Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(宝剣岳)
16.3.12
一人で中央アルプスの木曽駒へ。
160312- (4)
菅の台BCより望む木曽駒ケ岳方面。

160312- (6)
バスは登山客多数のため、予定始発より前に臨時便があった。
バス停自体には20番目くらいの順で並んでいたが、切符購入も
相当な人数の列だったため、結局臨時便には乗れなかった。

160312- (7)
千畳敷駅に到着。
今回はニューアイゼンのお試し。
ペツルのワンタッチアイゼンのリンクス14本爪。

160312- (11)
今日は最高の天気。
南アルプスや富士山の眺望抜群だ。

160312- (13)
前回来た時屋根からつららが伸びていたが、
もうすっかり融けてなくなっていた。

160312- (16)
既に多くの人が登り始めている。

160312- (19)
準備完了。一旦カール下へ。

160312- (20)
前日に降雪したらしく雪面はかなり軟らかめ。

160312- (22)
距離的には短いが急な斜面は渋滞気味。
その渋滞によりペースも遅めである。
前を歩いていた地元の兄ちゃんとしゃべりながら登っていく。

160312- (26)
乗越浄土に到着。
その地元の兄ちゃんとパチリ。

地元の兄ちゃんは木曽駒方面へ。
自分は宝剣へ。

160312- (27)
目の前の宝剣岳。
あれ?

160312- (28)
あれれれれ???
菅の台BCではハーネスやヘルメット、ザイル装備の方が結構いたので
宝剣岳に登っているものだと思っていたが、まさかまさかの
誰の姿も無し。トレースも無い。

160312- (39)
一旦持参した珈琲を飲み気持ちを落ち着かせる。
誰か先行で登っていれば多少安心できるが、誰も
登っていないと不安要素満載だ。
どうしよう、、、、、

160312- (40)
とはいえ考えても仕方ない。行けるところまで行くことに。
先ずは視界の先のあのイルカ岩っぽいところまで。

160312- (42)
イルカ岩っぽいところに到着。

160312- (49)
宝剣岳を眺める。
行くしかないよなっ!びびるな俺!!
トレースもないので全て自分でルートを考えて進んで行くしかない。

160312- (50)
とは言えツルっと行ったら止まれないぞ~

160312- (52)
基本直登で登っていく。
凍結したアイスバーンの斜面にうっすら雪が
被っている状態だ。

160312- (53)

160312- (54)

160312- (55)

160312- (60)
時々休憩できそうな場所で休みながら登る。
もう一本ピッケルがあればもう少し楽に登れそう。

160312- (63)
下を覗くとアンザイレンしたパーティが
宝剣に登ろうとしているのが見えた。

160312- (64)
でも全然進んでいる様子がない。

追いつかれそうだったらと思ったが、全くその心配はいらなさそうだ。
先を急ぐことにする。

160312- (66)
宝剣岳頂上に到着。
頂上直下2mくらいはぶっかぶかの雪。
ピッケルも効かない状態。ステップを作りながら登頂。

160312- (76)

160312- (88)

160312- (89)

160312- (90)

160312- (91)

160312- (100)
山頂ではゆっくり出来たので、そろそろ下山準備のため
下を覗いてみる。

160312- (104)
自分が下っている時にアンザイレンしたパーティの方達と
すれ違うのは厳しいので心配だったが、殆ど進んでない様子。
慌てず確実に気をつけて降りていく準備万端。

160312- (107)
宝剣岳 また来るよ!!

160312- (111)
下山開始。

160312- (112)
下山途中自撮り。
笑ってる場合じゃないけど笑っちゃうよな。

160312- (117)
フロントポインティングで下山。
頭側から足元を撮影。一歩一歩確かめながら降りていく。

160312- (120)
ここまで降りてくれば一安心。

160312- (126)
いやぁ、、、今回も無事に登り降りできてよかった。

160312- (129)
今から宝剣に行こうとしている兄ちゃんとパチリ。
自分は伊那前岳へ行くことに。

160312- (130)

160312- (131)
伊那前岳方面へのトレースは
複数人歩いた様子が窺われる。

160312- (134)
途中で自撮り。
もっと格好良く撮るつもりだったが、思った以上に上手く撮れなかった。

160312- (136)
ここも足を滑らせたらヤバめ。

160312- (139)
途中岩があるところで休憩。

160312- (142)
ここまでは複数のトレースがあったが、ここから先は一人の
トレースのみであった。

160312- (145)
どうやら視界の先のあの人がトレース主のようだ。

160312- (150)

160312- (161)
歌碑通過。

160312- (170)
伊那前岳に到着。
トレース主の方と一緒にパチリ。

160312- (171)

160312- (172)

160312- (173)

160312- (177)
しばらく山頂で写真を撮ったりしてのんびり出来たので
下山開始。

160312- (214)
乗越浄土通過。

160312- (239)
千畳敷駅に到着。
付近にいたお姉さんにシャッターをお願いした。

160312- (242)
そのお姉さん達と。
このお姉さんたち アイスクライミングをされるそう。すっげー。

160312- (244)
今回頑張ってくれたギヤ達。
怪我も無く安全登山できた事に感謝である。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。