Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(西穂高岳)
16.4.2
一人で西穂高岳へ。

160402- (2)
6:20頃 新穂高登山指導センターの下の方の
登山者用無料駐車場を出発。

160402- (7)
新穂高登山指導センターで登山計画書を提出。

160402- (11)
6:30くらいにはRW駅前に到着。誰の姿もなし。
開門は8:10~ということでどうしたものかと思ったが
結局そのまま待つことにした。

160402- (17)
始発のRWに乗車し9:00頃西穂高口駅を出発。
チェーンスパイクを装着。

160402- (18)
雪の回廊を山荘めざした歩いて行く。
天気はかんかん照りの晴れ。

160402- (24)
途中ヤマレコユーザーのzengmingさんにお会いし
一緒に写真を撮ってもらう。

160402- (31)
9:40頃 西穂山荘に到着。
ここで持参したホットコーヒーを飲むが、あまりの暑さに
冷たい飲み物を持参しなかったことを後悔。
少し休憩後、ヘルメット・アイゼンを装着、ピッケルを準備し
ハードシェルを脱ぎ出発。

160402- (35)-1
出発した早々時々山で会うおばちゃんにまたまた遭遇。
最初あかねと三重の御在所で会って以来、赤岳でお会いしたり
11/12にここ西穂に来て自分がRW駅から少し歩き始めた時にすれ違った。
この時はタイミングを逸したので話せなかったが、今回また偶然にもお会いし
お話しすることが出来た。
何はともあれ元気そうで何よりだった。

160402- (60)
10:53 独標到着。
付近にいた方に写真を撮ってもらい
そのまま出発。

160402- (63)
独標の下りは今までで一番簡単に感じた。

160402- (65)
#10

160402- (67)
#9

160402- (68)
#9の下り

160402- (74)
振り返って独標

160402- (76)
で、しばらく歩いたらもうピラミッドピーク。
あれ???いつもの怖いところは???
カメラを落としたあの怖い場所が無かったよ。。。うーーーーーん不思議。

160402- (85)
両足はすでにまたまた靴擦れ発生し足痛状態。
ちっきしょー足が痛いぜ。

160402- (89)
所々でサラサラーーと音が聞こえる。
そちらに目をやると小雪崩が発生ちう。

160402- (96)
更に進み3番ピーク。

160402- (99)
3番ピークからは右手に進み、岩上を歩いて行ったが

160402- (104)
正規ルートは左側。
正規ルートを見ながらさすがにそのまま進めなくなり途中で軌道修正。

160402- (108)
ここを登りきれば

160402- (110)
西穂高岳に到着。
この日、2番手に到着。

160402- (114)
1番手に登頂した富山からの二十歳の兄ちゃんと。

160402- (115)
次は3番手に登頂した一宮からの38才のお兄さんと。

160402- (116)
後姿でも撮ってもらいました。

160402- (126)
3人でヤマネチ!!

160402- (130)
4番手に到着されたベテランさんと。

160402- (131)
次に到着されたカップルのお姉さんと。

160402- (132)
このお姉さんノリが良くっていいわ~ヾ(o´∀`o)ノ

160402- (148)
西穂山頂から見ているとバリエーションルートの
西尾根からダブルアックスで登ってこられる方が。

160402- (149)
この方々、4番手に登頂されたベテランさんのお知り合い。
いやぁ、、、世間は狭いですね。

160402- (155)

160402- (166)

160402- (175)

160402- (178)

160402- (214)
独標下り。
今までで一番楽チンだった。
しかしこの独標下りで自分は遭遇しなかったが
自分より少し前で滑落した男性がいたようだ。

軽アイゼンにピッケル無し。
なぜそんな装備で来てしまったのか?
幸い滑落に巻き込まれた方はおらず、この滑落した男性も
本当に運良く雪上で偶然にも止まって命拾いしたようだ。

この日、4番手に登頂されたベテランさんが
スリングをつなぎ合わせ、この滑落者の面倒を見ておられた。

160402- (229)
予定より早く下ってきたので、西穂山荘で西穂ラーメン醤油味を。
相変わらずうまいっ!!

160402- (230)
西穂山荘では1番目、3番目に登頂された方と一緒にラーメンを食べ
RW駅まで一緒に楽しくしゃべりながら歩いて到着。

静かな山歩きもいいが、こんな和気藹々としたのも最高である。
これも単独行のおかげかな。めっちゃ楽しかった~

色んなものに感謝な一日でした。
踵は両足ともズルムケだった・゚・(つД`)・゚・
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。