Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ちゃんとワンゲル(焼岳)
15.8.1
母ちゃんと焼岳登山のため沢渡駐車場へ。
5:10始発のバスに乗ろうと数十分前にバス停へ向かおうとすると
タクシーの呼び込みが。。。。。。
どうやらお客さんが乗り合わせる人を探しているらしい。

乗り合わせで行けばバス代と変わらないので
乗り合わせて行く事に。

帝国ホテル前で降りて登山準備。
KIMG4258-1.jpg

KIMG4259.jpg
5:20頃 ゲート横から出発。

150801- (4)
天気は晴れ。

150801- (18)
田代橋、穂高橋を渡り、突き当たり付近が西穂への登山口。
ここに設置されている登山ポストに計画書を投函し
左折して林道を焼岳登山口に向かう。
150801- (23)
150801- (24)
しばらく歩くと焼岳登山口到着。熊注意らしい。
熊ベルを鳴らしながら登山口を進む。

150801- (26)
150801- (28)
150801- (45)
森林歩きもまだ朝のためか虫も殆どおらず快適快適。
風も通るし気持ち良し。

150801- (58)
150801- (83)
150801- (86)
登るルートは急な登りもなく楽々です。

150801- (89)
150801- (95)
150801- (99)
案外梯子が多いのかな。

150801- (112)
道は整備されていて歩きやすい。

150801- (126)
また梯子。
奥の梯子は約10mで角度が80°だったかな。

150801- (130)-1
殆ど垂直に上がる感覚。
今ひとつ信用置けない感じ。

150801- (132)-1
それに10mって結構長い。

150801- (136)
梯子を上から。
怖っ!!

150801- (138)
鎖場。

150801- (142)
あれが今回登る予定の焼岳。

150801- (158)
8時10分過ぎ 焼岳小屋到着。
水分補給+トイレ休憩。

150801- (162)
約10分後、出発。

150801- (176)
見えている先の山は笠ヶ岳方面かな。

150801- (212)
途中の岩にて笠ヶ岳をバックに。

150801- (218)
反対側を見ると大正池。

150801- (221)
さっ 焼岳に行きますよ。

150801- (233)
岩陰の穴からは煙というか水蒸気。
硫黄臭がします。

150801- (256)-1
落石等の可能性があることを示した標識。

150801- (258)
ここからは万一に備えヘルメットを被って登ります。

150801- (278)
途中で会った単独行のお姉さん。
焼岳に登り西穂山荘へ行くらしい。
最近は女性の単独行も多いっぽい。大したものですね~。

150801- (282)

150801- (302)

150801- (316)

150801- (331)
10時頃 焼岳北峰に到着。
頂上直下付近はザレた所があって少し神経を使いました。

150801- (333)
南峰と旧火口湖の正賀池かな。

150801- (355)
150801- (363)
北峰端の岩にて。

KIMG4394.jpg
山頂では早めの昼飯。
槍ヶ岳をツンツン。

150801- (371)
11時10分前に下山開始。

150801- (391)
山頂直下は滑り易い所が多く、かなり気を使いました。
登り時はまだしも下りは要注意。

150801- (433)
中尾温泉方向との分岐点まで下って来た時、付近にいた男性から
どこから下るか尋ねられた。

150801- (431)-1
というのも数分前まであの岩付近に大人の熊がいたらしく
中尾温泉方向に行ったらしい。
この男性は中尾温泉から下るらしく、そちらから下る人を探し
一緒に下りたいらしい。
我が家がここに降りてきたときは既に熊の姿は無く
辺りを確認しても姿は無かった。
我々は上高地方向に下るので男性の無事を祈りつつ下山。

150801- (445)
また焼岳小屋で休憩。
小屋の方に聞くと、ツキノワグマは毎日見ているらしい。
最近は熊ベルくらいでは逃げないらしい。

150801- (455)
休憩後出発。
一応気休めでも熊ベルを鳴らしながら下山。

150801- (460)-1
150801- (461)
核心部?の梯子。
降りるほうは結構怖かったわ。

150801- (517)
14時半頃登山口に到着。
母ちゃんもお疲れ様でした~

この後は上高地に移動。
150801- (545)
150801- (546)
150801- (576)
最後にソフトクリームを食べて終了。





スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。