Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山 お鉢巡り編
2014. 6.27
朱音と富士山に登り、無事富士山登頂。
その後、急に思い立ってお鉢巡りをすることにした俺。
というか数十分前に剣ヶ峰頂上で会った同年代くらいのおっちゃん?と喋ってて
この方がお鉢巡りをするって言ってたので
『ボクも後からいきま~す』なんて会話をしたこともあって
予定していなかったお鉢巡りをすることにした。
140627- (411-414)

この機会を逃したら次はいつになるかわからない。
140627- (441)
▲朱音にも相談。付き合ってくれるとの事。

折角頂上まで来たんだしねっ 
140627- (444)
▲13:23頃 出発(/*⌒-⌒)o ♪

後日ネットで調べると、お鉢巡りは時計回りが正規?らしい。
が、急に思いついたお鉢巡り、、、当然知らない。
今一 頂上からの時計回りルートがよくわかんなかったので
時計と逆回りの左回りにした。
▲お鉢巡りルート
富士山お鉢ルート2


先ずは頂上から馬の背を下って行く。
140627- (446)
▲見た目以上にかなり急な下り。
足元もそんなによくないので慎重に下って行く。
ガスもかかってきているがそのうち風で流れるだろう、、、、、(^-^;

140627- (447)
▲下り始めて6分後、馬の背を下りた辺り?でパチリ。

富士山お鉢ルート3
▲多分この辺りなのかなぁ、、、
かなりガスってきてホワイトアウト状態に近い。
どうしようかちょっと悩んだけど、ガスが抜けることを期待して
踏み跡を慎重かつ大胆(笑)に追いながら進むことにした。

140627- (449)
▲13:31 富士宮口頂上の浅間神社奥宮が見えてきた。

140627- (450)
▲その2分後に富士宮口頂上の浅間神社奥宮の裏側通過。
ガスも薄らいできた(^O^)

140627- (451)
▲あれに見えるは御殿場口頂上の鳥居かな?

140627- (452)
140627- (453)
富士山お鉢ルート4
▲馬の背下から富士宮口頂上の浅間神社奥宮までは、雪上の踏み跡を辿っていたら
お鉢巡りルートではないところを通ったみたいだけど、ここらでお鉢巡りルートに
乗ったっぽい。

140627- (462)
140627- (464)
140627- (469)
ガスは思った以上に抜けない。
それどころか弱めだけれども霙のような雨がぱらついてきた。

140627- (475)
140627- (476)
140627- (477)
富士山お鉢ルート5
▲13:52頃 須走下山口の標識着。
雪上を歩く場面もあり若干踏み跡が薄かったところもあったが
とりあえず半分くらいは来たのだろう。
とはいえ一向に消えないガス、、、、、、
今思うに お鉢巡りをしている意味は無いじゃん、、、、、、、見えねーし、、、

140627- (479)
富士山お鉢ルート6
▲そのまま右手側に須走下山口を見ながら進もうとしたら崖(笑)。
流石にこれはお鉢巡りルートじゃないわな~
140627- (476-2)
▲なので若干戻って軌道修正。

140627- (481)
140627- (483)
富士山お鉢ルート7
▲14:01 久須志神社着。
写真だけ軽く撮って出発。

140627- (486)
140627- (487)
140627- (488)
▲14:07 久須志神社から200m、剣ヶ峰まであと1km地点の標識着。
そのままスルー。

140627- (489)
▲14:13 久須志神社から400m、剣ヶ峰まであと800m地点の標識着。
140627- (491-3)
140627- (493)
▲一旦ここで頑張って歩いている朱音のおやつタイム休憩。
けれどもガスが濃くなり始めたっぽいので早々に出発。

さっきの標識から出発して数分後には雪道。
おまけに雪上の踏み跡も折からの霙混じりの雨で見えなくなってきている。
更にガスも濃くなってきてルートがわからなくなってしまった。
富士山お鉢ルート8
▲後日 地形図と合わせて調べると、久須志岳付近でまよったのではないかと考えられる。
この時、山と高原地図、高度計、コンパスは持っていたけど地形図は持っていなかったので
具体的な迷った場所は推定箇所。

左手側に山、右手側が谷な場所で格闘することとなった。
踏み跡らしき跡が山の上の方(角度で20~25°くらい)の雪上の先にチラリと見えた岩に
続いてるっぽかったので、朱音を抱っこバックに入れ
自分の両手両足をざらざらっぽくて刺さりにくい雪面に突き刺しながら直登するも、
上手く刺さらなかったりして滑ったりしつつ直登を一旦諦め
登ってきた斜面を撮影↓↓
140627- (495)
『あーあ お鉢巡りなんてしなきゃよかった』と後悔したがもう遅い。
今はこの推定20~25°の斜面をどう登るかだ。
結局は斜めにジグザグに登ることにしたけど、ガスで視界3mくらいだった。

何とか根性入れて登って辿り着いた岩。
140627- (496)
▲14:33 取り敢えずは岩まで辿り着いたものの、この先どうするか思案。
霙混じりの雨は止まないし、視界は5mくらいだろうか。
このまま先に進もうか、はたまた戻ろうか、、、
それともガスが抜けるのを待ってみた方がいいのか?
最悪この場所でビバークも視野にいれておかなければと思いつつも
携帯も当然ながら圏外。母ちゃんにビバークするって連絡のしようもない。。。。。

さっきの標識から判断するに、お鉢巡りの半分強は来ていることは判断できたので
距離的には進んだ方が短いはず。。。

結局自分での選択肢は2つ。
ビバークは構わないけど母ちゃんに捜索願を出されても困るから、これは無し。
ガスが晴れるのを待つのも更なる天候悪化が考えられるので無し。
先に進むか 戻るか、、、

140627- (497)
▲基本自分の中で撤退はないので先に進むことに。
けれども先を確認するもの、その先のルートが全く見えないし踏み跡が全く見えない。。。
ルートが合っているのかどうかさえ怪しい。。。

撤退

これより先に進むのは危険と判断。
兎にも角にも退却~~~。

140627- (498)
▲14:44 斜面を滑り降りたりして来る道中には見なかった
剣ヶ峰まで0.5km、久須志神社まで0.7km地点まで戻ってきた。
不思議なことに、往路で通った久須志神社を戻る道中に通った記憶無し。。。

この後、結局視界の悪さから富士宮下山口を通り越しているのか
それともまだ通り越していないのかわからないまま踏み跡を辿っていく。

自分の通っているルート上の山側の約30~40mくらいの先の上ところに
ガスの合間から何か人工物が見え、更に人の声っぽいものが聞こえた。

斜度20°くらいは楽にある雪の山道を両手両足を必死で使いながら登る。
途中で休憩したい気持ちになりながらも、『休憩なんかしてる場合じゃねーぞ』と
もう一人の自分が言っているので、斜面をそのまま直登。
登りきる手前で左へトラバースした先は
140627- (501)
140627- (502)
剣ヶ峰山頂だった。時間は15:02のことだった。
2度目の山頂では当然こんな時間に人は誰もいなかった。
聞こえたと思われる人の声も空耳と考えられる。

身なりを整え、朱音におやつ・水をあげつつ
早々に下山。
ヘッデンは携帯しているけど出来れば日のあるうちに下山したい。
140627- (505)
▲15:12 頂上富士館/浅間大社奥宮到着。
写真だけ撮って下山

140627- (512)-3
15:57 万年雪山荘に到着。。。
以降はブログに書いた通りに下山。

それにしても 長~い 一日だった。
いつかお鉢巡りはリベンジしよう!!


スポンサーサイト

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。