Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一家で富士登山
16.10.15

14日の夜自宅を出発し15日朝1時半頃 
富士宮口5合目到着。

今回の目的は5/19のリベンジもさることながら、
一度くらいは茶祐を日本一の場所に連れて行きたかったので
天気を見てこの日一家で富士登山をすることにした。

到着後朝3時まで仮眠・4時出発という予定で仮眠。
寒さで起床し時計を見ると4時をとっくに過ぎている(゜O゜;

161015- (1)
▲慌てて準備を整え4時40分頃ヘッデンスタート。

161015- (5)
▲朱音も元気よく出発。

前に朱音とオフシーズンに富士宮口から富士登山に来た時
5合目から上がってすぐのトイレは開いていたのだが
何故か今回は閉鎖していた。

161015- (7)

161015- (12)
▲5:08 6合目の雲海荘、宝永山荘を通過し
お約束のバリケードを通過。
当然ながら自己責任で。

161015- (13)
▲今回富士登山初の母ちゃん、睡眠不足もあってか
若干?高山病気味。足がなかなか進まないらしい。

スタート高さが標高2400mなので本来標高に体を慣らしてから
登山し始めるのが望ましいが、なかなか出来るもんじゃない。
兎にも角にもゆっくりペースで体を慣らしながら登って行く。

161015- (23)
▲5:49 太陽が顔を見せ始めた。

161015- (26)

161015- (27)

161015- (31)
▲5:50頃 新7合目御来光山荘に到着。
少し遅れて母ちゃんも到着。
ここで休憩。

富士宮口から登るメリットは、登山ルート上に山小屋が
見えているので目安になるのが良い。


161015- (56)

161015- (57)
▲6:38 7合目山口山荘通過。


161015- (65)

161015- (70)
▲ここら辺から大き目の岩が出てきた。

161015- (81)

161015- (82)
▲大きさもマチマチ、向いてる角度も様々なので
決して歩き易くない。

161015- (94)

161015- (101)
▲7:15頃 8合目富士山衛生センター、池田館到着。
ここで休憩。

161015- (109)
▲鳥居とお地蔵さん

161015- (113)
▲茶祐。
歩きたい素振りは全く無し。

161015- (116)
▲何か不思議な風景。
富士山は火山爆発で出来た山ということを
再認識させられる。

161015- (118)

161015- (120)
▲お約束の“金のなる木”

161015- (125)

161015- (127)

161015- (133)
▲7:54 9合目萬年雪山荘で休憩。

161015- (157)

161015- (161)

161015- (164)
▲8:44 9合5勺の胸突山荘到着。
オフシーズンとはいえもう少し登山者が多いかと思ったが
意外に少ない本日。

161015- (187)

161015- (192)

161015- (206)
▲朱音も疲れ気味。
それでも抱っこをせがまず自力で歩く朱音。
朱音のこの根性、見上げたものである。

161015- (211)

161015- (217)

161015- (218)

161015- (219)
▲鳥居をくぐると頂上富士館のある浅間大社奥宮に到着。

161015- (228)

161015- (232)

161015- (238)
▲ここで休憩してから剣ヶ峰へ。

161015- (260)

161015- (263)
▲馬の背。
足場はよくないし結構な角度のため
ゆっくり登って行く。

161015- (277)

161015- (280)

161015- (284)
▲10:10
馬の背を登ったら富士山特別地域気象観測所前を通って
剣ヶ峰に到着。朱音我が家で一番乗り。

161015- (286)

161015- (292)
▲茶祐も一緒に。
無事茶祐を日本一の場所に連れてくることが出来ました。
ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪

161015- (301)
▲頂上におられた声掛けしてくれた方と一緒に。
朱音のことをとても感心して下さいました。

161015- (310)
▲一家で[ (´ー( ̄ー ̄)v(゜Д゜)v(^O^ )/(-_- ) ] キネンサツエイ

161015- (320)
▲三角点

161015- (326)

161015- (329)
▲10:30
折角来たのでお鉢回りをすることに。
母ちゃんは馬の背を下り浅間大社奥宮で
待機することに。

161015- (331)

161015- (342)

161015- (348)

161015- (349)

161015- (360)

161015- (362)
▲時々風が強めに吹いてくるが
まぁ快適なお鉢回り。

161015- (367)
▲金明水

161015- (369)

161015- (374)
▲眼下には山中湖。

161015- (381)

161015- (383)

161015- (385)
▲東北奥宮久須志神社

161015- (395)
▲富士銀座?と呼ばれるお店の前で。
当然ながら今シーズンはとっくに終了。

161015- (397)
▲11:03 須走下山口石柱にて

161015- (419)

161015- (422)

161015- (423)
▲大きめのツララ発見。
今シーズンできたものだろう。

161015- (442)
▲正面に剣ヶ峰

161015- (459)
▲11:25 御殿場口下山道石柱にて

161015- (470)
▲11:30 頂上富士館のある浅間大社奥宮到着。
お鉢回り完了。

161015- (479)
▲頂上富士館横の景色が望める所で茶祐をパチリ。

161015- (488)
▲お鉢回り後は昼食休憩。
昼食後の12:03下山開始。
下山は往路のピストン。
朱音は自分の足で下山(o^∇^o)ノ

161015- (504)

161015- (505)
▲12:32 9合5勺の胸突山荘到着。
眼下に見える宝永山辺りの色合いが綺麗だった。

161015- (513)
▲12:52 9合目萬年雪山荘で約15分休憩。

161015- (548)

161015- (549)

161015- (550)
▲13:30 8合目富士山衛生センター、池田館到着。
9合目からここまで結構長く感じた。

161015- (582)
▲14:08 7合目山口山荘。

161015- (590)

161015- (592)
▲14:30頃ガスが出てきた。

161015- (596)

161015- (597)
▲14:48 新7合目御来光山荘。
少し休憩後出発。

161015- (605)
▲15:31 6合目海荘、宝永山荘到着。
新7合目の御来光山荘からも距離を感じた。

161015- (610)
161015- (612)
▲15:53 5合目富士宮口到着。
茶祐も朱音も母ちゃんもおつかれさま~


無事5合目に到着し帰り仕度をのんびりしている我々に
近づく2つの姿有り。
『Can you speak english?』と外国人に言われ
『very very little』と答えた私。

英語は中学生くらいは得意だったが今では昔のこと。
分からないながら聞くと、どうやら富士山に登ったらしいが
下山してきたらバスが2時間後らしく、2時間待ちは辛いので
出来れば新富士駅まで乗せて行ってもらえないか、、と。

結局断るのも可愛そうだし英語でどう断っていいのかも
よくわかんなかったから、乗せて行くことに。

年の頃なら50過ぎと30代くらいの男性2人。
車中で聞くとスイスから来て富士山に登ったらしい。

何はともあれ新富士駅までの約1.5時間、引き受けた以上
無事駅まで送り届けなければということからの緊張で
クタクタ。

おまけに道中で左後輪からパチパチ音が。
時間が時間で道が混んでいたこともあり、途中で確認することも出来ず。
推測するに何かタイヤにくっついてしまったのではないかと。

無事新富士駅まで送りナビを自宅にセットし新東名の新富士ICに
向かう道中でコンビニがあれば入ってタイヤ確認することにした。

しかし全くコンビニがなく、おまけにタイヤからパチパチ音も
しなくなったから『あ~多分あのスイス人が車から降りた時に
サラリとタイヤにくっついたものを取ってくれたんじゃないのかと』
『兎にも角にもよかったよかった』と喜んでいたが高速に入った途端
またあのパチパチ音が。

次のSAに寄ってタイやを確認すると、針金状のものが
タイヤの設置面にくっついているじゃない。
『なーーんだ こんなのがくっついていたか』と取ろうとしたが
『あれ 何か違うぞ!!』おまけにその見えている針金状のものは
1ヶ所だけではなく2、3ヶ所見えている。

( ̄(エ) ̄||| ヒャァアアアア
これはタイヤのワイヤーじゃない!!!
やべーーーよ。

慌ててスタンドに入りスペアタイヤに嵌め替えしてもらい
ともあれ一件落着。
スタンドの人に『危ないところでしたねぇ、、、そのまま走っていたら
バーストしていましたよ』と。

他のタイヤもワイヤーこそ出ていないが条件は一緒。
つい最近タイヤの見積もりを2店で出していたこともあり
次の日に見積もりの安かった店で即発注。

見積もったタイヤは生産中止になっていたが、何とか見つけてもらい
木曜日には装着完了。

富士登山のご利益か何はともあれ無事でよかったよかった。
_( -"-)_セーフ!


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。