Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ちゃんとワンゲル(仙丈ヶ岳)
15.8.22
母ちゃんと南アルプスの仙丈ヶ岳登山のため
前日夜11時くらいに自宅を出発。

南アルプスエリアも北アルプスエリアと同様に
車両規制がある場所が多く、ここも同じ。

朝2時半くらいに仙丈ヶ岳登山口の北沢峠へ向かうためのバス停の
仙流荘前駐車場到着。
150822- (1)-1
小1時間程仮眠後準備をしてバス停へ。

バス停は切符購入のための列とバス待ちの列に分かれている。
母ちゃんは切符購入の列、自分はバス待ちの列へ。
150822- (2)
登山計画書はこのバス停にあるポストに提出。

150822- (6)
5時5分過ぎ 28人乗り?のマイクロバスで出発。
バス(マイクロバス)は同じ時間に1本だけではなく、何台もある。
我が家は2台目のバスだったが、補助席で北沢峠まで約50分間
乗り心地最悪で大変だった。

5時45分頃、登山口の北沢峠に到着。
150822- (10)
登山口付近のトイレで用を済ませ、6時過ぎ出発。
天気は曇り。いつ雨が降ってきてもおかしくない感じの空模様だった。

150822- (16)
原生林の中を登って行く。最初は割と急な登り。

150822- (31)
眺望も無い中を登っていく。

150822- (64)
足元は土だったり石だったり木の根だったりするけど
全体的に登りやすい。
斜度も徐々に緩くなっていく感じだった。

150822- (78)
5合目の大滝頭に到着。

150822- (76)
振り返ると何山かわかんないけど眺望有り。

150822- (77)
ここから2手にコースは分かれる。
当初は右へ下っていくルートを計画していたけど、左の登って行くルートに変更。

150822- (85)

150822- (105)
7:45分頃、6合目に到着。
ここで初めて休憩らしい休憩にすることにした。

150822- (117)
休憩後、出発。ここからは稜線歩き。ハイマツ帯をジグザグに登って行く。
ガッスガスで雨が降ってきそうだけど取りあえずはセーフ。

150822- (119)
8:20頃 小仙丈岳に到着。
付近の人にシャッターを押してもらい、写真だけ撮って出発。

KIMG4890.jpg
岩場も少しだけあったけど、手掛かりや足の置き場も
しっかりあるので安心。

KIMG4904.jpg

150822- (147)

150822- (157)
仙丈小屋方面との分岐点。
小屋には行かず、先に仙丈ヶ岳に向かう。

150822- (182)
9:25頃 仙丈ヶ岳に到着。

150822- (184)
三角点にタッチ。
時間も時間なので軽くおやつ程度にして
しばし休憩。

150822- (200)
10:05頃 仙丈小屋に向け地蔵尾根へ向かうルート側から出発。

150822- (212)
ひたすら下っていくと

KIMG4936.jpg
10:20頃 仙丈小屋に到着。

150822- (215)

150822- (217)-1
昼食は持参したけれどもにカレーの誘惑に負け、カレーを注文。

150822- (221)
食事が終わったら出発。
馬ノ背ヒュッテを目指します。

150822- (226)
しばらく下りていくと

150822- (234)
少し広い場所に出た。景色も少しガスが抜けたので
写真だけ撮って出発。

150822- (245)
そんなに気にはならなかったけど、この辺りから虫が少し出始めた。

150822- (251)
ニホンジカから植物保護のための柵箇所を過ぎ

150822- (255)
丹渓新道との分岐点を過ぎ

KIMG4957.jpg
11:30頃 馬ノ背ヒュッテに到着。トイレ休憩。

150822- (276)
11:45頃 出発。渡渉箇所。

150822- (291)
150822- (293)
薮沢小屋。無人の避難小屋かな?

150822- (298)
この辺りはトリカブトが群生。

150822- (304)
渡渉2.。
この後も何回か渡渉箇所あり。

150822- (313)
ロープ箇所。

150822- (319)
梯子。

150822- (344)
12:30頃 5合目の大滝頭まで下ってきました。ここで小休憩。
今回のルート選択は計画と逆だったけれども、その方が歩き易く良かったようだ。

150822- (352)
約10分後出発。

150822- (360)
変なキノコ。

150822- (372)

KIMG5020.jpg
14:00頃 北沢峠に到着

KIMG5021.jpg
こもれび山荘にラーメンを食べに行くも
一歩遅くランチタイム終了。

KIMG5023.jpg
代わりにラズベリーとブルーベリーの入ったマフィン&ノンアルビールを購入。
このマフィンはめっちゃ美味かった~。

食べた後は早々にバス停に並び、28人並んだところでバスが随時出発。
15:20頃に駐車場到着。

母ちゃん おつかれさまでした~~
今度はまた天気の良さげな時にまた登ろう!!
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

リゾート登山
15.8.10
母ちゃんと一緒にコーヒーを飲みに
と言うかコーヒーを淹れに乗鞍岳へ。

今回茶祐、朱音は留守番。

KIMG4633.jpg
昨年と一緒の朴ノ木平スキー場駐車場に車を停め
バスに乗り換えて畳平へ。

KIMG4635.jpg
朴ノ木平からバスに揺られる事約50分で
畳平に到着。

KIMG4637.jpg
乗鞍岳頂上を目指します。

KIMG4639.jpg
先ずは肩の小屋まで。

150810- (13)
コマクサ。

150810- (23)
不消ヶ池。

150810- (24)
何だろう。イワツメクサかな?

150810- (30)

150810- (32)
途中にある雪渓ではスキー・スノボを楽しむ人がいます。

150810- (35)
ゆっくり歩きで約20分、肩の小屋に到着。
トイレ休憩後出発。

150810- (39)


150810- (42)
赤い大きな建物は東大宇宙線観測所。

150810- (51)
結構な人の数。
お手軽に来れちゃうのでそれが良かったり悪かったり、、、、
狭い登山道の真ん中で立ち止まりながら
おしゃべりしているのには辟易してしまう。

150810- (57)
途中通過点上にある蚕玉岳。

150810- (71)
9:05 肩の小屋からゆっくりで約40分。
乗鞍岳頂上に到着。

150810- (76)
少しピークから降りた所の隅の方へ移動。
昼飯には早いので湯を沸かしコーヒー豆を挽く。

150810- (81)
フィルターに豆をいれドリップ。

150810- (82)
コーヒー完成。

150810- (84)
しばらくここで休憩。
だんだんガスが上がってきて眺望も悪くなってきたので下山。

150810- (91)
頂上山荘で昨年買い損ねたTシャツを購入。

150810- (97)
まだまだ登ってくる人は沢山。

150810- (104)
イワギキョウ。

150810- (115)
肩の小屋に到着。

150810- (116)
桃のソフトクリーム。旨し。
休憩後出発。

150810- (121)
肩の小屋から降りてきて今度は富士見岳に登ることに。

150810- (140)
10分そこそこで頂上に到着。

150810- (148)
昼時だったので昼飯にすることに。

150810- (149)
お約束のバナナも。

150810- (164)
昼食後下山。

150810- (169)
畳平に戻ってきた。

150810- (172)
今度は魔王岳に登ることに。

150810- (192)
ここも10分そこそこで到着。

KIMG4758.jpg
もう少し先まで行けるようなので
登山禁止の恵比須岳方面へ。

150810- (203)
途中の岩で撮影。

150810- (208)
ここから先は立入禁止。戻ります。

150810- (224)
畳平を山側から。

150810- (246)
途中魔王園地なる場所経由で下山。

150810- (248)
畳平まで戻ってきました。

150810- (249)
まだ歩き足らないこともあり、今度は大黒岳に登ることにした。

150810- (252)


150810- (265)
何か人工物が見えてきた。

150810- (273)
休憩所でした。

150810- (277)-1
大黒岳頂上到着。
ここも登山口から10分そこそこで到着。

150810- (294)
休憩後、下山。

150810- (296)

150810- (304)
畳平にまた戻ってきました。
母ちゃん おつかれさまでした~~
にしても、、、、人が多かったわ。。。。。




テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

一家でわんゲル(奥秩父・金峰山)
15.8.8
奥秩父(長野県/山梨県)エリアにある
日本百名山の一つの金峰山を登りに行った。
150808- (2)
到着先は大弛峠。
カーナビの案内もスムーズにいかなかったこともあって
自宅から6時間弱掛かった。

150808- (3)
今回は茶祐・朱音も一緒。
仕度をして出発。天気は晴れ。

150808- (7)
仕度をして出発。天気は晴れ。

150808- (15)-1
出発して10mも歩かないうちに茶祐は抱っこを要求。

150808- (21)-1
改めてリスタート。

150808- (24)
茶祐はバッグイン。

150808- (30)
登り始めは若干登りがキツく感じたが、
次第に楽になり快適快適。

150808- (94)
朱音も先頭でCLとして活躍。

150808- (120)
途中で林の間から富士山が見えたので
ちょっと休憩。

150808- (127)
休憩後再出発したらすぐに、、、

150808- (128)
もっと景色が良い場所がすぐにあった。。。。。

150808- (134)
150808- (140)
写真を撮って出発。

150808- (153)
少し進むと

150808- (170)
朝日岳。

150808- (188)
少し休憩してから出発。
少しザレ気味な道をジグザグに下って行く。

150808- (218)
鉄山付近。
鉄山のピークは少し離れた所にあるらしい。

150808- (284)
日本百名山の一つ 金峰山到着。

150808- (286)
三角点タッチ。

150808- (299)
金峰山山頂の少し先にある五丈石に到着。

150808- (302)
岩でかっ!!
どこまで登れるかわかんないけど、岩の頂上目指してGO。

150808- (305)
150808- (317)
150808- (320)
自分の前に若い兄ちゃんが二人。
その兄ちゃん達に追いつき、一緒に登り方を考えるが分からない。
手で掴めそうな所も見当たらず、高さもあり怖い。

150808- (323)
どうにも登れそうもなく、その兄ちゃん達は降りるというので
一緒にヤマネチポーズで写真撮影し自分も降りることにした。

150808- (332)
次は母ちゃんが行ける所まで挑戦。

150808- (341)
ここまででした(笑)。

150808- (355)
諦めきれない自分はもう一回挑戦。

150808- (362)

150808- (370)

150808- (374)
さっき登った場所よりも1段高い場所に登ることが出来た。
この時はこれで満足だった。

150808- (391)
150808- (395)
150808- (400)
誰か目の前で頂上に登ってくれる人がいないか見てたら
また違う若者二人がきてサクっと頂上まで登っていった。

後でどうやらこの若者達はクライミングシューズに換えて登ったようだ。
それにしてもサクっと来て、サクっと登って、サクっと降りて行き見事だった。

150808- (416)
まだ10時半過ぎだったが、軽めに早めの昼飯。

150808- (440)

150808- (461)
その後は写真などを撮ったりしてゆっくりし
下ったところにある金峰山小屋へ。

KIMG4532.jpg
金峰山小屋ではトイレ休憩+山バッジ購入。

KIMG4534.jpg
休憩後、五丈石方面に引き返しつつ
下山することに。

KIMG4542.jpg
ただ五丈石に戻り、体力・気力が残っていたら
もう一度五丈石を登ろうと考えながら、今度は五丈石まで
登りながら検討。

150808- (486)
で、五丈石に戻りやはり再挑戦することにした。

150808- (488)
150808- (494)
150808- (500)
150808- (507)
150808- (514)
150808- (525)
何とか恐怖に打ち勝つことが出来、頂上まで登ることが出来た。

KIMG4550.jpg
スマホカメラで自撮り。
風が少し出てきたので早めに降りることにした。
降りるほうが登る時以上に緊張しビビった。

KIMG4556.jpg
この後、この五丈石に挑戦していた広島から来ていた
お姉さんとパチリ。
直前に大日岳を登ったらしく、体力面+身長の低さもあって
頂上までは登れなかったようだった。
それでも真ん中辺りまで登り、果敢に挑戦している姿は素晴らしかった。

150808- (567)
五丈石の頂上まで登れたことだし下山します。

KIMG4578.jpg
復路の茶祐は肩乗りで。

KIMG4581.jpg
朱音もお疲れの様子なので復路は朱音も抱っこで。

KIMG4627.jpg

KIMG4632.jpg
出発地点の駐車場に到着。
母ちゃんも茶祐も朱音もお疲れ様でした。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

母ちゃんとワンゲル(焼岳)
15.8.1
母ちゃんと焼岳登山のため沢渡駐車場へ。
5:10始発のバスに乗ろうと数十分前にバス停へ向かおうとすると
タクシーの呼び込みが。。。。。。
どうやらお客さんが乗り合わせる人を探しているらしい。

乗り合わせで行けばバス代と変わらないので
乗り合わせて行く事に。

帝国ホテル前で降りて登山準備。
KIMG4258-1.jpg

KIMG4259.jpg
5:20頃 ゲート横から出発。

150801- (4)
天気は晴れ。

150801- (18)
田代橋、穂高橋を渡り、突き当たり付近が西穂への登山口。
ここに設置されている登山ポストに計画書を投函し
左折して林道を焼岳登山口に向かう。
150801- (23)
150801- (24)
しばらく歩くと焼岳登山口到着。熊注意らしい。
熊ベルを鳴らしながら登山口を進む。

150801- (26)
150801- (28)
150801- (45)
森林歩きもまだ朝のためか虫も殆どおらず快適快適。
風も通るし気持ち良し。

150801- (58)
150801- (83)
150801- (86)
登るルートは急な登りもなく楽々です。

150801- (89)
150801- (95)
150801- (99)
案外梯子が多いのかな。

150801- (112)
道は整備されていて歩きやすい。

150801- (126)
また梯子。
奥の梯子は約10mで角度が80°だったかな。

150801- (130)-1
殆ど垂直に上がる感覚。
今ひとつ信用置けない感じ。

150801- (132)-1
それに10mって結構長い。

150801- (136)
梯子を上から。
怖っ!!

150801- (138)
鎖場。

150801- (142)
あれが今回登る予定の焼岳。

150801- (158)
8時10分過ぎ 焼岳小屋到着。
水分補給+トイレ休憩。

150801- (162)
約10分後、出発。

150801- (176)
見えている先の山は笠ヶ岳方面かな。

150801- (212)
途中の岩にて笠ヶ岳をバックに。

150801- (218)
反対側を見ると大正池。

150801- (221)
さっ 焼岳に行きますよ。

150801- (233)
岩陰の穴からは煙というか水蒸気。
硫黄臭がします。

150801- (256)-1
落石等の可能性があることを示した標識。

150801- (258)
ここからは万一に備えヘルメットを被って登ります。

150801- (278)
途中で会った単独行のお姉さん。
焼岳に登り西穂山荘へ行くらしい。
最近は女性の単独行も多いっぽい。大したものですね~。

150801- (282)

150801- (302)

150801- (316)

150801- (331)
10時頃 焼岳北峰に到着。
頂上直下付近はザレた所があって少し神経を使いました。

150801- (333)
南峰と旧火口湖の正賀池かな。

150801- (355)
150801- (363)
北峰端の岩にて。

KIMG4394.jpg
山頂では早めの昼飯。
槍ヶ岳をツンツン。

150801- (371)
11時10分前に下山開始。

150801- (391)
山頂直下は滑り易い所が多く、かなり気を使いました。
登り時はまだしも下りは要注意。

150801- (433)
中尾温泉方向との分岐点まで下って来た時、付近にいた男性から
どこから下るか尋ねられた。

150801- (431)-1
というのも数分前まであの岩付近に大人の熊がいたらしく
中尾温泉方向に行ったらしい。
この男性は中尾温泉から下るらしく、そちらから下る人を探し
一緒に下りたいらしい。
我が家がここに降りてきたときは既に熊の姿は無く
辺りを確認しても姿は無かった。
我々は上高地方向に下るので男性の無事を祈りつつ下山。

150801- (445)
また焼岳小屋で休憩。
小屋の方に聞くと、ツキノワグマは毎日見ているらしい。
最近は熊ベルくらいでは逃げないらしい。

150801- (455)
休憩後出発。
一応気休めでも熊ベルを鳴らしながら下山。

150801- (460)-1
150801- (461)
核心部?の梯子。
降りるほうは結構怖かったわ。

150801- (517)
14時半頃登山口に到着。
母ちゃんもお疲れ様でした~

この後は上高地に移動。
150801- (545)
150801- (546)
150801- (576)
最後にソフトクリームを食べて終了。






テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

茶祐誕生日企画(草津白根山登山+温泉)
7/29は茶祐13回目の誕生日。
それに先駆け、茶祐への誕生日プレゼントとして
わんこ温泉付き旅館への宿泊を計画。

このわんこ温泉付き旅館は群馬県の谷川岳近くの宿。
なので谷川岳に登ってから宿泊予定で7/24の宿泊を数ヶ月前に予約。

いざ出発の数日前、谷川岳近くの土合駅周辺で土砂崩れがあり
その影響?で谷川岳ロープウェイは当面リフト運休。
ロープウェイを利用した谷川岳登山を計画していたため
旅行自体を中止しようかとも検討したけど、宿へは道路的問題はなく行けるとの事。

宿に宿泊しなくてもキャンセル料がかかってしまうので
宿はそのままで登る山を変更することに。

天候・場所等考え、最終的に出発する7/23夜に
日光白根山に決めその日のうちに出発。
向かう道中で日光白根山の天気を確認すると
出発前に確認した天気予報より悪くなっていて、雨も降るっぽい。

そこで急遽行き先を草津白根山に変更。
ここは谷川岳登山が×になり代替案で元々検討していた先。
ロープウェイがあり、わんこも乗車出来るようだ。
天気も予報では、日中は天気が持つようで夜に雨が降るらしい。

150724- (2)
ロープウェイは朝9時からなので、途中で仮眠をしながら
朝8時半頃草津白根山の山麓駅に到着。
天気は雨がパラパラ。。。。。

150724- (11)-1
母ちゃんは上下合羽、自分は下だけ合羽、茶祐朱音も合羽を
着せてロープウェイ乗り場へ。

150724- (15)
料金は大人一人往復1500円、わんこは一頭当り300円。

150724- (27)
9:40頃 ロープウェイ乗車。

150724- (35)
本白根コースを予定。
雨は今は止んでいる状態。

150724- (39)
いざ出発。

150724- (59)
茶祐は早々にバッグイン。

150724- (61)
朱音は張り切ってGO~

150724- (89)
途中雨がザーっと。
その後雨が降ることはなく、曇りでした。

150724- (87)
道は土の道から木道になり

150724- (93)
また土の道になり

150724- (97)
また木道。

150724- (108)
リフトもありますが、わんこは乗れません。

150724- (109)
自分の足で登るから大丈夫だよな?朱音。

150724- (111)
150724- (126)
150724- (132)

150724- (154)
150724- (158)

150724- (165)

150724- (167)
先ずは一旦、本白根山展望所へ向かいます。

150724- (173)
10:50頃、本白根山展望所に到着。

150724- (183)

150724- (187)
渡って行く風が気持ちいいな 茶祐。

150724- (194)-1
と、視線を辺りにやると、石の間になぜかお地蔵さん???が。

150724- (197)
兎にも角にもお参りしておこう。

150724- (217)
展望所での休憩はこれくらいにして、一旦
元来た道を下りて行きます。

150724- (225)
で、少し万座温泉方面の本白根歩道最高点へ向かいます。

150724- (226)

150724- (230)
150724- (240)
景色最高だな あかね!!

150724- (236)

150724- (244)
道はしっかり整備されていて安心安心。

150724- (250)
コマクサ。

150724- (253)
あかね一番乗り~。
KIMG4174.jpg
さっ 帰ろっか

150724- (292)
150724- (299)
150724- (309)
本白根山展望所方面から帰るため、また戻ります。

150724- (312)
150724- (336)

150724- (342)
本白根展望所に戻ってきました。
150724- (354)
ここは写真撮影くらいで即出発。

150724- (362)

150724- (375)
このロープウェイ山頂駅まで2km地点までは
風も通って快適に到着。

150724- (380)
ここからはルートが鬱蒼とした感じだった。

150724- (392)

150724- (400)

150724- (408)
長めの木道。

150724- (411)
150724- (418)
150724- (424)
150724- (431)
ここら辺までは風も通らないし蒸し暑かったなぁ

150724- (441)
150724- (452)
150724- (456)

150724- (473)
150724- (480)
150724- (498)
150724- (501)-1
13:20頃 山頂駅に到着。

草津白根山は十数年前に茶祐、朱音を連れて来た事がある。
その時はまだ白根山のお釜の近くまで行けたけど
その当時より警戒レベルが上がったんだろう、登れる範囲も
かなり限られている現状。
早く警戒レベルが下がることを願うばかりだ。

150724- (526)
下りのRWでは眠すぎてたまらない茶祐。
殆ど歩いていないのに眠いのかぁ???(笑)

とはいえ、茶祐も朱音もおつかれさ~ん。
茶祐も父ちゃんのウェイトになって鍛えさせてくれてサンキューな(笑)

-------------------------------------
で、昨年の同じ頃に宿泊した同じ宿へ↓
http://www.daikokukan.jp/

150724- (584)
夕食時には誕生日の近い茶祐へケーキのプレゼントを
宿から頂きました。
どうもありがとうございました。

150724- (594)
部屋ではのーーーーんびり。
快適な部屋でまったり寛ぐのであった。

次の朝、日頃お疲れの茶祐、朱音に
今年も温泉のプレゼント。

先ずは町内の散歩から
150725- (7)
150725- (12)
150725- (37)

で朝食後に茶祐、朱音を温泉に。
150725- (53)
150725- (72)
先ずは体を洗ってから

150725- (84)
温泉へ。
あかねは気持ち良さそう~~。
茶祐はおっかなびっくりって顔をしてるし~~(笑)

また来年も来れたらいいね。


茶祐 13才の誕生日おめでとう。
ずーーーっと一緒だからな。

これまでもこれからもよろしくなっ!!

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。