザー。。。
けど予報は9時くらいから曇ってくる予定のはずなので
千畳敷駅内のレストランでコーヒーブレイク。

ゆっくりコーヒーを飲んだ朝9時過ぎ
相変わらず雨は止まない。
時折雨脚が弱まったり強まったりするが止む気配無し。

今回は諦めて次回リベンジということにしてもいいけど、、、
現実バス代+ロープウェイ代で一人往復3900円。大人二人で7800円。
菅の台BCでは駐車場代500円だったので、高速代を除き8300円。
高速代を入れると一万超え、、、、、
そんなに簡単にリベンジも出来ないなぁ、、、、ということで
140814- (15)
140814- (16)
朝9時半 合羽を着込み、折角なので駒ケ岳へ登る途中にある
宝剣山荘まで向かうこととした。

続きを読む

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。