Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の本部展(本番編)
日時:2014.11.1
場所:江戸川河川敷

今回の出陳クラスは第20部オビディエンス3のみ。
前記事の通り、諸般の事情により1年ぶりの出陳である。
141101- (29)

今回は出陳数が多い(29頭)ので競技スタイルが通常と異なるようだ。
通常は1リンクで団体課目の後、個人の課目を2課目目から10課目目まで
順に行うのであるが、今回はリンクが2リンク。
141101- (6)
▲第1リンク

141101- (5)
▲第2リンク

団体課目だけ先にそれぞれのリンクで1課目ずつ行い、全部の組が先に行ってから
個人の課目を4課目ずつ決まった順でそれぞれのリンクで行うらしい。
また当然ながらそれぞれのリンクに、スチュワード・審査員がいるようだ。

8時45分頃、第1リンクで1種目目の課目2:妨害を受けながらの、犬から見えない場所に隠れての
4分間の伏臥のスタート。
天気は雨。。。ちっくしょ~~ 雨だよ。。。
141101-001-1.jpg
どうせならせめて天気くらいは晴れて欲しかったよな、、、全く、、、

141101-001-2.jpg
スチュワードが妨害をした、、、までは伏臥していたようだ。

141101-001-3.jpg
が、妨害が終わって朱音の付近を通り過ぎた後、突然立ってしまった朱音。
はい チーン0点決定。

141101-001-4.jpg
その後、きょろきょろしながら前方へ動いてしまった朱音。
後でビデオで確認すると、どうも自分を探してるっぽい感じだった。

次は第2リンクに移り2種目目の課目1:犬から見えない場所に隠れての2分間の停座。
141101-002-1.jpg
最初は頑張っていたようだが

141101-002-2.jpg
約1分30秒経過後、立ってしまった。

141101-002-3.jpg
朱音の元に行った時、寒さから体が震えていた朱音。
もう少しだっただけに残念。
日常の単独練習ではまず問題ない課目だったけど、複数での練習などは
無所属の朱音には無縁の世界。
けれどもそんな複数での練習が出来ないからこの課目を失敗したと自分は考えない。
絶対的な安心感を朱音に与え切れなかった自分に要因ありと考える。
複数だろうが単独だろうが朱音には関係なし。
雨で寒かったのも失敗要因の少ない理由の1つではあると思われる。
それにしても2種目連続0点か。。。というか
元からの不安要素に加えての天気の悪さは残念すぎ。。。

続きの種目は12:41~の予定の朱音。
その1時間前くらいまでは車中のハウス内で休ませておくことに。

で、他の人の競技を見たり、久しぶりに会う人としゃべったりして過ごして
余裕ぶっこいていた自分。
何気に今 自分が見ている競技者のゼッケンを見ると、自分の二人前。
『えっ、、、、マジ、、、』時計を見ても朱音の予定時間より1時間以上前。
『何、何、何?????』朱音の順番前に審査員の昼休憩でも???と思ったが
そうではなさそう。
慌てて車からオビ道具を出し、朱音をハウスから連れ出し河川敷の隅の方で
少しだけ練習したら、もう順番。
予定時間12:41~の1時間以上も前に出陳となり、全て予定外で計算外。
ボケッと競技を見ていた自分が恨めしい。。。

兎にも角にも第1リンクへ。もう順番だ。
141101-003-1.jpg
折からの雨は一旦止んだ時間帯もあったが、朱音の始まる頃には
残念ながらまた雨が降ってきた。
いい加減ツイてない
このリンクでは課目8、5、6、3の順で行われるようだ。
先ずは3種目目の課目8:障害飛越を伴う金属物品の持来。
141101-003-2.jpg
最終的には一応持来して戻ったが、スムーズに持来しなかったり余分な声符をしたりで0点。

4種目目は課目5:立止と伏臥を伴う招呼。
この課目練習は日頃全くしていない。
それは犬が止まる場所を理解してしまいスピードが遅くなってしまったりする、、、というのも理由。
最初の立止で失敗する確立が高いのも理由の一つ。
141101-004-1.jpg
対面して

141101-004-2.jpg
招呼~立止位置で『マテ!!』
ダッシュも良かった。立止で停止もバッチリ。

141101-004-3.jpg
続いてまた招呼~伏臥位置で『フセ!!』。
これもバッチリだった。

141101-004-4.jpg
雨のおかげもあってこの課目は抜群の出来の朱音だった。9.5点

5種目目は課目6:方向転換を伴う送り出し、伏臥及び招呼。
練習では当然出来るこの課目。しかし何故か本番で出来ないこの課目。
141101- (8)
朝、現地に到着時に朱音に『ボックスはあそこだよ~』と教えておいたんだけど、、、(笑)

141101-005-1.jpg
結局はボックス方向自体に行けず、それ以上やってもムダと自分なりに判断したので
途中で審査の先生に『もういいです』と。
この課目の失敗理由の推定理由の一つは、本目的とは違うかもしれないけど
立止コーンからボックス間にもしかしたら起伏があり、朱音の体高ではボックスを確認することが
出来なかったかも、、、というのが言い訳かなぁ、、、、、

6種目目は課目3の紐無脚側行進。
いよいよ来てしまったこの課目。
逃げる確率は未知数。条件は天気も雨だしかなり良くない。
この課目でもし脱走されたら、もう訓練競技会は引退させる心づもりだった。
141101-006-1.jpg
冷や汗もんで紐無脚側スタート。

141101-006-2.jpg
特に鬼門の速歩。
急に朱音が止まり、睨み合いの末に脱走というトラウマが頭を駆け巡ったが
脱走する様子は全く無かった。

141101-006-3.jpg
全く無かったどころか、脚側としては自分の満足いくレベルだった。
顔も上がってるし付き具合も良い。ボクの好きな朱音の脚側行進だ。
大満足で終われたこの課目。点数としては7.5だった。
朱音の悪さではなく、自分の悪さ(ボクの動きが速く、調和が・・)という指摘を頂いた。
これは審査の先生の仰る通りだし、今回は特に故意にそうしている。
速歩や緩歩、常歩は犬の速度がその速さだよ、、と改めて審査の先生から教えて頂いたが
ボクの動きに特に今回は合わさせているので仕方なし。
自分的には10点満点だった。

第1リンクはこれで終了。
引き続き隣の第2リンクで7種目目からスタート。
雨は相変わらず降っている。
7種目目は課目10:遠隔操作。
141101-007-1.jpg
対面伏臥姿勢から立止→停座→伏臥→立止→停座→伏臥と姿勢変更。

141101-007-2.jpg
指示した姿勢の失敗は無かったけど、0点。
体一つ分以上の移動量のためである。残念だけど仕方ないな。

8種目目は課目9の嗅覚による最大6個の物品選別。
練習では成功する確率の高い朱音だけど、本番では失敗することも多い朱音。
最近といっても1年前以前であるが、本番での失敗率高し。
141101-008-1.jpg
さて今回は、、、

141101-008-2.jpg
一番右から嗅ぎ始め左隣、また左隣と嗅ぎ、そのまま右から3番目を持来した。
一応正解だった。8点。

9種目目は課目7の方向転換を伴う持来。
141101-009-1.jpg
引いた方向は右。
何故か本番で自分が引く方向は右が多いような気がする。
141101-009-2.jpg
立止コーンから

141101-009-3.jpg
右ダンベルへは一直線に向かった朱音。

141101-009-4.jpg
けれども咥え上げるのに躊躇があった。
自分が思うに、きっと朱音はダンベルをみた瞬間に『でかっ!!』っと
思ったに違いないと推測。

141101-009-5.jpg
それでも、でかいダンベルを持来した朱音。

141101-009-6.jpg
実際この大きさはでかいんちゃう???
これで一番小さいサイズらしい。。でかすぎだろ(笑)
8点。

最後の10種目目は課目4の行進中の立止、停座及び伏臥。
141101-010-1.jpg
立止

141101-010-2.jpg
停座

141101-010-3.jpg
伏臥と姿勢自体の失敗は無かった。8点。

最終的な点数は132.5点と笑っちゃうくらい今までで多分一番悪い点数。
席次は28頭中24席。ビリじゃなかったのがある意味奇跡(爆)
141101- (19)
今回の出陳は点数や席次はどうでも良い競技会。
この一年、朱音の心のリハビリに取り組んだ結果の成果を確認する競技会だった。
その点ではまだまだ完全ではないが、自分なりに取り組んできたリハビリ内容は
間違っていなかったことが確認できて嬉しかった。

今回も?朱音がオビ3出陳犬の中で一番最高年齢だったが、体力的に今現在考えるに
まだまだ頑張れそうな朱音だった。

次に訓練競技会に出るとしても半年以降になると思うが
自分なりに朱音とオビディエンスを楽しみながら練習しつつ、山ごもりもしようと思う(笑)。
今回は点数や席次こそ悪かったが、楽しかった競技会だった。

朱音の競技時はずっと雨だったけど、よーーーく頑張ってくれた朱音。
本当にありがとう。
今回ほど一緒に競技できる喜びを感じられる競技会はなかった。

兎にも角にも脱走されずによかった

一年前の あの今まで経験したことのない朱音の最悪状態時には
今日の姿を想像することはできなかったけど、
俺たちなら いつかは必ず復活できるって信じていたよ。

だから例え今そういった状況で悩んでいる人も
その子のベストを考えて取り組んでいれば、
いつかは好転できるって思う。
ただ、その日を信じて取り組むっきゃないよなっ

今、悩んでいる人、
頑張れっ!!
スポンサーサイト

テーマ:ドッグスポーツ・警察犬・救助犬など訓練関係 - ジャンル:ペット


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/11/07 14:23] | # [ 編集 ]

鍵コメさま
鍵コメさま
お久しぶりです。
コメント どうもありがとうございます。

流石に今回の問題は正直参りました。
兆候は過去に無かったこともありませんが
競技会本番で逃げ出されたことは、かなり参りました。
かなり参ったどころか もうどうしていいやら お先真っ暗で
どうもこうもあったもんじゃありませんでした。

競技会本番で走り回ってしまう子を見ることは
たまにはありますが、それらは環境の違いにより
開放感だったりすると思うのですが、脱走してしまった朱音のように
競技自体を望まず脱走してしまう子も少ないんじゃないのかな、、、と。

まさか朱音に限ってこんな風になってしまうなんて
思いもしませんでしたし考えもしませんでした。
それだけに今回のこの朱音の問題解決をするにあたり
そのスキルを持ち合わせていない自分だけに、どこから手をつけて
いいのかもわかりませんでしたし、一体全体どうしていいのやらでした。

結局、原因解決をしなければ対策もできないと自分では考えており
先ずはその原因を掴むことからだったのですが
今回の朱音の場合、原因が一つだけではなく複数あったのではと考えています。
もう少し詳しく言うと、脱走してしまった理由は1つなのかもしれませんが
そこに至るには複数の要因があるのでは、、、と考えています。

まだまだ完全に復活したなどと考えていません。
きっと完全復活は出来ないと考えています。
そこが自分の考える複数の原因の中の1つである
年齢によるところもあるんじゃないかな、、、って。


ずっと頑張ってきてくれている朱音です。
これからも競技会に出ようとすれば
今までの競技会に出ている目的自身を変えていく必要性を
感じています。

朱音が競技会に出始めた頃に競技会で見たり 
ご一緒したりした子は、その殆どの子を今現在現役で見ることはありません。
それだけに今現在一緒に頑張ってくれる朱音に感謝しつつも
どれだけの力を引き出してあげれるのか、、、、、、、

色々難問ですわ(笑)。


ただこれからは、どこまで一緒にやれるかわかりませんが
少しでも朱音が楽しい気持ちで臨んでくれるよう
そこに重きをおいて取り組んでいこうと思っています。

[2014/11/10 03:11] URL | 管理人 #99DFA69w [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。