Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初の御在所岳
17.1.25は有休を取って
鈴鹿の御在所岳へ。

毎度のように湯の山温泉側からの
中道付近の駐車場に向かう。

170125- (2)
▲温泉街の手前の方は除雪作業中で
除雪車の後ろを走っていたが

170125- (3)
▲そのうち除雪車がわき道に入ったので
更に進むが除雪はされていない。

除雪されていない温泉街をドンドン進むが
とうとう写真の辺りでスタック。
チェーンを嵌める場所も無いので、何とか向きを変え
Uターンし鈴鹿スカイライン冬季ゲート前へ向かう。

170125- (4)

170125- (5)

170125- (8)
▲こちらも条件は悪かったが、車載してあるスコップを使い
Uターンスペースを作り、ゲート前の隅に駐車。
朝からクタクタだ。

170125- (10)

170125- (12)

170125- (15)
▲ゲート前でこんな状態だからゲート以降も結構な雪。
しっかりした踏み跡ではないがトレースっぽいのがある。
積雪は膝くらいの中、スカイラインを上って行き
裏道登山口に到着したが更に上がることに。


170125- (23)

170125- (36)
▲そこから中道登山口までは膝ラッセルで進む。
中道登山口辺りにきてようやくまた踏み跡。
いつの間にか湯の山温泉側の中道付近の駐車場は
除雪しているようだった。
ちっくしょ~~残念無念である。

170125- (39)

170125- (41)

170125- (42)
▲中道登山口をスルーし一ノ谷新道登山口もスルーし進もうとしたが
ここらでまた踏み跡は消える。
計画では表道から登るつもりだったが最初っから計画倒れなので、
表道まで行くのをやめ一ノ谷新道から登ることにした。

170125- (46)

170125- (48)

170125- (50)
▲一ノ谷新道を登り始めた早々アイゼンを付けていないことに気付く。
一旦小屋前に戻りアイゼン・ピッケル装備をし、改めてスタート。
スタート早々腰ラッセルだった。

170125- (53)

170125- (55)
▲更に少し進むと胸ラッセル。
この状態では全然進めないのでルートを変えることにする。

170125- (59)

170125- (62)
▲戻って隣の中道登山道からリスタート。
さすがに王道のルート、踏み跡があり有難く辿らせてもらう。

170125- (64)

170125- (65)
▲裏道ルートへの分岐点。
こちらにトレースがあったので誰か裏道から中道へ
通過したと思われる。
時間にもよるが、帰りにここから裏道へ行こうかなと予定。

170125- (69)

170125- (73)
▲道中下山してくるのべ5人くらいにそれぞれ話を聞くと
皆さん6合目のキレットの先くらいで引き返してくるようだ。

170125- (91)

170125- (95)

170125- (96)
▲6合目キレット。
積雪期で無い時も割と楽に下れるが、今回の雪で
今までにないくらいにサクッと下ることが出来た。
30秒以内でこのキレットを上から下まで行けたんじゃないかな。

170125- (102)
▲下山者の中で一番先まで行った方が、このキレットの先の
この木の梯子までらしい。

170125- (103)
▲なのでこの先はノートレース。時間は11:53。
取りあえず行くっきゃない!!

170125- (106)

170125- (114)
▲ここからはキレットで休憩されていた兵庫から来られた方
(以降パタゴニア兄さんと呼ぶことに)と交代ラッセルで進む。
ノートレースで平均腰ラッセル。それ以上になることも。
少しでも歩き易いルートを探しながらパタゴニア兄さんと進んで行く。

170125- (117)

170125- (121)
▲13:23 8合目に到着。
とても一人ではここまで来られなかった。
パタゴニア兄さんに感謝である。

170125- (122)

170125- (123)

170125- (128)
▲パタゴニア兄さんはここで引き上げ。
自分はもう少し進み、8合目をトラバース気味に下り
この凍りついているここを下るかどうか少し悩んで
ピッケルを使って下る。

170125- (133)

170125- (135)
▲斜面を進むが激しいラッセルは必至。
こんな状態で一体いつピークに行けるかわかったものじゃない。
頑張って登って下りの時間がやばかったらRWを使って下るか、
ヘッデンで下るか、、、、とか考えたが結果的にここで下山
することにした。

170125- (141)
▲おりしも天気は曇ってきて雪が舞ってきた。
万一ホワイトアウトをくらったら敵わないので急いで下る。

170125- (142)
▲それにしても残念。
戻ってきた8合目で残念がる自分である。

170125- (143)
▲菰野町方面かな?墨絵の世界。

170125- (149)

170125- (151)
▲6合目キレット。上ってパチリ。

170125- (154)
▲時折立っているのがやっとくらいの風。
RW方面は雪煙が舞っておりRWが揺れているのがわかる。
くわばらくわばらである。

170125- (156)
▲先にキレットを上がっていたパタゴニア兄さんと。
パタゴニア兄さん、気さくでとっても良い人でした。
こんな人と一緒にラッセルしたのを嬉しく感じてしまう。


170125- (157)

170125- (161)

170125- (167)

170125- (169)

170125- (175)
▲パタゴニア兄さんとキレット上で歓談して下山。
途中で裏道ルートに行こうか迷ったが、めんどっちいので
そのまま中道で下山。
15:02登山口に到着。


170125- (179)

170125- (180)

170125- (183)

170125- (184)
▲そこからスカイラインをひたすら下る。
往路を思えば踏み跡もしっかりしてかなり歩き易い。
ただ歩いてても退屈なので雪面に人拓を取ったりしながら下山。

170125- (185)
▲駐停車・・・できませんわな この雪じゃ


170125- (188)
▲スカイライン歩きは結構長い。
綺麗そうな雪を団子にして

170125- (193)
▲食ってみる。

170125- (194)
▲案外いける。ここの雪は旨いぜっ!!


170125- (198)
▲やっとゲートが見えてきた。

170125- (201)

170125- (202)
▲15:42 車に到着。
おつかれさま~俺 (〃´o`)=3

170125- (205)
▲こちらにも感謝。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。