Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の大日ヶ岳
16.10.30
茶祐、朱音と一緒に大日ヶ岳登山のため
ダイナランドスキー場へ。

161030- (1)
10:01 茶祐、朱音 準備完了。

161030- (3)
と思いきや、早速抱っこ要求の茶祐。

161030- (4)
少しは歩いてみ、、、ということで歩かせることに。

161030- (6)
前回ここに来た時はスキー場駐車場上に車を停めれたが
今回はもっと下の方に駐車場があった。。。若干余分な歩き、、(´・_・`)

161030- (8)
歩かせれば意外に歩く茶祐。

161030- (25)
今回は結構頑張るじゃん!!

161030- (31)
ん、、、動きが止まったと思ったら

161030- (33)
うーーん ここまで約20分弱。
茶祐にしたらかなり頑張りました(笑)

161030- (50)
で、毎度の定位置へヽ(´∀`)ノ

161030- (52)
登ってきた方向を振り返ると、そこそこの紅葉。
それにしても結構汗をかいて暑い!

161030- (54)
ゲレンデを登ったところにあるリフト降り場?でウェア調整+
茶祐・朱音の水分補給。

161030- (55)
あ、茶祐は寝る方が忙しいみたいだからいっか(^-^)/

161030- (70)
ゲレンデ歩き?終了。
ここから山道へ。

161030- (77)
熊笹は確かここ多かったっけ

161030- (83)
紅葉も終盤か?

161030- (96)
登山道は枯れ葉でいっぱい。

161030- (102)
スリップ注意な 朱音

161030- (108)


161030- (111)
やっぱりもう紅葉も終わりだな~茶祐

161030- (116)
登山道は急なところもチラホラ。

161030- (119)
ロープ箇所が一箇所有り。

161030- (131)
朱音はサクッと上へ。

161030- (137)
頂上まで1km。
山の1kmって結構あるんだよね。

161030- (139)
さぁ もうひと頑張り

161030- (142)
大日ヶ岳東縦走路分岐標識

161030- (152)
向こう側はウイングヒルズからのルート。
稜線歩きが楽しそう。

161030- (175)

161030- (177)
12:07
ニセピークを2つくらい越えて大日ヶ岳山頂到着。

ここは気象条件が良ければ
眺望抜群。
161030- (183)
161030- (184)
白山方面

161030- (185)
161030- (186)
笠とか槍とか北アルプス方面

161030- (187)
161030- (188)
恵那山とかの中央アルプス方面

161030- (190)
161030- (191)
能郷白山とか伊吹山とか

161030- (217)
12:54 下山開始。
大日ヶ岳頂上は眺望はいいけどあまり座るには
良い場所がない。
熊笹まるけの所を刈ってくれてるみたいだけど、、、、、、

161030- (258)
冬近し?

161030- (259)
明日に向かってダ~ッシュ

161030- (274)

161030- (277)

161030- (286)

161030- (290)

161030- (291)

161030- (294)

161030- (301)

161030- (313)
ゴール近くなって茶祐も一緒に。

161030- (321)
終わりよければ全て良しってな 茶祐

161030- (325)
14:50 駐車場到着。
茶祐も朱音も母ちゃんも おつかれさまでした~




スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

紅葉も終わった千畳敷(宝剣岳・三ノ沢岳)
16.10.27
有休を取り年パスを持っている千畳敷へ。
161027- (1)
始発7:15のバスは満員なれど登山をする人は
少なそうだった。

161027- (4)
千畳敷は既に紅葉は終了。
閉店ガラガラである。

161027- (6)
8:16
神社でお参りしてから登山開始。

161027- (10)

161027- (13)
本日は遊歩道を下ってから登り返し。

161027- (14)
後ろは南アルプス群+富士山。
天気も上々だ。

161027- (15)
夏道を登って

161027- (18)
途中凍っているところもあったりして

161027- (25)
8:47
乗越浄土へ。
ここまでで会った登山者はわずか2名。

161027- (31)
8:56
宝剣山荘前で水分補給、ハットをメットに変えて宝剣岳へ。

161027- (36)


161027- (44)

161027- (48)


161027- (51)
9:08
宝剣山頂到着。
本日風ビュービュー+ソロ+山頂に誰もいないこともあり
岩の上には上がらず、さっさと下山。

161027- (66)

161027- (69)

161027- (72)

161027- (74)
お約束の岩の上で。

161027- (106)
9:33
三ノ沢分岐到着。
本日人が限りなく少ないので写真撮り撮りでの~んびり。
ここから三ノ沢岳へ。

161027- (113)
三ノ沢岳まではハイマツ帯多し。

161027- (118)
ハイマツは平均腰下くらいの高さ、高い所では背丈程
あるところもありちょっとうんざり。

161027- (146)
面白い形の岩。ジョーズっぽい。
万一の時はここでビバーク出来そうだ。

161027- (156)
ツララ。

161027- (176)
慰霊碑兼ケルン。

161027- (186)
10:57
ここらに来てやっと風から逃れられる方向の歩きへ。
それまでずっと風ビュービューの中の歩きだった。

161027- (199)
11:07
三ノ沢岳に到着。
三ノ沢岳だけにピースサインではなく3本指で。

161027- (216)
ここで昼飯。
訳あっておにぎり1個。

161027- (218)
昼寝したり

161027- (237)
持参した珈琲飲んだり

161027- (239)
チョコ食ったり

161027- (243)
寝そべって山々を見て

161027- (255)
こんな感じで自撮ってみたり

161027- (258)
こんな感じにしてみたり

161027- (259)
誰もいないし来ないのでやりたい放題ヽ(´∀`)ノ

この三ノ沢岳からは眺望抜群
161027- (266)
御嶽

161027- (267)
乗鞍

161027- (268)

161027- (269)
北アルプス方面
何となく槍っぽく見えたり、、、、、

161027- (273)
奥は南アルプスの山々と富士山。

いやぁ、、、ここはホント眺め抜群!!
イマイチマイナーなのが勿体無い。。。

161027- (279)
11:48 下山開始。
結局誰も来なかった三ノ沢岳だった。

161027- (298)
宝剣、中岳、木曽駒等々を見ながら歩く稜線歩きは
気分最高。

161027- (333)
空の青さが沁みるねぇ、、、

161027- (335)
13:06
宝剣からの分岐に到着。

161027- (344)
13:10
極楽平に到着。
ここから空木方面へ行けるけど、いつかまたの機会に。

161027- (348)
あとはRW駅へ下るだけ。

161027- (354)
13:39
神社に到着。無事下山を感謝しお参り。

161027- (358)
13:40
RW駅到着。

161027- (361)
駅内では年パス特典の無料珈琲を頂く。

161027- (367)
14時丁度のRWで下山。
駐車場到着後、歩いてお約束の店へ。

161027- (368)
おにぎり一個にしておいてよかった。
毎度美味しいソースカツ丼だった。

今回かなり登山者が少なかったが、その分静かな山歩きが楽しめた。
また来ちゃうよ 千畳敷、、、年パスあるし(っ*^ ∇^*c)


続きを読む

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

あかねと秋の谷川岳へ
16.10.22

朱音と秋の谷川岳へ行く事に。
今回母ちゃんは用事があるので茶祐と母ちゃんは留守番。

谷川岳は好きで数回訪問させてもらっている。
毎回RW利用で天神尾根のピストン。
今回は折角なので全くRWを利用しないルートで往復することにした。


前日の金曜の夜出発。
161022- (1)
のんびり休憩しながら時間調整し、町営無料駐車場に朝5時半頃到着。

161022- (3)
あかねも準備完了。
6:10頃駐車場を出発。

この出発前に若干のアクシデント?が。
自分の準備を終え最後にデジイチをザックのハーネスに
取り付ける前に一枚写真を撮っておこうと思い、
朝日に向けシャッターを押してもシャッターが下りない。

下りないどころかエラーを示す“E”マークが点滅。
もしやと思いメディアを確認すると
161022- (446)
メディアが入っていないという大失態。何をやってんだか、、、、、

一応コンデジも持参していたので、そちらをハーネスに取り付け直して
何とか出発した。


161022- (10)
谷川岳ベースプラザを通過。
161022- (13)
更に進んで行き
161022- (17)
谷川岳登山指導センターで登山計画書を提出。

161022- (18)
ゲート横を通過し

161022- (25)
林道を登り

161022- (28)

161022- (31)
6:27 西黒尾根登山口に到着。

161022- (32)
ここからスタート。

161022- (37)
本日の天気は晴れ。
出発時はまだまだ肌寒かったが、歩き出したら暑い暑い!!
あかねもマウンテンパーカーを着せたのだが暑そうだ。

161022- (41)
6:42 この鉄塔の下でレイヤリング調整。
自分はソフトシェルを脱ぎあかねもマウンテンパーカーを脱ぎ水分補給。
既に汗びっしりだ。

161022- (42)
ここから眺める景色も紅葉が綺麗だ。
約5分後再出発。

161022- (58)

161022- (66)

161022- (73)

161022- (80)
秋の風景を楽しみつつ写真を撮りながら登って行く。
あかねは元気!元気!!
そんな自分はバテ気味だ。。。

161022- (89)
しばらく景色を楽しみながら歩いて行くと

161022- (97)
視界の開けた場所に到着。

161022- (105)
7:40 ここで小休憩。
休憩をしていたら男性4人組?のパーティの方に声を掛けて頂き
更にドライフルーツまで頂きました。その切はありがとうございました。

161022- (113)

161022- (115)

161022- (119)
7:50 出発。
ここからはそれまでと違い岩場が出てきて鎖場もあったりして
緊張感が高まる場面のスタートだ。

161022- (127)

161022- (139)

161022- (140)
前方に鎖場。

161022- (143)
結構な角度。

161022- (145)
万一があってはいけないので先にあかねをリフトアップし

161022- (146)
自分は後からの繰り返しで登攀。

161022- (147)
次はかなりの段差の下り。

161022- (148)
懸垂下降開始

161022- (149)

161022- (150)
下降完了。

161022- (159)
眺めの良い岩の上で小休止。

161022- (165)

161022- (171)
8:11 ラクダの背に到着。

161022- (173)
ラクダの背であかねと一緒に。

161022- (176)
西黒尾根はまだまだ続く。

161022- (177)

161022- (181)
8:17 ガレ沢の頭

161022- (185)
岩を登っていき
161022- (188)
ペンキマークに従って進むと

161022- (197)
鎖場。

161022- (201)
鎖場上から。

161022- (217)
さらに

161022- (220)
まだまだ

161022- (223)
登っていく

161022- (224)
ここは濡れていると滑りそうで怖い

161022- (229)
あかねと一緒にパチリ。

161022- (231)
少しルートから外れた左の方。
ホントに滑りそう。

161022- (239)
本ルートに戻り

161022- (241)
更に登っていく

161022- (242)
まだまだ登り

161022- (244)
また鎖場

161022- (248)
かなり上がってきたようだ。

161022- (251)
視界の先に合流点が見えてきた。

161022- (253)
向こうは天神尾根。
結構な人が上がってきているようだ。

161022- (263)
9:33 目印の分岐点到着。

161022- (269)
万太郎山方面

161022- (277)
更に上っていく

161022- (282)
天神尾根との合流地点にて。
付近にいた方に撮ってもらいました。

161022- (286)
9:43 トマノ耳はかなり賑わっているのでスルー。

161022- (290)

161022- (296)

161022- (301)
9:55 オキノ耳に到着。
ここでも付近にいた方に撮ってもらいました。

161022- (303)
少し休憩してから

161022- (314)
トマノ耳へ向かう

161022- (319)
10:26 オキノ耳にて。

161022- (324)
写真だけ撮って早々に肩の小屋方面へ。

161022- (329)
肩の小屋前で休憩場所を探していたら
偶然にも声掛けしてくれた方が、以前あかねと雪の時期に
この谷川岳に来た時くつを落としてしまったが、それを見つけて
下さった方にお会いした。
こんな偶然ってあるもんなんだなぁ、、、、、

161022- (328)
10:35 肩の小屋前はどこも一杯だったので
誰もいないここで早めの昼飯休憩にすることに。

161022- (338)
あかねもお疲れのようだ。

161022- (350)
11:00頃下山開始。
下山は天神尾根から。

161022- (355)
天狗の留まり場

161022- (370)
12:05 田尻尾根分岐に到着。
ここからは田尻尾根で下山。

161022- (376)
それまではかなりの賑わいだった天神尾根も
田尻尾根に入った途端人っ子一人会わなくなった。

161022- (381)
田尻尾根下り前半は木の根とかが
邪魔っぽかったりした。

161022- (385)
雰囲気は里山っぽい感じ

161022- (394)

161022- (407)
下りの後半はスリッピーな感じ

161022- (408)
12:40 
滑り易いので気をつけなくっちゃなと思った矢先に

161022- (409)
滑ってしまった。
場所が場所だけに特に汚れただけで済んだが
テンションダウンwww

161022- (411)
12:42 田尻尾根登山口に到着。
思ったより短かった田尻尾根だった。

161022- (419)
ここからは林道歩き

161022- (421)
こけた時に泥だらけになったスマホ。
丁度あかねを撮っていた時だったのが運のつきだったwww

161022- (423)
頭上をRWが通過

161022- (426)
林道歩きも普通は退屈してしまうが
紅葉を楽しめ退屈しない。

161022- (428)
おまけに全く誰にも会わないので何か気楽。

161022- (431)
のーんびり下って行くと

161022- (436)
RW駅が見えてきた。

161022- (437)
林道出口はあそこのようだ。

161022- (439)
13:12 車道との分岐に到着。

161022- (440)
あとは車道下り。

161022- (442)
無料駐車場はまだまだ車は沢山。

161022- (444)
13:15 車に到着。
今回も本当によく頑張って歩いたあかねだった。
おつかれさま。

161022- (450)
帰りに谷川岳ビールを買って帰宅の徒に。
さぁ6時間かけて帰るぞ~~


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

一家で富士登山
16.10.15

14日の夜自宅を出発し15日朝1時半頃 
富士宮口5合目到着。

今回の目的は5/19のリベンジもさることながら、
一度くらいは茶祐を日本一の場所に連れて行きたかったので
天気を見てこの日一家で富士登山をすることにした。

到着後朝3時まで仮眠・4時出発という予定で仮眠。
寒さで起床し時計を見ると4時をとっくに過ぎている(゜O゜;

161015- (1)
▲慌てて準備を整え4時40分頃ヘッデンスタート。

161015- (5)
▲朱音も元気よく出発。

前に朱音とオフシーズンに富士宮口から富士登山に来た時
5合目から上がってすぐのトイレは開いていたのだが
何故か今回は閉鎖していた。

161015- (7)

161015- (12)
▲5:08 6合目の雲海荘、宝永山荘を通過し
お約束のバリケードを通過。
当然ながら自己責任で。

161015- (13)
▲今回富士登山初の母ちゃん、睡眠不足もあってか
若干?高山病気味。足がなかなか進まないらしい。

スタート高さが標高2400mなので本来標高に体を慣らしてから
登山し始めるのが望ましいが、なかなか出来るもんじゃない。
兎にも角にもゆっくりペースで体を慣らしながら登って行く。

161015- (23)
▲5:49 太陽が顔を見せ始めた。

161015- (26)

161015- (27)

161015- (31)
▲5:50頃 新7合目御来光山荘に到着。
少し遅れて母ちゃんも到着。
ここで休憩。

富士宮口から登るメリットは、登山ルート上に山小屋が
見えているので目安になるのが良い。


161015- (56)

161015- (57)
▲6:38 7合目山口山荘通過。


161015- (65)

161015- (70)
▲ここら辺から大き目の岩が出てきた。

161015- (81)

161015- (82)
▲大きさもマチマチ、向いてる角度も様々なので
決して歩き易くない。

161015- (94)

161015- (101)
▲7:15頃 8合目富士山衛生センター、池田館到着。
ここで休憩。

161015- (109)
▲鳥居とお地蔵さん

161015- (113)
▲茶祐。
歩きたい素振りは全く無し。

161015- (116)
▲何か不思議な風景。
富士山は火山爆発で出来た山ということを
再認識させられる。

161015- (118)

161015- (120)
▲お約束の“金のなる木”

161015- (125)

161015- (127)

161015- (133)
▲7:54 9合目萬年雪山荘で休憩。

161015- (157)

161015- (161)

161015- (164)
▲8:44 9合5勺の胸突山荘到着。
オフシーズンとはいえもう少し登山者が多いかと思ったが
意外に少ない本日。

161015- (187)

161015- (192)

161015- (206)
▲朱音も疲れ気味。
それでも抱っこをせがまず自力で歩く朱音。
朱音のこの根性、見上げたものである。

161015- (211)

161015- (217)

161015- (218)

161015- (219)
▲鳥居をくぐると頂上富士館のある浅間大社奥宮に到着。

161015- (228)

161015- (232)

161015- (238)
▲ここで休憩してから剣ヶ峰へ。

161015- (260)

161015- (263)
▲馬の背。
足場はよくないし結構な角度のため
ゆっくり登って行く。

161015- (277)

161015- (280)

161015- (284)
▲10:10
馬の背を登ったら富士山特別地域気象観測所前を通って
剣ヶ峰に到着。朱音我が家で一番乗り。

161015- (286)

161015- (292)
▲茶祐も一緒に。
無事茶祐を日本一の場所に連れてくることが出来ました。
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪

161015- (301)
▲頂上におられた声掛けしてくれた方と一緒に。
朱音のことをとても感心して下さいました。

161015- (310)
▲一家で[ (´ー( ̄ー ̄)v(゜Д゜)v(^O^ )/(-_- ) ] キネンサツエイ

161015- (320)
▲三角点

161015- (326)

161015- (329)
▲10:30
折角来たのでお鉢回りをすることに。
母ちゃんは馬の背を下り浅間大社奥宮で
待機することに。

161015- (331)

161015- (342)

161015- (348)

161015- (349)

161015- (360)

161015- (362)
▲時々風が強めに吹いてくるが
まぁ快適なお鉢回り。

161015- (367)
▲金明水

161015- (369)

161015- (374)
▲眼下には山中湖。

161015- (381)

161015- (383)

161015- (385)
▲東北奥宮久須志神社

161015- (395)
▲富士銀座?と呼ばれるお店の前で。
当然ながら今シーズンはとっくに終了。

161015- (397)
▲11:03 須走下山口石柱にて

161015- (419)

161015- (422)

161015- (423)
▲大きめのツララ発見。
今シーズンできたものだろう。

161015- (442)
▲正面に剣ヶ峰

161015- (459)
▲11:25 御殿場口下山道石柱にて

161015- (470)
▲11:30 頂上富士館のある浅間大社奥宮到着。
お鉢回り完了。

161015- (479)
▲頂上富士館横の景色が望める所で茶祐をパチリ。

161015- (488)
▲お鉢回り後は昼食休憩。
昼食後の12:03下山開始。
下山は往路のピストン。
朱音は自分の足で下山(o^∇^o)ノ

161015- (504)

161015- (505)
▲12:32 9合5勺の胸突山荘到着。
眼下に見える宝永山辺りの色合いが綺麗だった。

161015- (513)
▲12:52 9合目萬年雪山荘で約15分休憩。

161015- (548)

161015- (549)

161015- (550)
▲13:30 8合目富士山衛生センター、池田館到着。
9合目からここまで結構長く感じた。

161015- (582)
▲14:08 7合目山口山荘。

161015- (590)

161015- (592)
▲14:30頃ガスが出てきた。

161015- (596)

161015- (597)
▲14:48 新7合目御来光山荘。
少し休憩後出発。

161015- (605)
▲15:31 6合目海荘、宝永山荘到着。
新7合目の御来光山荘からも距離を感じた。

161015- (610)
161015- (612)
▲15:53 5合目富士宮口到着。
茶祐も朱音も母ちゃんもおつかれさま~


無事5合目に到着し帰り仕度をのんびりしている我々に
近づく2つの姿有り。
『Can you speak english?』と外国人に言われ
『very very little』と答えた私。

英語は中学生くらいは得意だったが今では昔のこと。
分からないながら聞くと、どうやら富士山に登ったらしいが
下山してきたらバスが2時間後らしく、2時間待ちは辛いので
出来れば新富士駅まで乗せて行ってもらえないか、、と。

結局断るのも可愛そうだし英語でどう断っていいのかも
よくわかんなかったから、乗せて行くことに。

年の頃なら50過ぎと30代くらいの男性2人。
車中で聞くとスイスから来て富士山に登ったらしい。

何はともあれ新富士駅までの約1.5時間、引き受けた以上
無事駅まで送り届けなければということからの緊張で
クタクタ。

おまけに道中で左後輪からパチパチ音が。
時間が時間で道が混んでいたこともあり、途中で確認することも出来ず。
推測するに何かタイヤにくっついてしまったのではないかと。

無事新富士駅まで送りナビを自宅にセットし新東名の新富士ICに
向かう道中でコンビニがあれば入ってタイヤ確認することにした。

しかし全くコンビニがなく、おまけにタイヤからパチパチ音も
しなくなったから『あ~多分あのスイス人が車から降りた時に
サラリとタイヤにくっついたものを取ってくれたんじゃないのかと』
『兎にも角にもよかったよかった』と喜んでいたが高速に入った途端
またあのパチパチ音が。

次のSAに寄ってタイやを確認すると、針金状のものが
タイヤの設置面にくっついているじゃない。
『なーーんだ こんなのがくっついていたか』と取ろうとしたが
『あれ 何か違うぞ!!』おまけにその見えている針金状のものは
1ヶ所だけではなく2、3ヶ所見えている。

( ̄(エ) ̄||| ヒャァアアアア
これはタイヤのワイヤーじゃない!!!
やべーーーよ。

慌ててスタンドに入りスペアタイヤに嵌め替えしてもらい
ともあれ一件落着。
スタンドの人に『危ないところでしたねぇ、、、そのまま走っていたら
バーストしていましたよ』と。

他のタイヤもワイヤーこそ出ていないが条件は一緒。
つい最近タイヤの見積もりを2店で出していたこともあり
次の日に見積もりの安かった店で即発注。

見積もったタイヤは生産中止になっていたが、何とか見つけてもらい
木曜日には装着完了。

富士登山のご利益か何はともあれ無事でよかったよかった。
_( -"-)_セーフ!



一家でワンゲル(御在所岳)
16.10.10 体育の日

折角の3連休。
初日は地元の役の用事で終日拘束状態。
山の天気も悪いので諦めもつく。

しかし翌日曜も山の天気は良くない。
全く腹立たしい!!
月曜も休みなので天気がよければ遠めの山に
遠征したかったが(;´Д`)× ダァメ!ダァメ!

結局3連休最終日になってやっと山の天気もマシになったので
翌日から仕事ということもあるので近場の御在所に
一家で行くことに。

御在所は人気の山。いつも人が多くこの日は
これまで天気が悪かったこともあり混むことが想定
されたため駐車場に6時前には到着。

161010- (1)

161010- (6)
▲7:52 茶祐も朱音もそれぞれ準備完了。
朱音のハーネスは土曜日にモンベルで購入した新しいハーネス。
外れてはいけないものだけに今までのものより
より安心感が違い安全性が向上。
いざ出発。

161010- (8)
▲鈴鹿スカイラインを上って
161010- (15)
▲まだ上って
161010- (27)
▲まだまだ上り
161010- (36)

161010- (37)
▲8:29 この表道登山口から登ることに。


161010- (45)
▲少々崩壊気味なところもあり。
161010- (51)
▲朱音は久しぶりの山行ながら元気元気!!


161010- (58)

161010- (61)
▲このルートの見所の百間滝。

161010- (77)

161010- (86)

161010- (100)

161010- (113)

161010- (116)

161010- (142)
▲段差の大きい所は懸垂下降で。

161010- (149)

161010- (155)
▲渡渉ポイント。

161010- (164)
▲紅葉した葉っぱで。

161010- (170)

161010- (171)
▲ここまで来れば表道下山口はあと少し。

161010- (186)
▲9:49表道下山口到着。

161010- (192)

161010- (196)
▲御在所山頂へ。
9:59 山頂到着。

161010- (211)

161010- (213)
▲向こうには伊勢湾。
気にしたことなかったけど伊勢湾が見えるのを
知らんかったわ。

161010- (217)
▲頂上からスキー場に向かおうとした時
ノーリードのトイプーが、、、、、、
(´ヘ`;) う~ん・・・何もいうまい( ̄へ ̄|||) ウーム

161010- (221)

161010- (228)
▲珍しく茶祐が歩いてるよ~
 茶祐にも山の良さが分かったのかな、、、

161010- (242)
▲10:38 アゼリア前に移動し早めの昼飯。

161010- (255)
▲11:08 中道下山口前にて。

161010- (262)

161010- (264)
▲この下山口まできた時に結構なヘリの音が!
すぐ横の富士見岩から覗いて見ると、キレット辺りでヘリが
ホバリングしている。
救助をするようだがなかなか位置が決まらないのか
またぐるっと周ってきて救出位置のやり直し?をしている。

161010- (271)

161010- (279)
▲11:18 いつまで見ていてもキリがないので下山開始。
後で登ってくる人に聞くと、5合目と6合目の間で
頭から血を流していた男性がいたとの事。
滑落したのかどうかは不明。

161010- (292)
▲久しぶりの山日よりなこの日。
登ってくる人がいるので待っていると30人以上の団体(^-^;

161010- (302)
▲団体も過ぎ やれやれと思っているとまた団体(ーー;)
待ってばかりなので全然下れないε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ
中道下山はやめておけばよかったと後悔。

161010- (303)
▲12:23やっと7合目を通過。

161010- (308)
▲本日はわんこ遭遇率高し!!

161010- (317)

161010- (325)

161010- (327)

161010- (330)
▲キレット。

161010- (331)

161010- (336)
▲ロープウェイをバックに。

161010- (345)
▲地蔵岩

161010- (351)
▲負ばれ岩

161010- (376)
▲13:58 中道登山口に到着。

161010- (380)
▲駐車場へ。
何はともあれ怪我もなく何よりだった。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。