Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(西穂高岳・12時半迄に行ける所まで)
15.12.12
母ちゃんは仕事だったので一人で西穂へ。
一応前週だったかスタッドレスにタイヤ交換
しておいたので、ひとまず安心。

目下西穂の鍋平駐車場は冬期閉鎖中のため
RWは第一の新穂高温泉駅から乗る必要がある。
また12/1~3/31まではRWも冬時間。
新穂高からの始発は9:00、下りの最終時間は西穂高口を16:15である。

KIMG8064.jpg
RWチケットはSAのコンビニの端末機から購入。
RW代はモンベルカード若しくはJAFカード呈示で300円引きだけど
このコンビニの端末機から購入するチケットは600円引きの2300円。
かなりのお徳だ。

151212- (1)
151212- (2)
西穂高駅に9時半頃到着。
チェーンスパイクを装着し出発。
今回どこまで行けるか分からないが、12時半には
引き返す予定だ。

151212- (4)
RW駅を出発し西穂山荘を目指す。
時間的余裕はないので慌ててはいないけど急ぐ。

151212- (6)
道中笠ヶ岳を望む。

151212- (9)

151212- (10)
10人弱ほど抜かさせてもらっただろうか、かなりバテバテになりながら
10:15頃 西穂山荘に到着。テン場は一張だけだった。
しかしここに来るまでの道中、膝くらいまでの踏み抜き多数で
既にくったくた。

151212- (14)
兎にも角にも山専ボトルに持参したコーヒーを先ず一杯。

151212- (15)
睡眠不足もあり血糖値が下がり気味なのでチョコを少々。

151212- (16)
到着から10分後の10:25、西穂方面に向け出発。

151212- (19)
あれは明神岳かな。

151212- (20)
こっちは焼岳。奥は乗鞍岳かな。

151212- (21)
10:37 西穂丸山に到着。
先を急ぐので写真だけ撮って即出発。

151212- (25)
雪の量は少なめ。凍っている箇所も少ないので
チェーンスパイクそのまま。

151212- (27)
独標下辺りに来ました。

151212- (30)
独標登っています。

151212- (31)
11:27 独標に到着。少し休憩。
休憩しながら時間を確認しあまりの遅さにびっくり。

151212- (34)-1
11:46 ここから独標下を覗くも先行者もいないのでイマイチ様子がわからず。
とりあえずはスパイクチェーンから12本爪アイゼンに変え、ピッケル準備後
ヘルメットを被り出発準備。丁度その時独標を上がって来られた若者とパチリ。
とりあえずもう少し先まで進むことに。

151212- (35)
10番ピーク通過。

151212- (36)
9番ピーク通過。

151212- (40)
9番ピーク通過後の結構神経を使うこの岸壁を通過する時に
まさかのアクシデントが、、、。
ここは手足をホールドさせる箇所が少ないので慎重に通過中
左足を上にあげたら、ザックのショルダー部に付けていたカメラホルダーに
付けていたカメラを押し上げる形になった。
運が悪い事にそのカメラホルダーのロックがかかっておらず
押し上げられたカメラはホルダーから外れ谷底へ一直線。
岸壁に掴まりながら眺めるしかなかった自分。泣けてきました。

151212- (42)
この谷は一般ルートではないので降りるのはとても無理。
長い長いロープがあってビレイが確保出来ても二重事故の確率が高いので
どうにも無理。
一生誰の目にも触れずにいると思われる。。。
あぁぁぁぁぁ、、、情けない。

151212- (55)
気を取り直して先へ。
ピラミッドピーク下。

151212- (56)
所々凍っています。

151212- (58)
12:20頃 ピラミッドピーク到着。
折り返し予定の12時半にはまだ少し時間はあるけど
ここまでとしました。

151212- (64)

151212- (70)

151212- (72)
少し休憩。
山専ボトルに持参した珈琲を飲み、

151212- (74)
チョコを食べ、ぼちぼち下山準備。

151212- (78)
12:33 下山開始。

151212- (79)
ピラミッドピークを降りた所で日帰りで登って来られた
お兄さん達とパチリ。軽く会話をしてまた下山再開。

151212- (85)
またデジイチを落とした谷付近まで戻ってきました。
心が痛みます。。。

151212- (87)
自分が滑落したら洒落にならないので、慎重に通過。

151212- (93)
独標直下。

151212- (95)-1
13:05頃 独標到着。
名古屋と岐阜から来られた方々と一緒にパチリ。
ここでは休憩せずそのまま下山。

151212- (97)

151212- (100)
13:30頃 西穂丸山に到着。

151212- (102)
ここで休憩されていた石川県からこられた山岳会の方々と
しばらく楽しくおしゃべり。
みなさん気さくな方ばかりでした。

151212- (104)
13:45 西穂山荘に到着。

151212- (103)
朝、一張だったテン場も賑わっています。

151212- (110)
13:55 RW駅を目指し出発。

151212- (111)
山荘からRWまでは登り返しもあって結構バテバテだった自分。

151212- (112)
14:21 この壊れた小屋を過ぎると大分RW駅の近くにきたんだよなぁ、、と
毎回ここにくる度に思う場所。
この時あまり深く考えなかったのがいけなかったのだが、
往路はこの小屋を左手に見ながら通過するから
帰路は右手に見ながら通過するはず。
しかしこの小屋を左手に見ながら進んでしまった。

151212- (113)
14:30 で、なぜか約9分後どこをどう回ってきたのかまたこの小屋を
山荘方向に戻るルートで通過。
この時もバテバテで思考回路が停止していたせいか、おんなじような
小屋ってあるもんだなぁ、、、と。
それにすれ違う人すれ違う人どうも見た事ある顔ばかり。
世の中似た顔の人って結構いるもんだなぁとめでたい事を考えていた自分。

そのうちいい加減もうRW駅に着かなくっちゃおかしいのに
到着しないので前方から来た方達にお声掛けしRW駅はまだ遠いのか確認。
するとこの声掛けさせてもらった方達は偶然にも丸山でお会いした
石川の山岳会の方達。
そこで初めて逆方向に歩いていたことに気付いた始末。
そりゃあ逆に歩いていれば会った人にまた会う筈だよなぁ、、、アホ丸出し。

151212- (116)
15:15 正規ルートに戻りまたこの小屋を通過。

151212- (119)

151212- (120)
15:32 RW駅到着。くったくたでした。

151212- (129)
15:45のRWにも間に合ったけど くたくただったので
16:15の最終に乗車。
疲労困憊な一日だった。




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。