Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶祐誕生日祝い企画(一家でわんゲル・谷川岳登山編)
7/29は茶祐の12回目の誕生日。

少し早いけど茶祐の誕生日お祝い企画として
茶祐の“冒険ノート”のページを増やしてあげるべく
趣味も兼ねて一家でわんゲル+宿泊を計画。

あくまでも第一目的は
“茶祐の冒険ノート”のページ増量である。

7/25 午後10時半頃 自宅出発。
東名→新東名→圏央道→関越で、車中泊目的である群馬県の赤木高原SAに到着したのが
7/26 AM4時頃。

約2時間睡眠後、仕度をして出発。
水上IC を出て谷川岳ロープウェイ乗り場へ。

そう
茶祐の“冒険ノート”のページを増やす企画として
谷川岳登山を計画。

かなりブログ管理人の趣味が入っているけど
決して茶祐も嫌いではないはず。
140726- (4)

140726- (6)
8時10分頃 土合口駅到着(746m)。
ロープウェイ乗車。

わんこはキャリーバッグに入れればOK。
1頭あたり往復で消費税込み¥510×2=¥1020
人間は一人あたり消費税込み¥2060×2=¥4120。
キャリーバッグに入れれば乗車できるなんて、ありがたい限りです。
140726- (7)

140726- (9)
約15分後、天神平駅(1319m)に到着。

ここでキャリーバッグを畳みコインロッカーに、、、、と思ったけど
降りた付近には見当たらず。。。
駅隣のレストラン内にコインロッカーがあることを教えてもらい
そこにキャリーバッグを預けて いざ出発。

140726- (16)

140726- (19)
8:45頃 先ずは天神尾根を目指して出発。

140726- (25)

140726- (27)
茶祐も朱音も張り切ってる~~

140726- (30)
茶祐も母ちゃんと一緒に歩いて頑張るんだ~と思った矢先、、、

140726- (31)
『あれ???遅れ出してるんじゃね???』と思ってたら

140726- (32)
8:50頃 抱っこを要求する茶祐。
ちょっと早ぇんじゃね?????
まっ 茶祐の誕生日お祝い企画だし ま、いっか。。。

140726- (35)
朱音はしっぽフリフリで山登り。

140726- (38)

140726- (42)
8:53頃、土の地面に木製?の階段がプラス。
歩きやすさ 抜群!!
整備してくれてる方々に感謝ですね。

140726- (56)
9時頃 天神尾根着。
熊沢穴小屋まで1.7km。

140726- (64)

140726- (70)
それにしても暑かったこの日。
曇り時々晴れって感じだったけど、
風もなく 蒸し暑いったらそりゃもう汗ダラダラ
さすがにわんゲル好きの朱音もこの蒸し暑さにはバテ気味。。。

140726- (76-1)
そんな暑さの中、谷川岳山頂(多分オキの耳)まで3.3km地点に到着。

140726- (82)

140726- (85-1)

140726- (96)
かなり整備されている登山道。
ありがたいありがたい

140726- (99)

140726- (100)

140726- (101)
徐々に現れてきた岩場。

不撓不屈を座右の銘としている管理人。
けれども朱音の根性たるや 見上げたものである。
自分の見えない高さの岩場でも根性で登っていくその根性は
朱音こそ不撓不屈の精神の持ち主かも。

140726- (104)
9:30頃 第一?クサリ場到着。

140726- (112)
クサリを使わなくても大丈夫だけれども、慎重に歩いていく。

140726- (125)
9:40頃 熊沢穴小屋着。

140726- (134)
水分補給休憩。

140726- (130-2)
天神平駅から肩の小屋までの半分くらいは来たのかな。
それにしても蒸し暑いったらたまらない。
上から下から前から後ろまで既に汗でびっちゃびちゃ。。。。。

9時55分頃 出発。
140726- (140)

140726- (149)

140726- (170)

140726- (174)

140726- (175)
岩場の登りの連続。
三点支持は確実に出来ている朱音

140726- (187)

140726- (192)

140726- (198)
まだまだ岩は続く。

140726- (208)

140726- (210)

140726- (213)

140726- (216)
ひとしきり登った10:15頃 一旦休憩。

140726- (227)

140726- (232)
バッグインの茶祐も一旦バッグから出て

140726- (247)
現在地は赤線と黄緑線の交点付近。

140726- (251)
それにしても、さすが有名な山だけあって人の数の多いこと。。。

140726- (264)
岩場も そろそろ終わりかなぁ、、なんて思ってたけど

140726- (267)
まだまだ続くよロッケンロール

140726- (284)
岩場を登ったら

140726- (302)
今度はまた整備された木の道。
整備してくれてるお陰で楽に登れるんだよな。

140726- (306)

140726- (307)
疲れの出てきた朱音には この高さがちょっと辛くなってきたかな?
根性で頑張れ!!

140726- (309)

140726- (311)

140726- (317)

140726- (321)

140726- (329)
11時半頃 標高約1750m地点にて休憩。

140726- (330)
11時50分頃 出発。

140726- (333)

140726- (336)

140726- (344)

140726- (351)

140726- (353)
12時5分頃 日本三大急登の一つである西黒尾根道との合流地点に到着。
程なくして肩の小屋到着。昼食タイム。

140726- (360)
昼食後ゆっくり休憩後の13時15分頃、肩の小屋を出発。

140726- (362)

140726- (367)
13時20分頃 トマノ耳到着。
頂上は人で込んでいたのでスルーし、オキの耳に向けて出発。

140726- (380-1) (2)
トンボの種類はわかんないけどトンボがいっぱい。

140726- (376-1) (2)

140726- (376-1) (1)

140726- (380-1) (1)
頑張って登った先は

140726- (381)

140726- (392)
崖から絶景が望めました。

140726- (394)
ここでは少しだけ写真を撮って、直に出発。

140726- (398)

140726- (411)
13時50分頃、オキの耳に到着。

140726- (418)

140726- (421)

140726- (428)

140726- (438)

140726- (464)

140726- (475)

140726- (476)

140726- (488)
14:55頃、散々景色を楽しんで休憩した後は
トマの耳に向けて出発。

140726- (500)

140726- (504)

140726- (506)

140726- (511)
14:50頃 トマの耳に到着。
オキの耳でもその傾向があったが、
朱音が右前足を地面に付けたがらないのが心配。

140726- (523)
ここでは余り長くおらず、早めに写真を撮って下山。

というのもロープウェイの最終が16:50らしい、、、

てっきり18時くらいまではやっていると思っていたのに、、、、、、

約10分後の15時頃 下山開始。

140726- (537)

140726- (538)

140726- (539)
約5分後の15時5分頃、肩の小屋到着。
時間が無いのでスルー。

140726- (547)
天神ザンゲ岩

140726- (549)

140726- (550)

140726- (557)
天狗の留まり場
140726- (561)

140726- (565)

140726- (569)

140726- (571)

140726- (576)
16:25頃 熊沢穴小屋着。
行きはロープウェイを降りてから この小屋まで約1時間。
ということは、、、ロープウェイの最終はかなりやばいんじゃ、、、、、、

兎にも角にも休憩せずにひたすら歩く。
というより歩きながら休憩し歩く!!!???

140726- (587)
何とか最終のロープウェイに間に合って
駐車場まで戻ってくることが出来た。

これもどうやらこの日の登山者が多かったのが
幸いしているようだった。

もし、間に合わなかったら
往復のきっぷを買っていたからそれが無駄になるだけじゃなく
コインロッカーに預けたケージを次の日に取りにくる必要があるだけじゃなく
約2時間弱の下山時間がプラスされていた、、、、、、、。

いやぁ、、、、、、マジ間に合って良かったよぉ、、、、

それにしても
谷川岳って本当に良い山だった。
機会があったらまた登りたい山の一つになった。

これで茶祐誕生日企画第一弾の終了~~

下りはずっと肩に乗って下山した茶祐。
これはこれで茶祐の冒険ノートに
何かしら頁の足しになってくれると嬉しいな


さっ 宿に行って茶祐誕生日企画第二弾にしようぜっ!!







スポンサーサイト


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/08/08 22:47] | # [ 編集 ]

鍵コメさま
鍵コメさま
お久しぶり~v-411
コメント&さすけにおめでとうをありがとう~

元々山登りは自分のダイエット目的が主目的だったんだけど
朱音も一緒に連れてってホントに楽しそうに山登りするので
可能そうなら一緒に連れてっています。
これからの季節はダニ等の心配があるので
秋くらいまでは朱音とのわんゲルはお休みかな、、、

山はもちろん楽しいばかりじゃなくて
登り始めなんかはキツかったりして
息はゼイゼイハアハア、足はパンパンになったりして
『何で登っちゃったんだろう?』とか思ったりするんだよね。
でも、登ってる途中で見えたりする景色や すーーーっと通ったりする風、
山のニオイや鳥の声、沢の流れる音なんかを聞いたり感じたり
朱音の頑張る姿を見たりして苦労しながら山頂に着くと、
それはそれはよかったなぁ~~って。。。

山によっては山頂から全く景色は望めなかったりもするんだけど
それでも達成感を朱音や家族と共有できることに
喜びを感じたりしています。

山って登りもあれば下りもあるじゃん
汗をダラダラ流しながら登ったりしながら登りのキツさに負けそうになったり
下りは楽かと思いきや下りはもっと大変だったりして足を滑らせたりして
尻からドーーーーーンとかして痛い思いもしょっちゅうするんだけど、、、、、
そんなところに人生を感じたりしてやめられないんだよね~(笑)

山は朱音が喜んで歩くから、どうしても朱音が優先になっちゃうんだけど
地元の山なんかに今後登る時は、3回に1回くらい(?)は
茶祐を連れて行ってあげたいなぁ~~なんて思っています。

でも基本茶祐はそんなにと言うか朱音からすると全くと言うか
歩かないからさぁ、、、、、、、(爆)
それでもそんな茶祐に 茶祐の冒険ノートのページを
増やしてあげたいんだ。。。


話 変わりますけどみんな元気にしてますか?
兎にも角にも元気そうなので安心しました。
よかったら気にせずいつでもe-507でもe-513でも
下さいね~~e-466





[2014/08/10 03:43] URL | 管理人 #99DFA69w [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。