Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人でワンゲル(宝剣~木曽駒~将棋頭)
16.8.11山の日
有休を取って木曽駒へ。

今回は主目的は年間パスポート購入が主目的。
そのついでに冬の為に極楽平~宝剣岳へのルートを歩いてみることにした。

この日の始発バスは菅の台を5:15.
この駐車場に到着したのが4:00くらいで駐車率は50%くらいだった。
始発に乗る気は無く駐車場で仮眠。
160811- (1)
5:50頃バス乗り場に並び始めたけど、あまりに多い登山客のため
実際バスに乗れたのは6:30過ぎだった。

160811- (7)
7:43千畳敷駅をスタート。

160811- (9)
先ずは神社でお参りしてから。

160811- (10)
いざ極楽平に向けスタート。

160811- (11)
整備された道を登っていく。
登り始めは毎度調子が掴めずゼーゼーハーハーだ。

160811- (13)
背中側には南アルプス群。

160811- (25)
8:00頃極楽平に到着。
160811- (30)
ヘルメットを被り宝剣岳登山に備える。

160811- (43)
8:16 三の沢分岐。

160811- (53)

160811- (55)

160811- (63)

160811- (72)
よく見るトンネル部分。

160811- (78)
これまたよく見る岩。
但し良く見るのはこの岩に立ってる人を少し下から撮った写真。
単独なのでそれは無理。
160811- (79)
高っけ~~

160811- (80)
8:40 宝剣岳到着。

160811- (82)
160811- (83)
160811- (84)
カメラを付近に居た方に渡し、自分は宝剣山頂の岩に登り
そこを撮ってもらった。
最初にここを登った時より案外楽に登れるものだと感じた。
また極楽平からのルートも鎖やステップがしっかりあり雪が覆われていない時期は問題ないなと。
積雪期はどうなんだろうなぁ~

160811- (94)
狭い宝剣頂上は人で溢れていたため、早々に宝剣山荘側へ下山。

160811- (104)
積雪期にビビッて行けなかった巻き道から木曽駒へ。

160811- (111)
9:23 木曽駒ケ岳頂上到着。

160811- (115)
少し休憩後9:30将棋頭山に向けスタート。

160811- (145)
分岐点。

160811- (160)

160811- (167)
10:40 将棋頭山に到着。

160811- (208)
11:00頃 西駒山荘到着。少し休憩。

160811- (228)
休憩後出発。
途中余りに腹が減ったので持参した昼飯を食べ木曽駒を目指す。

160811- (278)
12:57 本日2回目木曽駒ケ岳山頂。
休憩せずに木曽頂上山荘へ向かう。

160811- (289)
13:10 木曽頂上山荘到着。
山バッジ購入。

160811- (293)
山荘のご主人お勧めの巻き道から宝剣方面へ。

160811- (299)
ここまできてふと玉乃窪山荘に行ってないことを後悔。
面倒くさいが戻っていく事に。

160811- (305)
13:25 木曽頂上山荘到着。
そのまま玉乃窪山荘を目指す。

160811- (310)
見えている割にはなかなか着かない。

160811- (315)
13:37 玉乃窪山荘到着。
ここでも山バッジ購入後引き上げ。

160811- (334)
14:01 木曽頂上山荘到着・通過。

160811- (349)
宝剣山荘方面まで戻ってきたら、宝剣山頂でお会いしカップルに再会。
ここにテン泊だそうで羨ましい限りだ。

160811- (370)
15:00 千畳敷駅に到着。RWは待ち人沢山で1時間20分待ちだった。ゲロゲロ。

160811- (376)
時間が余ってしょうがないので売店でノンアルを買い暫し寛ぐ。
RWに乗るまでにはまだまだ待たなければいけなそうだ。

恐るべし夏山。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。