Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(岩古谷山/平山明神山/大鈴山/鹿島山)
15.9.30
休みを取って一人で奥三河の山へ。
一昨日も休んで山行をしたばかりだけど、、まぁねぇ、、、(´∀`*;)ゞ

150930- (2)
和市の駐車場に車を駐車。
自分の車以外に1台停車。

150930- (5)
10:25 登山開始。

150930- (6)

150930- (9)
ヤマビル注意の案内。
対策用のジョニーは車の中。
取りに行こうかとも考えたが出たとこ勝負でそのままGO~。

150930- (12)
トイレ。
登山口から少し登ったところにあります。

150930- (15)

150930- (19)
少し歩くと十三曲がりというジグザグの道の始まり。

150930- (32)
一曲がり毎に標柱?が立っています。

150930- (35)
十三曲がりが終わって少しだけ登ると、ベンチのある休憩所に到着。
少し水分補給して先ずは岩古谷山に向け出発。

150930- (38)
最初は少し急な登り。

150930- (41)
登ると今度は下り。

150930- (42)
下って行くと

150930- (43)
丸太の梯子。結構な下りです。

150930- (44)
次は鉄梯子。

150930- (47)
鉄梯子が終わると丸太の階段を登って行きます。

150930- (50)

150930- (63)

150930- (65)
▲この標識は初めて見た。最近立てられたのだろうか???

150930- (70)
11:05頃 岩古谷山頂に到着。

150930- (72)
山頂では岡崎市から来られたというご夫婦としばし閑談。

150930- (73)
平山明神山

150930- (74)
三ツ瀬明神山を背景に写真を撮って

150930- (76)
11:30頃戻り~。

150930- (81)
11:45頃、十三曲がり上の休憩所に到着。

150930- (82)
平山明神山に向かいます。

150930- (88)
150930- (98)
150930- (103)

150930- (119)
150930- (125)
150930- (131)

150930- (134)
13:10頃 平山明神山山頂に到着。眺望無し。
水分補給後大鈴山へ。

150930- (138)

150930- (141)
150930- (142)
150930- (143)
平山明神山を下りてきたところでルートミス。
20分弱のタイムロスだった。

150930- (158)
150930- (164)
150930- (171)
14:30頃 大鈴山の山頂に到着。
少し休憩してから出発。

150930- (177)
150930- (185)
150930- (189)
15時頃 鹿島山の山頂に到着。ここからも眺望無し。

150930- (192)
ここからは北に行くルートと
150930- (193)
西へ行くルートがあった。
最初ピンクテープがある北方面に行ったがどうもルートが違うっぽい。
西方面に行くが目印が最初の3つくらいは発見したが、
その後は???

150930- (196)
150930- (197)
仕方ないので多分間違っているであろうルートを下りてきた。

150930- (199)
下りた先は神社の鳥居10数メートル下だった。
150930- (203)
ここから休憩所方面に下山。

150930- (210)

150930- (218)

150930- (221)
駐車場の反対側の民家側の登山口に到着。

150930- (222)
車道を渡って

150930- (223)
15:40頃、駐車場に無事到着。
時間の関係で昼飯は持参したものの、食べず終いだった。

大鈴山からの下山ルートはとても分かりづらく、結局林?森?の中を
突っ切ってきたので機会があれば正規ルートを確認しに行こうと思う。

山ヒルの被害には遭わなかったのは幸いだった。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。