Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日本訓練チャンピオン決定競技会
日時;2013.12.8
場所;愛知県岡崎市中央総合グラウンド多目的広場

年に一度自宅から30分以内に行ける会場での訓練競技会。
普段出陳している競技会の会場は3時間も4時間もかけて行き
とても万全とはいえない状態での出陳が常。

なのでこんなに有難い環境にある会場での競技会なので
諸手をあげて今年も申し込みしました。

がっ、、、、、、、
先般の記事通り、現在最悪状態真っ只中(ーー;)
五里霧中、後悔先に立たず、、というのはこんな時の言葉だろう。
いやはや 世の中何が起こるかわからない。

刻々と競技会の日が近づき
状況は全く改善されず悪化さえ感じる状況。

で、自分なりの選択肢は
①最悪な結果になることを承知で出陳する。
②とーーーーーーっても残念だけど棄権する。

の選択肢。
①は、、、有りかもしれないが得られるものが限りなく無い。
というより何より朱音自身にも今現在では良い結果に
繋がらないと推測される。
という事から②の『やっぱり棄権するしかないよな』と考えていたけど
母ちゃんが『自分と出たらどうなんだろう?』という意見あり。

なるほどそんな選択肢は思いつかなかった。。。
大体指導手変更が通用するかどうか可能かどうかわかんない。
普通は当然ダメな筈。
けれどもダメ元で一応主催元に問い合わせ、『一応変更依頼を出してみて』
と仰って頂けたので変更依頼を提出。

ただ近い会場なのでもったいないという意識からの
指導手変更依頼ではなく、
朱音の今の最悪状態の原因追及のためにも、この母ちゃんの提案に
のることにした。

で、その指導手変更依頼の返事を主催元から無いままに
先発隊で自分と茶祐で会場入り。
受付を自分が先に済ませ、朱音と母ちゃんは後からゆっくり会場入り
という作戦。

かなり早い時間に会場入りしたので
車中で受付開始時間の8時までひと眠りすることに。

最初は騒いでいた茶祐も車中のカーテンを閉め
布団に押し込むと直にぐっすり。
で自分もぐっすり眠り、携帯電話のメール着信音で目覚めると
9時もとっくに過ぎていて、慌てる慌てる\(;゜∇゜)/

で慌てて受付へ行って友達経由で確認してもらったら
指導手変更済みとの事で受付も無事して頂くことが出来ました。

無事指導手変更が出来たが、心配が無くなったわけではない。
何せ即席ペア。調整する時間も全く無しで会場へ。
131208- (9)
▲会場で少々練習しているのを遠巻きに確認。

母ちゃんとだったら上手く行くって保障はどこにもない。
しかし練習風景を見ると、今の自分と朱音で出陳するより確実に良さそうではあった。


さて母ちゃん・朱音ペアの出陳。
131208- (76)
出陳前のこんな一コマを見て、きっと上手く行くんじゃないかなって
思った朱音父だった。

ドキドキしつつ朱音の視界から絶対に見えないところから
撮影開始。
---------------------------------------------------------------
3部服従
警察犬種外・アマチュア
131208- (24)-1

①紐無脚側行進
131208-001-1.jpg
▲冷たい風が時折強く吹く中スタート。
131208-001-2.jpg
▲復路の途中何かを気にする朱音。
どうも横倒しにしてある防衛テントが気になるようだった。
朱音の集中力がちょっと、、、、だったが
今は無理に集中させるための手段をとらなくて良かったので
悪かったけれども良かった。
朱音のしっぽも往路の第1コーナーまでは少~し下がっているかな
って感じだったけど、以降はしっぽを振ったりして
案外楽しんでいる朱音に見えた。

②停座及び招呼
131208-002.jpg
▲停座は問題なかったが招呼で脚側へ付こうとした朱音だったが
脚側に付く前に正面停座へ付かせ直した母ちゃん。
これこれこれ。。。これが大事。
当然減点だろうけど本番で母ちゃんがこれをしてくれたことは
嬉しい誤算だった。

③伏臥及び招呼
▲伏臥は問題なし。
131208-003.jpg
招呼後の正面停座では確実な作業をさせるため、若干体符を入れた母ちゃん。
その選択もよかったと思う。
何より本番で大事な事の一つは、確実に正しい作業をさせることであると思うし
本番での悪さは本番で直すことが一番と考えている朱音父です。

④立止
131208-004.jpg
▲立止も成功。
朱音の元に戻ってからのスタート地点への戻りも
良い感じだった。

⑤物品持来
131208-005.jpg
▲良いんじゃないかな。楽しそうだったし。

⑥障害飛越
131208-006.jpg
▲飛越後母ちゃんが朱音の元に行く途中で
プルプルがあったけど立止姿勢を崩すことはなかった。

母ちゃん・朱音ペアの3部服従は無事終了。

結果;
点数98.2点の1席(2頭中)だったのでチャンピオンだった。
131208- (141)
結果的に競技会は無事に終わった。
その結果から今現在自分と朱音の問題が課目自体にあるのではなく
季節的な問題にあるわけでもなく、
残念ながら自分との関係性であることがほぼ判明した。

ある程度はそうではないかとは推定はしていたのだが
その推定は今回の朱音と母ちゃんの無事に終えることが出来た競技会結果から
残念ではあるが確信に変えざるを得ない。

その関係性の崩れも今のところ特定の課目で発生しているので
その特定の課目で自分と朱音間の関係性を崩す何かがあったと
かなりの確率で考えられる。

ということで状況は把握できたが
その原因はやはり記憶にないし思い当たらない。
もっともっと過去を振り返れば思い当たることばかりなのだが、、、、、、

なので的を得た関係改善方法というのは正直思いつかない。。。
兎にも角にも時間をかけてゆっくりやって行くしかないだろうな

スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/12/10 16:24] | # [ 編集 ]

鍵コメさま
鍵コメさま
暖かいコメント
深く感謝致します。ありがとうございます <(_ _)>

そうですね。
年齢的な事や季節的な事が直接原因ではなさそうという事が
判明しただけでもきっと進歩ですよね。

ここ1、2年前くらいまでは
今の自分の状態なんて想像もつきませんでした。
ある意味 一通りくらい大体の事を経験してきたつもりで
その経験してきた事による多少のスキルで
大体の事はこのスキルで短期間に修正できると考えていましたし
それに、これ以上新たな問題が勃発するのも
朱音との関係性に自信を持っていたので想定外でした。

まさか今更新たな問題に悩むとは、、、、、、
訓練って難しいなと再認識させられる今日この頃です。

悩んでしょぼくれていても仕方ないので
慌てずのんびり関係改善できるよう進んで行こうと思います。

あ、ある意味母ちゃんはチームあかねの総監督でもあるので
あかねも成長出来ているのだと思います。

暖かくなるころには復活できていたら嬉しいなぁ、、、
ありがとうございますっ!!(*^-^)ゞ 
[2013/12/11 01:34] URL | 管理人 #99DFA69w [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/12/11 07:10] | # [ 編集 ]

よかったです!
朱音ちゃんと同じ10歳のモネ&ジュレ。
やはり若いころとは違った悩みが出てきますよね……。

朱音ちゃんと同じように真面目な性格のジュレは、
本部展前はかなりのスランプで、棄権はもちろん、
引退も考えたほどでした。

順調に進んでいた選別でしたが、突然できなくなり、
無臭布からの自臭選別もできなくなり、
さらに台まで行かれなくなってしまったんです。
私がジュレを追い込んでしまったのが原因でした。

たくさんの試練を乗り越えてきた朱音ちゃんペアですから、
今回も大丈夫ですよ♪
2003年組、応援しています!!!
[2013/12/11 22:48] URL | モジュ #glGij2Vs [ 編集 ]

鍵コメ2さま
鍵コメ2さま
朱音と母ちゃんにおめでとうを
ありがとうございます。

朱音ペの状態が悪すぎるだけに
朱音と母ちゃんペアがどうなるか予想不可能でしたが
無事競技会を終えることが出来たことは幸いでした。

警察犬協会ならではのガウン、、、立派でしょ
サイズはこのワンサイズだけみたい?なので
小型犬だとこんな感じです(笑)。
競技会によってはガウン無しの競技会もあるようなので
有り難い限りです。
[2013/12/12 03:09] URL | 管理人 #99DFA69w [ 編集 ]

モジュさま
モジュさん
コメントどうもありがとうございます (o_ _)o))

おまけに自身の経験談も書いて下さり
どうもありがとうございます。

やっぱり年齢が低い頃とは違った悩みって
出てくるものなんですね。
状態の違いはあれど朱音だけに限って、、、、とは思ってはいませんが
なかなかそういう事って自主的に話したくないことですもんね。
それだけにモジュさんの経験談をありがたく思います。

同じ状態をキープするって難しいですね。。。
もちろん技術面ではなくメンタル面での事ですが
例えば同じ注意を年齢の低い頃にした時と比べると
年齢が高くなっていくにつれ、相棒犬がより繊細に受け止めてしまったりして
より響いてしまったりするんですかねぇ、、、、、、、

そのような傾向も小型犬とはいえ、ここ数年見受けられ始めている気がして
自分なりにも日常の訓練において特にそこら辺には
より敏感に気をつけてきたつもりでいただけに、
現在の朱音の特定課目での状態の最悪さに、
自分が情けないやら、、、、うそだろって信じたくないやら、、、
一体今まで何を訓練という手段で積み上げてきたのか、、、、、、、、

モジュさんは覚えておられるかわかりませんが
前記のようなこともあってオビセミナーの2日目の最後の最後で
質問時間を設けて頂いた時に、直接オビ3の事ではありませんでしたが
講師のFCIジャッジの先生に
『今現在10才の朱音のメンタルを強くするには』の
質問をさせてもらったんです。

そこ回答はとてもボクの期待していた回答とは全く違っていて
あの時はホントにがっかりしました。
けれども主目的はオビ3の事であっただけに、それとは逸脱している
ボクの質問に答えてくれただけでも感謝しなければいけないのかもしれません。

モジュさんの経験談でのジュレちゃんのスランプですが
ジュレちゃんを追い込んだ結果→スランプというのは
きっと今よりもっと年齢が低い時に同じ事をした時は
大丈夫だったのではないかと勝手に推測しています。
年をとってきたから、、、、ということを言い訳にしたくはないのですが
わんこの気持ち自身も、ある程度の年齢を過ぎてくると
踏ん張りが利かなくなってくるというか負けてしまうことがあるというか
そんな傾向にもあるのかなぁ????って。。。

もしそうだとすると
練習方法も変えて行く必要もあるのかもしれませんし
今まで以上にある意味配慮していかなければなりませんね。

まだボクと朱音とのスランプ脱出方法は未だ見えませんが
手探りでも進んでいくしかありません。

モジュさんの経験談
何か共感というか勇気というか元気というか
そんなものを感じさせてもらえました。ありがとうございますっ!!

2003年組 是非頑張りましょう p( `o´ )q オッス!






[2013/12/12 04:21] URL | 管理人 #99DFA69w [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。