Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀岳北稜+赤岳
17.2.25

母ちゃんは夕方から用事があるため
一人で阿弥陀岳に行く事に。

どうせ一人なら昨年間違えて行った
冬季バリルート初級の北稜から行くことに。

170225- (2)
▲美濃戸口からの林道は凍結により
車両通行止め。
この林道歩きは好きになれないが仕方なし。

170225- (4)
▲6:18
路面は最初っからカッチカチのアイスバーン。
つぼ足スタートだったが即行でスパイクチェーン装着。
これじゃ当然車両通行止めも納得です。

170225- (9)

170225- (12)
▲7:07
美濃戸口から約50分、北沢南沢の分岐到着。
毎度の南沢から。

170225- (32)

170225- (41)
▲8:37
行者小屋に到着。
トイレ休憩後アイゼン・ピッケル・ヘルメット等の
装備を整える。

170225- (43)
▲9:06
休憩が少し長かったが、阿弥陀岳を目指して出発。

170225- (51)

170225- (52)
▲9:18
赤岳方面との分岐でもう1本のアックス準備を
していたら男性二人組みのパーティーに抜かれる。
抜かれる際に『どちらから?』との問いに『北稜から』と私。
『じゃあ 一緒ですね』と男性方。
それにしても行者小屋ではかなりの賑わいだったが、
このルートの静かなこと(o^∇^o)ノ

170225- (54)

170225- (58)
▲先ずは森林登り。
雪面は硬めで歩きにくい感じ。

170225- (69)

170225- (72)

170225- (73)
▲景色は最高!風は弱め。
登るには最適な条件だ。

170225- (79)
▲9:55
歩みを進めると前方が男性二人組みのパーティーから
三人組のパーティーに変わっていた。
どうやらこの三人組、ガイドさんと客二人のパーティーのようだ。

170225- (86)
▲抜かすにも三人組パーティーはアンザイレンしてたりするので
抜かせない。
そんなに慌てていないので後ろからゆっくり行くことに。

170225- (88)
▲前方パーティーがゆっくりなため自撮り棒を使い
セルフタイマーで撮ってみる。
しかし斜度がそこそこあってまた撮りに戻るのも怖いので
以降この撮り方はやめにした(^-^;

170225- (98)

170225- (99)
▲10:29
核心部の第一岩稜に到着。
先ずは男性二人のパーティーがザイル準備をしている。
しばらく自分は眺めながら自分はどうしようか考える。。。o(゜^ ゜)

170225- (101)

170225- (104)
▲10:43
このまま待っていても仕方なく次の三人組パーティーも
待っていたら日が暮れてしまう。
フリーで岩稜を昨年のように登ろうかと考えていたが、左横から
ダブルアックスで登ることに。

170225- (107)

170225- (112)

170225- (114)
▲雪面は柔らかめではあったが、何とか第一岩稜をクリアできた。
一旦右側の岩稜へ移動。

170225- (116)

170225- (117)

170225- (120)
▲10:53
第二岩稜下でどうするかビレイを取りながら検討。
岩稜をフリーで上がるかそれとも第一岩稜と同様に
ダブルアックスで左から登るか、、、、、

170225- (121)
▲短めだしフリーでここを上がろうかとも考えたけど
万一があったら嫌なので、、、

170225- (122)

170225- (124)
▲11:02
やっぱり左からダブルアックスで行くことにした。

170225- (126)

170225- (128)

170225- (131)
▲けれども進んで若干後悔。
雪が腐ってる感じでモナカ状態。ピックの刺さりも悪く
表面は少し硬めで中スカスカ(・_・;
戻ってフリーでとも思ったけどそのまま注意しながら進む。

170225- (130)
▲あまり距離は長くないはずだけど、雪の状態が良くないので
緊張MAX。

170225- (133)

170225- (134)

170225- (135)

170225- (137)
▲こんなとこ落ちて即対応ができなかったら
絶対に止まれそうにない。。。

170225- (139)

170225- (144)
▲11:08
なーーんとか第二岩稜をクリア。
(´▽`) ホッ、、と一息だ。
あとは普通に気を付けていけば良い。。。

170225- (157)

170225- (167)

170225- (170)

170225- (171)
▲ここを登っていけば

170225- (178)

170225- (179)
▲11:18
阿弥陀岳山頂到着。
山頂は誰もおらず、あの2パーティーもまだ到着して
いないようだ。
思わずヤッホー(ノ^∇^)ノと雄叫ぶ私だった。

170225- (193)

170225- (200)
▲暫くは一人の山頂を楽しむ。

170225- (222)

170225- (224)
▲11:32
赤岳に向け出発。
こっちの中岳側ルートもそこそこの斜度があり
転ばないよう注意しながら進む。

170225- (229)
▲中岳側から登ってこられた3人組パーティーのお二人。
軽く歓談。来年は北稜から登ってみるそうだ。

170225- (236)

170225- (242)

170225- (260)
▲12:17
やっと赤岳直下。
さっきの阿弥陀の登りで結構足の疲れが、、、。
緊張感MAXでの登りだったから変に力が入っちゃって
余計にクタクタ。登りが辛い。

170225- (272)
▲12:32
文三郎尾根分岐に到着。

170225- (276)
▲登った阿弥陀をバックに一枚。


170225- (282)

170225- (288)

170225- (291)

170225- (294)
▲キレット分岐を越えた辺りで山頂から下ってきた
ソロの女性と歓談。
厳冬期の赤岳を女性がソロで、、なんて凄い!!

170225- (295)
▲約3分歓談させてもらい無事下山を祈って見送った。

170225- (297)
▲13:04
権現との分岐通過

170225- (305)

170225- (309)

170225- (311)
▲13:12
赤岳頂上到着。
シャッターは付近にいたカップルの方にお願いした。

170225- (317)
▲山頂では富士山の眺望が抜群だった。


170225- (336)
▲見慣れない標識が、、、
赤岳って長野じゃなかったっけ???
13:20 下山のため、地蔵尾根方面に出発。

170225- (344)

170225- (355)

170225- (362)
▲13:45
地蔵ノ頭に到着。
途中立ち寄った天望荘は営業終了しており
4/23から小屋開けだそうだ。

170225- (368)

170225- (374)
▲13:48
お地蔵さんをお参りし地蔵尾根から下山開始。

170225- (376)

170225- (383)
▲曲がる目印。


170225- (385)

170225- (386)
▲巾は一人分。迂闊にこけたら危険。

170225- (387)

170225- (390)

170225- (394)

170225- (396)
▲14:23
地蔵尾根から約30分、行者小屋前に到着。

170225- (398)

170225- (399)
▲装着類を小屋から下る用に変え、持参したお茶で一息。
本日まだまだ眺望が良い。

170225- (401)
▲大同心、小同心

170225- (402)
▲横岳

170225- (403)
▲赤岳

170225- (404)
▲中岳

170225- (405)
▲阿弥陀岳


170225- (406)
▲14:45 南沢から下山開始。


170225- (423)
▲15:44 美濃戸山荘前に到着。
ここでタイミング悪く、山荘前で寛いでいた
大学生風パーティーが目前で出発、、、( ̄- ̄メ)

170225- (424)
▲あ~あ タイミング悪いなぁ、、と思いながら
つまらない林道歩きがダルいなぁ、、と歩いていると
赤岳直下でお会いしたソロの女性と再会。
山話しながら下ってくると、あら不思議、、
あっという間に下ることが出来た≧(´▽`)≦

170225- (427)

170225- (429)
▲16:31 美濃戸口に到着。
今回右足のゲーターがお陀仏。。。。。
前のが破れ、買い直してまだ2、3回しか
使ってないのに~。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
己のアイゼンワークの悪さを自己反省!

170225- (430)

170225- (431)
▲美濃戸口の山荘で遅い昼飯。
珈琲は駐車場代500円に含まれているので
実質タダ。
腹も満たされ帰路に着くのであった。

今回も何事もなく感謝である。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

いつもの宝剣岳
17.2.22

本日は有休を取って毎度の千畳敷へ。

平日なのでマトモな時間に高速に乗ると
割引が全く無しなのでAM4時までに高速へ。


6時頃、降りる予定の駒ヶ根IC手前の
駒ケ岳SAに到着。
170222- (1)

170222- (2)
▲序々にモルゲンロートする駒ケ岳を眺めながら
時間調整する。


170222- (4)

170222- (11)
▲朝9:30頃、RW千畳敷駅を出発。


170222- (26)

170222- (27)
▲自分が出発しようとした時、既にカール下を歩いている方々が
いたが、どうもラインが隅によっていて自分と違う。
結局自分は真ん中の真っ直ぐで歩きたかったので、
ラッセルしながら登ることに。

朝バス停で知り合った蒲郡から来たお兄さんと、
途中交代で八丁を登って行った。


170222- (33)

170222- (34)
▲このお兄さんも話しをしたところ、今回初めて宝剣に登るらしい。
で、八丁の途中から宝剣下まで『左のラインで上がってみます』
との事でまたラッセルしながら乗越へ。


170222- (50)

170222- (52)

170222- (53)
▲毎度の駒ケ岳管理センターの建物裏で持参した珈琲を飲み、
準備を整える。


170222- (54)

170222- (55)
▲10:30頃、宝剣に向かい出発。


170222- (74)

170222- (75)
▲蒲郡のお兄さんは『初めてなので後ろから行きます』との事で
後ろから来るのを確認。


170222- (78)
▲10:40頃 ひと足先に宝剣山頂へ。
登ってくるお兄さんを見守る。


170222- (80)

170222- (82)
▲約5分後、登頂したお兄さんと一緒に(-p■)q☆パシャッパシャ☆
しばらく2人で山頂を楽しんで下山。

170222- (88)

170222- (89)

170222- (95)
▲一人だと大した写真も撮れないが、今回お兄さんのお陰で
いい感じで写真を撮ってもらった。


170222- (103)

170222- (105)

170222- (107)

170222- (111)
▲下山も自分が先行で下山。
人が降りてくるのを見るのは緊張する。

宝剣を降りお兄さんとは一旦さよなら。

170222- (122)

170222- (125)
▲その後、自分は乗越から右手の岩よりに下山。
積雪期は注意が必要だけどラインは自由!!
夏道じゃかんがえられないしね!!


170222- (126)

170222- (129)
▲下山途中でこの岩に登ってみることに。


170222- (134)

170222- (135)

170222- (145)

170222- (147)

170222- (153)
▲しばらくこの岩で遊んだ。


170222- (158)

170222- (161)

170222- (164)

170222- (167)

170222- (168)
▲その後はRW駅に向かわず、そのまま横にトラバース気味に
進みながら少しずつ高度を上げて行く。


170222- (169)

170222- (175)

170222- (179)

170222- (180)

170222- (184)

170222- (186)

170222- (190)

170222- (197)
▲余り横に進んでばかりでも高度が稼げないので
時には真っ直ぐ上って行く。


170222- (201)

170222- (202)

170222- (206)

170222- (207)

170222- (212)

170222- (216)
▲ふと横に目をやると雪煙が竜巻っぽく回転しながら
こっちへ向かってくるという経験も出来た。


170222- (223)

170222- (224)

170222- (230)
▲13時ちょうどくらいに稜線に到着。
午後から風が出てくる予報だったが正にその通り。
稜線は強風で立っているのがやっと。体感温度も低い。
寒さ好きの自分もさすがに寒い!!


170222- (248)

170222- (255)

170222- (257)

170222- (263)
▲グローブも凍ってカッチカチ。
テムレスのゴム手に変えようと風を避けられる場所を探すも
稜線上にそんなところは無し。


170222- (279)
▲13:26 
あまりに風が強いから下山することに。
本当は今回も宝剣方面にこちらからも様子見
したかったんだけどなぁ、、


170222- (286)

170222- (287)
▲少し下ってきたら風は弱めに。


170222- (290)

170222- (295)

170222- (296)

170222- (298)
▲13:42 神社に到着。
無事を感謝しお参り(-∧-)・・・


170222- (300)
▲それにしてもここまで祠が埋まってしまうって
結構な積雪量だよな。


170222- (303)

170222- (306)
▲今回も晴れてよかった。
てるてる坊主様のおかげだね。

170222- (310)
▲いつも無料の珈琲だけなので、たまには食事をすることに。
御馳走様でした。

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

入笠山でスノーシュー
17.2.19

久しぶりに一家で山へ。

折角スノーシューを昨シーズン購入したが
あまり出番が無かった。
今回はそのスノーシューを持って雪山歩きをしに
富士見パノラマパラダイスのある入笠山へ。

170219- (3)
▲チケット売り場はスキー・スノボの人で大賑わい。

170219- (5)

170219- (6)
▲一路ゴンドラ駅へ。
さすけは既に抱っこマン≧(´▽`)≦

170219- (9)
▲あかねのこの写真を撮った時、忘れ物に気付き
一旦自分はあかねと駐車場へ。

170219- (12)
▲シャキーン。
白内障予防のためにもゴーグルしなくっちゃね(⌒^⌒)b


170219- (17)
▲さすけは歩かないし、ゴーグル要るかなぁ、、、、

170219- (21)
▲なーーんてさすけも一応しておこうなo(〃^▽^〃)o


170219- (27)
▲ゴンドラ降車後、早速また抱っこを要求するさすけ。

170219- (29)
▲で、定位置へヾ(^▽^*


170219- (32)
▲スノーシューを履いてGO~


170219- (41)
▲注意書きを真剣に見なかったので、マナスル山荘前にある
トイレが使えると思ってた、、、、、


170219- (47)

170219- (49)
▲あかねは元気ハツラツ~

170219- (51)
▲母ちゃんもがんばれ~

170219- (52)
▲さすけも俺を鍛えさせてくれてありがとなwww

170219- (57)

170219- (64)
▲本日スノーシューの人でたっくさん!!
路面も踏み固まっていてスノーシューの効果
発揮出来ず。


170219- (66)
▲これ、、何だったっけかなぁ、、、
名前度忘れ、、、


170219- (74)
▲もうすぐ頂上~


170219- (82)
▲入笠山頂上とうちゃこ。
付近にいた方にシャッターをお願いした。


170219- (96)
▲頂上付近の岩の上でさすけとあかねだけで。


170219- (117)

170219- (118)
▲北アルプス方面


170219- (119)

170219- (121)
▲中央アルプス方面


170219- (122)

170219- (123)
▲南アルプス方面

170219- (77)
▲富士山


170219- (130)
▲蓼科山

170219- (131)
▲赤岳、横岳とか眺望抜群


170219- (134)
▲山頂は風があり風を遮る場所も無し。
到着から約15分で下山。


170219- (133)
▲さすけも定位置に入れよヾ(●´▽`●)ノ彡


170219- (141)
▲スノーシューの団体さんとかもいて
登山者の7割くらいはスノーシュー。
渋滞発生も。


170219- (155)
▲下山途中でマナスル山荘に立ち寄り~
コハダちゃん お久しぶり~

170219- (165)
▲ここで昼飯を注文。
頼んだカレーもおいしかったけど、付け合せの
野沢菜も絶品でした。


170219- (183)
▲食後はこれ!
マナスル山荘を少し下った湿原のところで
ヒップソリ♪
まずは抱っこマンさすけと一緒に。


170219- (191)

170219- (195)

170219- (198)
▲めちゃくちゃ楽しい~~~


170219- (202)
▲次はあかねと。


170219- (208)

170219- (215)

170219- (223)

170219- (224)
▲楽しい~~
面白すぎる~~
あまりに面白いからもう一回あかねと。


170219- (225)

170219- (235)

170219- (241)
▲あぁぁぁぁ面白かった。
あまりに面白いから全然飽きないけど、
待っている母ちゃんが『寒い!!』との事で
強制終了~~ヽ(;´Д`)ノ


170219- (249)
▲一路ゴンドラ駅へ


170219- (257)
▲今回偶然にも昨年だったか一昨年だったか
この入笠山にきた時に会ったイタグレの
ねぎちゃん♂に遭遇。
このねぎちゃん、この入笠山にくるのはそれ以来ということなので
何という偶然!!
こういうことってあるんだね~~


170219- (260)

170219- (263)
▲下りのゴンドラでは蒸しタオルのサービス付き。
気持ちいい~~ε=(。・д・。)


170219- (269)
▲去年来た時は気付かなかったけど、1台だけ
ピンクのゴンドラがあるらしく、往路は
見つけられなかったけど復路で発見。
何かいいことあるかもね。

170219- (276)
▲チケット売り場前でおしるこ300円也。
団子がみたらし団子の団子で美味しかった~

さすけもあかねも母ちゃんもおつかれさまでした(o^∇^o)ノ

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

毎度の宝剣岳
17.2.4

母ちゃんは用事があるため、毎度の千畳敷へ。
年パスがあるとつい来ちゃうんだよなぁ。

170204- (4)
▲本日ここで結婚式があるようで、チャペルが準備
されていた。


170204- (8)
▲本日満員御礼状態で八丁坂も人だらけ…(T┰T )


170204- (15)
▲いつもの駒ケ岳管理センター裏で持参した珈琲を
一杯飲み、登攀準備を整え出発。


170204- (17)
▲10:52 いざ出発。
視界の先に先行者がいたが、この方と話した所
目下木曽駒を登ってきてどうするか決めかねているらしい。
結局自分が宝剣を登って下りてきても姿を見なかったので
登らなかったようだ。


170204- (30)
▲本日の頂上直下はかなり凍結しておりアックスを
刺せる場所も少なかった。
下りが思いやられる。


170204- (33)

170204- (35)
▲11:07 宝剣山頂到着。
今回は山頂の岩に立ってみた。


170204- (50)
▲本日も富士山ほか南アルプス等々眺望抜群だった。


170204- (69)
▲下山はやはり頂上直下がかなり気を使った。
見た目以上にアックスを刺せる場所も少ないし
足元も見えないので苦労した。


170204- (88)
▲何はともあれ今回も何事もなかった。


170204- (123)
▲一旦RW駅まで戻り、今度は神社側から極楽平を
目指すことに。


170204- (132)
▲珍しいことにこちらのルートにトレース有り。
有難くトレースを辿らせてもらう。


170204- (141)
▲休憩されていたトレース主の方とパチリ。
話をさせてもらうと地元の方らしく、写真好きで
先週も来られて極楽平に上がったらしい。
登山歴も約1年との事でびっくりだ。


170204- (146)

170204- (160)

170204- (165)
▲13時丁度くらいに極楽平に到着。
南側からさっき登った宝剣に行ってみることに。


170204- (179)

170204- (180)

170204- (181)
▲鎖場を過ぎた直後のこのリッジのところ、、、
どうもヤバそうな感じ。
ダブルアックスだけでは滑落する可能性も否めない。


170204- (192)

170204- (196)
▲撤退しようと決めた時にサギダルを上がってきたのかわからないが
途中で抜いてきた男性3人組が到着。
アンザイレンしここを進んで行くようだ。
許可を得てしばらく眺めさせてもらった。


170204- (231)

170204- (235)
▲さて自分は撤退。
戻る途中で先程の男性パーティーを確認。
一人見えないので懸垂下降しているのかな?
この後少し見てたけどあまり動きは無かったようだ。


170204- (239)

170204- (241)
▲とりあえずその場所でパチリ。
それでは極楽平に戻り下ることにする。


170204- (249)
▲案内板のエビのしっぽを宝剣と一緒にパチリ。


170204- (282)
▲極楽平からの下り始めに影をパチリ。
足長おじさん。


170204- (290)
▲14:37 神社に到着&お参り <(_ _)>


170204- (293)
▲今日も活躍してくれたテルテル坊主君
ありがとう(o^∇^o)ノ

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。