Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(西穂高岳・日帰りピストン)
15.11.12
有休を取って新穂高へ。
深夜12時過ぎに自宅を出発。新穂高RWの登山者用300円の駐車場に
4時半くらいに到着。
朝7時くらいまで車中で仮眠後8時過ぎに仕度をしてRW駅へ。
151112- (5)
8:02 しらかば平駅へ向け出発。
それにしてもこの駐車場へ到着時もほかに車は無し。
RW駅へ向かう時点でも車は自分の車両のみ。ぼっち登山かな???

151112- (4)
駐車場から望む錫丈ヶ岳?。いつか登ってみたい雰囲気を持つ姿だった。

151112- (17)
8:14 しらかば平駅到着。
今日は晴れ。ヤマテンでもA予想。期待大!。

この時間2Fからは入れず1Fに一旦降りて中に入り、そこから2Fに上がるようだ。

中に入り乗車券を購入。モンベルカード若しくはJAFカード呈示で300円引き。
駐車場代が300円、RW代が往復2800円、6kgを超える荷物が200円で
割引込みで3000円也。高いなぁ、、、、、、、
151112- (21)

151112- (22)
乗車券購入後は改札口に並ぶ。自分一人だけで他に姿は無し。
もし自分一人だけだったらどうしようと思っていたが、出発時刻の8:45が近づくと
だんだん観光客らしき人が集まり始めた。
それでも始発は20人弱くらいのものだった。

151112- (26)
8:56西穂高口駅へ。
確かこの出口付近の建屋内に登山ポストがあったはずだと思ったのだが
見当たらなかったので、登山計画書は出さずに出発。

151112- (27)

151112- (31)

151112- (30)
歩き始めてしばらくすると西穂高口登山届出所があったので
そこで登山計画書を提出。

151112- (34)
登山道脇は霜柱がチラホラ。

151112- (44)
9:38 西穂山荘到着。ここで10分休憩。

151112- (52)
一応ヘルメットはここから被って行くことにした。

151112- (63)
また独標を望むこの景色を見ることができて嬉しい~

151112- (67)
視線を右に移せば明神岳に前穂高岳。
いやぁ、、、最高だな。

151112- (71)
10:00頃 西穂丸山に到着。
写真だけ撮って出発。

151112- (80)
独標がだんだん近づいてきた。

151112- (89)
10:35 西穂独標に到着。

151112- (94)
10分休憩後出発。

151112- (96)
独標下りは雪無し。

151112- (104)
10峰通過。

151112- (111)
9峰通過。

151112- (117)
11:06 8峰のピラミッドピーク着。

151112- (118)
ここでも約10分休憩し出発。

151112- (129)

151112- (131)
7峰通過。

151112- (135)
6峰。

151112- (136)
151112- (137)
あれ、、4峰のチャンピオンピーク。
5峰を見逃しちゃったよ。

151112- (144)
3峰通過。

151112- (146)
雪の上でヤマネチ!

151112- (149)

151112- (153)
2峰通過。

151112- (162)

151112- (167)
主峰直下を下から。

151112- (171)

151112- (172)
11:49 西穂高岳山頂到着。

151112- (178)
槍!!

151112- (180)
三角点にタッチしてもう少し先のP1へ。

151112- (185)
11:58 P1到着。

151112- (191)
奥穂高岳から右に吊尾根、前穂高岳。

151112- (193)

151112- (195)
笠ヶ岳方面。

151112- (198)
昼飯。

151112- (200)
再度吊尾根。

151112- (201)
奥穂方面。
間ノ岳、間天のコル、天狗の頭、畳岩尾根の頭、ジャンダルム、奥穂高岳。

151112- (204)
それにしても最高の景色。
誰も来ないし山頂を独り占め。

151112- (215)
山々に乾杯。

151112- (210)
振り返って西穂高岳。相変わらず無人。

151112- (220)
12:20 下山開始。

151112- (224)
P1から西穂への登り返し。

151112- (228)
西穂高岳山頂からの下り。

151112- (240)
途中の雪が残っていたところでミニ雪だるま作成。

151112- (245)
下りで5峰発見。

151112- (271)
ピラミッドピーク先のちょっとビビる所。
落ちたら確実にアウトなので十分注意して進む。

151112- (285)
151112- (288)
13:27 独標まで戻ってきた。

151112- (290)
少し独標で寛いでいたら、丁度登ってきた方が。
石川から来られた女性で登れる所までということで
独標まで来られたらしい。後は下って山荘でラーメンらしい。

151112- (292)
13:50 しばらく一緒に話をさせてもらった後、一足先に下山。

151112- (308)
14:22 西穂山荘に到着。

151112- (312)
早速西穂ラーメン味噌味を注文。美味し!!

151112- (316)
ラーメンを食べて満足したらRW駅に向け
14:48 下山開始。

151112- (323)
151112- (324)
15:20 登山届けを提出した届出所に到着。
今度は下山届けを提出。

151112- (329)
15:26 RW駅の西穂高口駅に到着。

今日は登山者が本当に少なかった。
出会ったのは往路の西穂山荘で休憩中、上高地から
上がってきた男性が一人。
丸山を過ぎた辺り?とピラミッドピークを過ぎた辺り?で
それぞれ前日に山荘泊→西穂に登って下ってきた男性計二人。
P1から約30分下った辺りで同じRWに朝乗っていた男性二人と
独標で会った単独女性一人の計6人だった。

151112- (333)
15:45のRWに乗りしらかば平駅へ。
ホットゆずレモンで自分におつかれさま。

151112- (334)
駐車場まではもう一息。

151112- (341)
16:10 駐車場に到着。
駐車場にはやっぱり自分の車のみ。

今回も無事な山行が出来た。
山の神様に感謝である。




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

母ちゃんとワンゲル(ニュウ・天狗岳)
15.11.7
母ちゃんとあげパンを求めて北八ヶ岳へ。

151107- (1)
151107- (2)
中央自動車道諏訪ICを降り下道を走りメルヘン街道で
白駒池入口付近の駐車場へ明け方到着し、朝6時半くらいまで仮眠。

151107- (10)
151107- (12)
151107- (16)
仕度をして7:15頃駐車場を出発。

151107- (25)
151107- (33)
151107- (36)
先ずは白駒池方向へ。

151107- (43)
151107- (49)
151107- (60)
木道を通り池を右手にニュウを目指す。

151107- (69)
151107- (72)
151107- (90)
151107- (94)
151107- (101)
151107- (109)
151107- (110)
木の根の多いニュウの森を通り
中山峠との分岐を経てニュウ山頂へ。
8:36山頂へ到着するも特に標識等無し。

151107- (117)
151107- (132)
151107- (133)
しばらく富士山の見える頂上で休憩。
ここに来るまで誰一人登山者に会わずであった。

151107- (138)
休憩を終え出発直前に女性単独行者の方に遭遇。
挨拶を交わし出発。

151107- (141)
151107- (176)
151107- (184)
山肌を歩く歩き易い道で9:40頃高見石・中山峠方面との
分岐点に到着。
中山峠方面へ。

151107- (189)
151107- (199)
151107- (210)
まだまだ歩き易いルートで黒百合平・夏沢峠方面との分岐点に
9:55到着。夏沢峠方面へ。

151107- (214)
151107- (216)
151107- (233)
151107- (242)
151107- (261)
151107- (267)
そこからは岩が多いルート。
途中岩が濡れていて滑り易かったり雪が多少残っていたりして
東天狗山頂との分岐点に10:37到着。

151107- (274)
151107- (287)
151107- (295)
151107- (299)
10:58 東天狗岳山頂に到着。

151107- (308)
151107- (309)
東天狗岳山頂で少し寛いだ後は双耳峰であるもう一つの西天狗岳へ。

151107- (321)
151107- (326)
151107- (330)
151107- (334)
11:22 西天狗岳山頂に到着。

151107- (340)
151107- (359)
151107- (361)
山頂に到着後しばらくしたら
ニュウでお会いした単独女性の方と再会。
歓談しながら一緒に天狗ポーズで写真撮影。
少し休憩後、風もあるため昼食せずに12時前には下山開始。

151107- (371)
151107- (378)
151107- (380)
東天狗山頂・中山峠の分岐点まで戻り、
また同じ中山峠方面へ。
分岐点からしばらく歩くと進行方向右手側の東天狗山頂からの
直下あたりから自然落石発生。
『ガラガラガラ』と結構な音を立てて岩が転がり落ちていった。

151107- (398)
151107- (406)
151107- (414)
151107- (422)
151107- (423)
12:56 高見石・ニュウ方面と天狗岳方面との分岐点着。
元来たニュウ方面へ。
151107- (431)
13:08 高見石とニュウ方面との分岐点到着。
ここからルートを変えあげパンの小屋である高見石方面へ。

151107- (435)
151107- (443)
最初のうちは歩き易い土の地面が、そのうち岩(石)歩きのルートに。

151107- (447)
ルート上にある中山山頂を通り
151107- (454)
曇って眺望の悪かった中山展望台を通り

151107- (462)
151107- (472)
不均一な岩(石)上ををひたすら歩き
151107- (479)
14:27 やっとやっと高見石小屋に到着。
岩上歩きで少々疲れました。

151107- (486)
151107- (485)
高見石小屋到着後は勿論あげパンを注文。
それ以外にカレーライスも注文。

151107- (488)
151107- (489)
カレーはデザート付きで当たり前においしかったけど
あげパンは感動の美味しさ。
どれだけでもお腹に入ってしまうくらいの美味しさだった。

高見石小屋で昼食・おやつ後は
小屋の裏手にある高見石へ。
151107- (493)
151107- (494)
151107- (509)
石の上からは白駒池を望む事が出来た。

151107- (519)
高見石小屋でゆっくり寛いだ後、15:30頃下山開始。

151107- (521)
151107- (527)
151107- (533)
そこからも歩きにくい不均一の岩(石)上を歩くルート。
白駒池付近に15:56到着したがほとほと疲れた。

151107- (536)
151107- (538)
151107- (541)
151107- (549)
そこからは足に優しいルート。
木道を通り白駒池横を通っていく。

151107- (557)
151107- (558)
16:16 登山口に到着。

151107- (559)
16:21駐車場に到着。
到着後駐車料金500円を支払い。ここの料金所のおばちゃんに聞くところ
このメルヘン街道は11/19に冬期閉鎖になるとの事。
冬期閉鎖になる前に来られてよかったよかった。

兎にも角にもこの日はくったくた。
母ちゃんもおつかれさまでした~~ヽ( ´_`)丿



テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

母ちゃんとワンゲル(甲斐駒ケ岳)
15.11.1
南アルプスの貴公子甲斐駒ケ岳登山のため
母ちゃんと仙流荘の駐車場へ。
151101- (2)
仙流荘のバス停にある登山ポストに計画書を提出。
151101- (4)
朝6時の北沢峠に向けバスに乗車し出発。

151101- (13)
約40分後、北沢峠に到着。
前はここから仙丈ヶ岳を目指したが、今度は
甲斐駒ケ岳を目指して6:55登山開始。

151101- (15)
151101- (18)
151101- (27)
冷たい風の吹く中、2合目を通過。

151101- (34)
151101- (54)
視界の先にはオベリスク。

151101- (66)
8:06 四合目の双児山到着。

151101- (79)
151101- (91)
151101- (115)
8:52 駒津峰に到着。

151101- (126)
ここは写真だけ撮って出発。
進行方向に甲斐駒ケ岳がドーン。

151101- (139)
151101- (144)
151101- (167)
151101- (169)
駒津峰を若干下った辺りでヘルメットを装着。
9:27頃八合目に到着。

151101- (174)
更に進むこと約3分、直登か巻き道かの分岐点に到着。
登りは直登で行くことに。

151101- (177)
151101- (180)
151101- (212)
腕力を必要とする場面もあったが、母ちゃんも問題なく
危険っぽい箇所をクリア。

151101- (217)
151101- (218)
151101- (223)
まだまだ登りは続きます。

151101- (232)
天気は最高!富士山の姿も。
151101- (237)
富士山の前にはオベリスク。

151101- (245)
151101- (255)
151101- (261)
10:24 甲斐駒ケ岳山頂到着。

151101- (271)
151101- (272)
151101- (273)
151101- (274)
151101- (275)
151101- (276)
151101- (277)
151101- (278)
甲斐駒ケ岳山頂からは天気の良さもあって
360度の眺望バッチリ。
富士山から中央アルプス、北アルプス、白馬、立山方面、谷川岳や八ヶ岳等々
最高の眺めでつくづく来てよかったと実感。

151101- (281)
三角点にタッチ。
151101- (284)
151101- (289)
151101- (293)
151101- (302)
151101- (304)
山頂では登頂のお礼と無事な下山を祈願してお参り。

151101- (347)
11:18 昼食を山頂で食べ、寛いだ後は巻き道から下山。
151101- (351)
まずは下山ルートの延長線上に見える所に立ち寄り。
151101- (355)
151101- (357)
151101- (358)
151101- (359)
151101- (361)
視界の先は駒ヶ嶽神社本社。
奉納?されている剣?をお借りして写真を撮った後
下山開始。

151101- (370)
151101- (377)
151101- (379)
これは??慰霊碑かな、、、。

151101- (404)
途中摩利支天に寄るつもりが度忘れ。
そのまま下山してしまった。

151101- (414)
151101- (416)
151101- (427)
151101- (429)
151101- (445)
12:10頃 直登・巻き道の分岐点通過。

151101- (457)
151101- (461)
151101- (482)
151101- (537)
151101- (556)
151101- (564)
13:56 仙水峠到着。
小休憩後出発。

151101- (574)
151101- (583)
ここからは岩続きのゴーロ帯。
指先辺りでカメラホルダーにデジイチを嵌めながら
ゴーロ帯を歩いていたら、つまづいてこけた俺。
横着せず止まってホルダーにカメラを装着すればよかったと反省。

151101- (592)
デジイチは手を離れゴーロ帯を転がしてしまったが、レンズが割れることなく
本体が若干キズついただけで済みました。よかったよかった。

151101- (599)
151101- (607)
151101- (612)
151101- (619)
151101- (640)
151101- (654)
151101- (665)
15:10 出発点の北沢峠到着。
毎回公共交通機関を利用しなければいけない時はそうなのであるが、
計画の時間から少しでも遅れたらその時点で引き返し予定だったが
想像以上に母ちゃんが頑張ったので甲斐駒ケ岳に無事登り下山することが出来た。

山の神様に感謝感謝である。
母ちゃんもおつかれさまでした~。






テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

朱音とわんゲル(鳳来寺山)
15.10.29
休みを取り朱音を連れて鳳来寺山へ。

151029- (6)

151029- (7)
平日だったためか以前に来た時もそうだったが
門谷の御食事処かさすぎ横の綺麗なトイレがある
駐車場は無料。

151029- (8)
準備をして9:25頃駐車場を出発。

151029- (14)
今日も朱音隊長はごきげんさん。
張りきって行こう!!

151029- (16)
付近にはもみじまつりのノボリが立っていたが
どうやら明日10/30から始まるようだ。

151029- (15)
博物館前のマップを確認。

151029- (12)
151029- (19)
151029- (28)
元?五平餅屋さんや元?御休所や硯屋さん前を通って
登山口へ。

151029- (40)
151029- (41)
ここから1425段の石段の始まり。

151029- (47)-1
151029- (49)
少し登っていくと立派な山門。

151029- (51)
151029- (52)
その左右には仁王像。

151029- (56)
▲大杉100選に選ばれている傘杉

151029- (63)
▲松高院跡

151029- (71)
▲医王院

151029- (77)
151029- (81)
151029- (86)
151029- (87)
少し飛ばしすぎたのか疲れ気味な朱音隊長。
それでもまだまだ石段は続くのだ。

151029- (96)
▲鳳来寺本堂
151029- (100)
▲鳳来寺

151029- (117)-1
151029- (126)-1
▲不動堂

151029- (129)
151029- (132)
▲奥の院
屋根の無い博物館ということらしいが、前に来た時より
崩れが進んでいるようだ。

151029- (154)
10:34 鳳来寺山頂に到着。
思ってた以上に早く到着。

151029- (161)
151029- (166)
頂上で写真を撮ったらそのまま宇連山方面へ。

151029- (170)
数分で瑠璃山に到着。

151029- (174)
最初は朱音を残し自分だけで岩をよじ登って
山頂へ。
151029- (181)
次に一旦下りて今度は朱音を抱っこバッグに入れ
山頂へ。
151029- (182)
景色を楽しんだ後は、朱音の視線先の馬の背っぽい所まで
行ってみることにした。

151029- (196)
151029- (209)
馬の背っぽい所に到着。

151029- (203)
景色を楽しんだ後は鳳来寺山頂方面へ逆戻り。

151029- (220)
瑠璃山横を通り過ぎ
151029- (224)
鳳来寺山頂を通り過ぎ
151029- (246)
更に歩いて
151029- (259)
11:13 天狗岩展望台に到着。
5分休憩後出発。

151029- (294)
151029- (299)
151029- (309)
更に歩いて11:38 鷹打場に到着。

151029- (317)
151029- (323)
辺りを少し楽しんでから

151029- (338)
自分の昼飯&朱音のおやつタイム。

151029- (340)
151029- (342)
151029- (344)
151029- (356)
しばらく楽しんで12:13出発。
ここで寛いでいる時も誰にも会うことは無かった。

151029- (371)
151029- (376)
151029- (390)
151029- (399)
またしばらく歩き、12:30頃東照宮に到着。

151029- (401)
ここは有料スカイラインを通ってくると、この東照宮近くまで
車で来ることが出来る。
そのためか平日にも拘らずお参りにくる人もチラホラいた。

151029- (402)
151029- (407)
151029- (412)
151029- (417)
東照宮で小休憩後は鳳来寺本堂へ。

151029- (422)
151029- (428)
本堂前で写真を撮って今度は龍の爪あとへ。

151029- (438)
151029- (439)
151029- (441)
そこから馬の背岩方向へ向かうがルートロス。
結局はルートではない所を若干薮こぎ気味で下ったら
正規ルートに合流(朱音は抱っこ)。
この龍の爪あとから馬の背岩へのルートの取り付きは不明瞭な感じだった。
151029- (431)
151029- (432)
今回は龍の爪あとからそのまま下って↑↑写真の所まで下り
そこから若干薮こぎしながら下ったが、一旦龍の爪あとくらいまで
戻らなければいけなかったのかも???

151029- (468)-1
151029- (471)-1
151029- (474)-1
何はともあれ12:55頃 馬の背岩展望台に到着。
ここで今通ってきたであろう鳳来寺本堂方向を
眺めながら休憩。
このぐらいの季節になると虫もいなくなるので嬉しい限りだ。

151029- (481)
151029- (495)
151029- (502)
151029- (506)
約10分展望台で休憩後仁王門方向へ向け出発。
13:15頃に出合い口に到着。

151029- (511)
151029- (515)
151029- (518)
151029- (521)
151029- (525)
13:24 鳳来寺登山口に到着。

151029- (529)
151029- (535)
151029- (550)
13:33 駐車場に到着。
151029- (554)
今回も朱音隊長はよーく歩きました。
おつかれさま~

151029- (559)
駐車場横の御食事処かさすぎで
いちごソフトクリームを買い、朱音と疲れを癒してから帰宅。

151029- (560)
帰る道中また下山の里に立ち寄り、五平餅を食べて帰宅。



テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

一家でわんゲル(谷川岳)
15.10.23 
20:30頃自宅を出発。
中央自動車道→長野自動車道→上信越自動車道→関越自動車道
をひた走り、6.5時間後の10/24 AM3時頃 
谷川岳RW下の無料駐車場到着。
RWの駐車場は朝7時にならないと駐車できないようだ。
RWは朝7時から運行、で 朝の7時からしか駐車できない意味が
わかんない。。。o(゜^ ゜)

AM5時まで車内で仮眠後出発準備。
151024- (3)
駐車場内のトイレは使用禁止となっており
使えない状態だった。

151024- (9)
151024- (13)
RW内は犬の顔出し厳禁。
なので顔出し出来ないバッグを持参。
茶祐はバッグインさせ朱音隊長のもと
AM6:15RW駅までしばらく車道歩き。

151024- (15)
この時点の無料駐車場の駐車率は50%くらい。
紅葉終盤だけに案外少なめなのかな。

151024- (24)
歩くこと約10分でRW駅の土合口へ。

151024- (25)
151024- (26)
切符購入のため並んでいて、ふと横に視線をやると
あの有名なアナウンサーの方のサインが。
チケット販売開始は6:50くらいだった。

RWの料金は大人往復一人2060円。
ペットは往復一頭510円。意外に高い。。。
151024- (28)
切符を無事購入し、入口近くにあった登山ポストに
計画書を提出し出発。

151024- (37)
151024- (40)
天神平駅に到着しビューテラスてんじん内の
コインロッカーにバッグを入れ、朱音隊長の準備が出来た
7:20頃 出発。

151024- (49)
最初は木道。

151024- (56)
茶祐は既に抱っこバッグ。

151024- (59)
田尻尾根との分岐点。

151024- (77)
151024- (86)
151024- (97)
整備された道をしばらく行くと鎖場が。
全く無用な鎖っぽく感じるが、これは冬季用のためなのだろう。

151024- (125)
151024- (128)
ロープ箇所。
特に使わなくても問題なしだった。

151024- (162)
途中の岩場にて。

151024- (170)
151024- (172)
151024- (179)
151024- (180)
朱音隊長、時には母ちゃんの様子を確認。

151024- (181)
151024- (183)
151024- (188)
151024- (191)
151024- (196)
151024- (237)
151024- (242)
151024- (254)
9:10頃、肩の小屋に到着。

151024- (255)
151024- (267)
約10分休憩後出発。

151024- (271)
151024- (276)
151024- (287)
151024- (291)
151024- (299)
9:25頃、トマの耳(1963m)に到着。
ここではゴミ回収している方がいた。
頭が下がります。

151024- (301)
あまり見ない半球型の同定盤があった。

151024- (311)
151024- (313)
更に進んで行くと正面に岩が。
パッと見 この岩を登っていくように思ったので
少し登りにくかったが朱音もバッグインさせクリア。
次に母ちゃんが登って何とか下りて少し先に進むと、、

151024- (319)
左側に巻き道がありました(^^;;
まっ そういう事もあるよな。

151024- (321)
9:45頃、オキの耳到着。
ここまで来るのに割と同じタイミングで登っていた
山ガールが朱音を気に入ってくれて一緒にチーズ! (-/■ゝ=☆


151024- (322)
自分達もパチリ。
山ガールのお姉さん達はここから引き返すとの事なので
挨拶をして(=⌒ー⌒=)ノ~☆・゜:*:゜バイバイ゜:*:゜・☆ヾ(=⌒ー⌒=)

151024- (326)
ここから一ノ倉岳を目指します。

151024- (328)
151024- (329)
151024- (334)
151024- (336)
富士浅間神社奥の院

151024- (340)
151024- (342)
151024- (350)
ここはそのままスルー。

151024- (353)
Bルンゼの頭

151024- (357)
151024- (366)
151024- (367)
高ぇ~~(^-^;

151024- (369)
151024- (370)
151024- (371)
ここは朱音には厳しい下り。
抱えてではちょっと不安定そうなので
茶祐と一緒にバッグインでクリア。

151024- (376)
151024- (386)
遠めに見たらここがピークに見えたけど
違ってた、、、、、

151024- (393)
151024- (394)
151024- (396)
10:24 一ノ倉岳到着。

151024- (397)
三角点タッチ

151024- (400)
一家でパチリ。

151024- (404)
151024- (405)
151024- (406)
151024- (407)
眺望。

151024- (408)
一ノ倉岳の山頂標識?はこれだけみたい、、、、Σ(=゜ω゜=;) マジ!?

151024- (409)
151024- (410)
避難小屋。
中も想像以上にしっかりした作りでした。

151024- (437)
11:34 谷川岳方面へ戻ります。

151024- (442)
151024- (456)
151024- (459)
ノゾキという場所に到着。

151024- (460)
ノゾキから覗くおっさん。

151024- (461)
景色はこんな感じ。

151024- (475)
151024- (480)
151024- (489)
151024- (501)
151024- (503)
151024- (505)
12:40 オキの耳まで戻ってきました。

151024- (513)
13:00 トマの耳に到着。

151024- (520)
13:05 肩の小屋に到着

151024- (522)
151024- (524)
ここで昼飯。
151024- (529)
あかね隊長はどうやらお疲れのご様子。
マッサージ等をして休ませます。

151024- (534)
151024- (547)
151024- (552)
肩の小屋の奥の方で万太郎山をバックにパチリ。

151024- (560)
天狗の留まり場。

151024- (565)
151024- (572)
151024- (580)
151024- (584)
151024- (586)
151024- (589)
14:53 熊穴沢避難小屋到着。
ここで小休憩。

151024- (608)
151024- (610)
151024- (613)
15:40 天神平に到着。

151024- (617)
151024- (618)
151024- (620)
151024- (621)
151024- (626)
最後は隊長の労を労って母ちゃんが抱っこ。
14:50 駐車場到着~。
おつかれさまでした~

特に怪我することなく無事な山行で
よかったよかった。

山の神様に感謝。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。