Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(阿弥陀岳・赤岳)
16.2.27
母ちゃんは予定があるので一人で南八ッへ。
朱音も連れて行こうかと思ったが様子がわからないため
今回は見送った。

160227- (1)
6時半頃、赤岳山荘駐車場を出発。
ここまで車で上がってきたのだが、最後の左カーブ辺りが
凍っていて車の尻が少し滑ったが、特に問題無かった。

160227- (2)
歩き始めてすぐに路面凍結しており、ツボ足ではかなり厳しかったので
美濃戸山荘前でチェーンスパイクを装着し、リスタート。


160227- (5)
分岐は今回も南沢から。

160227- (12)
途中までは雪があったり無かったり。
ツルンツルンに凍結している箇所もあった。

160227- (26)
160227- (33)
行者小屋に到着。気温は-15℃くらい。

160227- (37)
少し休憩後、ヘルメット・アイゼンを装着し
ピッケルも準備してスタート。

160227- (38)-1
文三郎ルート方面を少し歩き阿弥陀方面へ。

160227- (39)
するとトレースが2本に。
1本は谷の奥に向かっていくルート、もう1本は林のある方向に
トレースがあった。
最初少し谷の奥へ向かうルートにしたがト、レースが途中で怪しくなった。

160227- (40)
なので途中で戻り、林の中に向かうトレースを追っていった。

160227- (46)
途中前方を歩く二人の人影を発見。

160227- (60)
ダブルアックスで登っているし何かおかしいなぁ、、、と。
自分は夏道を歩いているつもりだけど何かしっくりこない。

160227- (72)
で、その二人が休憩されていたので聞いてみた。
するとどうやらこのルートは『阿弥陀北稜』らしい。

自分にとって初めてのルート。この先ルートがわからない。
戻ることも考えたが、このお二人にお願いし後ろから付いて行かせて
もらうことにした。
このお二人は静岡から来られている方達で
幸いこのお二方のうちの一人はガイドもされている方で
自分の最近の山行を伝え、心よく了解を頂いた。

160227- (76)
160227- (79)
160227- (90)
160227- (95)
160227- (108)
岩場を2箇所ほど登り、特に2箇所目の岩場は凍っていたりして
すべりやすい状態の中、必死で登る。手を滑らせたらアウトである。
その後、リッジを登っていくと

160227- (111)
160227- (116)
160227- (120)
阿弥陀岳山頂到着。

160227- (155)
160227- (160)
その後も一緒に行動させてもらい、阿弥陀を中岳方向に下る際
このガイドをされているKさんが同行のHさんにピッケルワークを指導されているついでに
自分も有難く指導して頂いた。

160227- (163)
実践での指導は本当に有難いものだった。

160227- (184)
160227- (196)
160227- (218)
160227- (242)
160227- (255)
160227- (261)
160227- (265)
160227- (266)
中岳経由赤岳到着。
その後ももう少し一緒に行動させてもらった。

160227- (292)
160227- (300)
160227- (305)
160227- (330)
160227- (332)
行者小屋到着。
お礼をいい、ここでKさんHさんとお別れ。
自分は南沢ルートで下山。

160227- (340)
途中カッチンカッチンの凍結箇所でスケートの真似事。

160227- (354)
赤岳山荘駐車場に無事到着。

今回偶然にもガイドをされているKさんとお会いし
運良く一緒に阿弥陀北稜を登る事が出来た。

こういった出会いは有難いものである。
今回も無事な山行であったことを山の神様に感謝である。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。