Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ちゃんとワンゲル(唐松岳)
15.5.1
母ちゃんと山登り。
場所は白馬の唐松岳。茶祐と朱音は留守番。

自宅を3時?くらいに出発。
長野自動車道の豊科ICで下りて下道で
八方尾根を目指します。

途中青木湖付近を通った時、カメラで何かを
撮影している十数人。
野次馬根性丸出しで自分も付近に車を停め
カメラを持って皆さんが撮影している場所へ。
皆さんが撮っているのは構図とかは違えどこんな風景でした↓↓
150501- (3)
朝6:30頃のことでした。

再び車に戻り一路八方尾根へ。
6時半くらいだったかゴンドラリフト下の
無料駐車場へギリギリ残り1台分あって、そこに駐車。

ゴンドラスタートは8時と思っていて
7時半過ぎに乗り場へ行ったらゴンドラが既に動いていていました。
150501- (10)

唐松岳に登る方法の1つとして
ゴンドラ、リフトを利用する方法があり、今回はその方法.で
唐松岳を目指しました。
150501- (12)
ゴンドラリフト『アダム』

150501- (22)
クワッドリフト『アルペン』

150501- (38)
クワッドリフト『グラート』

150501- (41)
グラートクワッドリフトの営業終了時間は16:00。
時間の余裕はそんなにありません。

150501- (42)
八方池山荘前からスタート。

150501- (52)
歩き始めは雪も無いこの岩ゴロゴロから。

150501- (61)
次は木道

150501- (78)
八方山ケルン

150501- (84)

150501- (98)

150501- (102)
八方ケルン

150501- (113)

150501- (116)

150501- (122)
第3ケルン

150501- (130)

150501- (137)

150501- (175)
ここから登りが少しキツくなりそう+雪が続きそうで
アイゼン装着する方多し。

150501- (182)
150501- (184)
我が家もアイゼンを装着し登って行く。

150501- (192)
右は雪のないルート、左は残雪ルートで左から。

150501- (196)

150501- (206)

150501- (210)

150501- (226)

150501- (238)
丸山ケルン。

150501- (256)

150501- (260)
こんな所にまでカメムシがっ!!
恐るべしカメムシの生命力

150501- (274)

150501- (276)
この辺りを歩いている時、進行方向右側から雪崩音!!
指先辺りで雪崩たっぽい。

150501- (300)
この自撮写真を撮った後、カメラを回収するのに横着し
ピッケルを使って回収。

150501- (309)
そうしたら思った以上の反動で、ピック側で左目上辺りの眉毛上を
写真のような感じで刺してしまった。

KIMG2412.jpg
すると何か目の上が暑いなぁと思っていたら
血が出てた(笑)。
目を刺さずにセーフ!!
俺って何て運が良いんだろう

KIMG2424-1.jpg
急遽バンドエイドタイムのついでに
絶景をバックにパチリ。

150501- (325)

150501- (339)

150501- (343)
その後しばらく歩き、唐松岳頂上山荘の真上に到着。
一旦山荘に行くことに。

150501- (349)

150501- (350)
12:25頃 唐松岳頂上山荘到着。
時間的余裕がないために、母ちゃんにはここで待機・休憩していてもらい
ザックをデポし自分だけで唐松岳まで行くことにした。

150501- (352)
150501- (353)
12:30 唐松岳頂上に向け出発。

150501- (361)
150501- (367)
12:40 唐松岳頂上到着。

[広告] VPS

唐松岳頂上からの景色

150501- (369)

150501- (373)-1
三角点にタッチ。

150501- (375)
時間の経つのを忘れてしまいそうになります。

150501- (386)
12:51 唐松岳頂上山荘に戻ります。

150501- (390)
150501- (404)
13:01頃 唐松岳頂上山荘に到着。

150501- (413)
13:19 慌てて昼飯を食べた後、下山開始。
時間的には予定を少し遅れ気味。

150501- (417)

150501- (431)
白馬岳方面でヘリ。
朝も時々飛んでいたみたいだけど、捜索??荷上げ???

150501- (451)

150501- (476)
こんな絶景の中の山歩きは最高!

150501- (492)

[広告] VPS

雪が緩んでアイゼンがザクザク刺さって、
歩くのが楽しすぎ~~
楽しすぎるのでつい走ってしまいます。

150501- (517)
本来のルートはもっと右から巻いて行くようだけど
時間短縮のため少し急なここを下りて行きます。

150501- (522)
すると後ろを歩いていた母ちゃん、
一応滑り易いことを促しましたが滑ってしまい、僕の横を通り過ぎ
約5,60m滑り落ちてしまいました。

雪が柔らかい事と地形状況から
安全に停止出来ることは分かっていましたが
怪我が無くて幸いでした。
この場合、この雪質で無理に姿勢を変えなかったのが
怪我が無かった理由と判断される。
アイスバーン状態だったら違う対応が必要で
雪質に応じた対応が必要と改めて再認識。

決してわざと助けなかったわけではありません(笑)。
150501- (526)
下から母ちゃんが足を滑らせてしまったところを確認。

150501- (541)

150501- (547)
14:58頃 第3ケルン到着。
っこまでは順調だったけど、

150501- (549)
この先で道間違い。。。
本当は真っ直ぐだったけど、左にある木道に行ってしまった。

150501- (554)
15:02 木道はそんなに長くなく下りてきたけれど、、、

150501- (559)
その先に踏み跡が見当たらない。。。。。
おかしい???

150501- (561)
一旦木道を上に上がったり地図確認したりして
15:18 正規ルートに復帰。
けれどこのタイムロスは痛い。。。

150501- (564)

150501- (577)

150501- (588)
その後、このタイムロスのため更に急ぐ必要となってしまったが、
リフトに間に合わないと歩いて下りなければいけない。
往復券を購入していることもあるし、それだけは避けたいので急ぐ急ぐ。。。

150501- (597)
15:51 リフト乗り場到着。セーフでした。

KIMG2561.jpg
今回ちょっとしたハプニングはあったものの
無事に下山出来、山の神様に感謝です。

母ちゃんもおつかれさま~。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。