Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母ちゃんとワンゲル(燕岳方面・日帰りピストン)
15.11.21
蝶ヶ岳か空木岳方面を検討していたけど、
燕岳にある燕山荘がこの3連休以降は
小屋閉めするということで急遽燕岳方面へ
行くことにした。

燕岳の駐車場付近に3:30頃到着。
第1Pは既に満車。第2Pにギリギリあと1台の所で
停めることが出来た。
151121- (2)
星がかなり出ていたので駐車後星撮影。
露出時間が短かったためか、思った以上に
撮れていなかった。

151121- (4)
その後車中で仮眠し朝6時頃ヘッデンを点け
駐車場を出発。

151121- (8)
中房温泉登山口に向かい、登山口を
6:14に出発。

151121- (16)
登る途中で有明山のモルゲンロート。

151121- (24)
地面はぬかるんでいるところもチラホラ。
標高が上がるにつれ凍っているところはあっても
ぬかるみはなくなっていった。

151121- (59)
7:58 富士見ベンチ着。

151121- (61)
ここでは名前の通り富士山を見ることができた。

151121- (78)
151121- (81)
合戦小屋。
ここで少し休憩。飲み物類は販売しているようだったが
さすがに西瓜は売っていなかった。

151121- (101)
燕山荘まで1.3km地点。
冠雪している槍ヶ岳。素晴らしい。

151121- (134)
途中道端でつらら発見。
やはりそれなりの冷え込みがあるようだ。

151121- (158)
9:26 燕山荘付近に到着。

151121- (196)
山男?だったっけと母ちゃん。

151121- (205)
今回は燕岳へは行かず大天井岳方面へ。

151121- (242)
この大天井岳方面へ向かう表銀座ルートは素晴らしい。
進行方向右手側は北アルプス群等々。

151121- (247)
進行方向左手側は富士山、八ヶ岳、南アルプス等々。
表銀座といわれるわけだよなぁ、、、、

151121- (255)
151121- (253)
だんだん槍ヶ岳も大きく見えるようになってきた。
足元にも雪が残っているところも。

151121- (257)
槍ヶ岳をバックに。

151121- (280)
更に歩みを進め途中の岩場にて。

151121- (289)
もう少し進むと蛙岩と呼ばれる場所に到着。

151121- (292)
ここからの富士山が望める方向は雲海の動きが無く
雲上に浮かぶ富士山や八ヶ岳が素晴らしかった。

151121- (301)

151121- (318)

151121- (332)
さらに大天井岳方面に進み大下りに到着。

151121- (326)
ここからはドーンと激下りがあり、また登り返しとなる。
ここが今回の目的地。

151121- (353)
151121- (354)
風景を眺めつつ休憩しようかと思ったが
風の影響が大きいので引き返して休憩。

151121- (361)
151121- (362)
数分戻った富士山が見える側でお茶休憩。
ここは風の影響が無く、ポカポカして気持ちが良い。
雲海は相変わらず動きが無いようだ。

151121- (369)
151121- (376)
休憩後引き返す道中の岩でパチリ。

さらに戻る道中で『この辺りはライチョウがいないかな、、』と
キョロついて歩いていたらライチョウ発見。
151121- (380)
151121- (391)
151121- (403)
1羽だけだったが逃げてしまうことなく
ゆっくり写真撮影することが出来た。

151121- (507)
燕山荘まで戻った後は、昼飯は持参していたが
この3連休後は小屋閉めとなる山荘で昼食。

151121- (510)
カレーうどん、ビーフシチューセットにおでんをオーダー。
どれも美味しく頂きました。

151121- (517)

151121- (518)-1
燕山荘前で帰り仕度をしていたら
登る道中で話をさせてもらったお姉さんと再会。
このお姉さん、見た目はかわいい山ガールなんだけど
どっこいテントを担いで山行する逞しいお姉さんだった。
このお姉さんと一緒に写真を撮ってもらってから下山。

151121- (525)
13:26 下山開始。

151121- (526)
雲海は相変わらず動きが無いようだ。

151121- (529)
朝カチカチだった地面は融けてぐっちゃぐちゃ。

151121- (562)
151121- (570)
富士見ベンチを過ぎた辺りからは
ガスの中へ。

151121- (572)
151121- (573)
下っていく毎に天気が怪しくなってきた。

151121- (576)
151121- (580)
第2ベンチを過ぎると軽く雨がぱらついて
きたようなきていないような感じに。

151121- (585)
16:18 湿って滑り易い路面に気をつけながら
中房温泉登山口まで無事下山。

さっ 家で待ってる茶祐、朱音の元へ
慌てず急いで帰ろうぜっ。

何はともあれ、怪我無く下山できて何よりだった。
母ちゃん おつかれさま~
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。