Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝剣岳
17.3.18


カミさんはこの日は用事があるため
一人で毎度の宝剣へ。

前回、宝剣岳の北側から毎度の如く登ったけど
極楽平に上がり南側からも登ろうとしたが
鎖の先の所のリッジにビビリ撤退した。

今回その時と同じように登ろうと
また宝剣にやってきた。


170318- (1)
▲バスは満員御礼状態。
臨時のバスが7:55に出てこれに乗れたが補助席ε-(ーдー)
運がいいんだか悪いんだか、、、

バスは菅の台BC→しらび平に到着し、ここからはRW。
ここで超偶然があり、前回ここに来た時に会った同県の人と
前々回ここにきた時に会った静岡と東京からから来られた三人のうち
静岡から来られたお二人に遭遇(ノ゜⊿゜)ノ
こういう嬉しい偶然ってあるんだな~~
テンション上がる~(o^∇^o)ノ


170318- (10)-1
▲今日は風もなく暑いくらい。
いつもは毛帽子を被るが、今日は暑いので無し。


170318- (20)

170318- (26)
▲乗越に上がり、毎度の駒ケ岳管理センターの建物裏で
持参した珈琲を飲みながら宝剣岳に登る準備を整える。


170318- (27)

170318- (29)
▲準備を整え、アイゼンの前爪やピックが凍結部に
ちゃんと刺さるのを確認し出発。


170318- (33)

170318- (35)

170318- (39)
▲本日も先行者無し。
ダブルアックスで登ります。


170318- (42)
▲今日はいつもより若干左のラインで。


170318- (46)

170318- (49)

170318- (50)
▲程なくし宝剣山頂到着。
今日は少しだけ直下の雪が軟らかかった。
静岡からのお二人も登り始めた様子。


170318- (57)
▲山頂の岩に登り自撮り棒で一枚。


170318- (63)

170318- (65)

170318- (69)
▲静岡からのお二人もとうちゃこ。


170318- (74)
▲三人で一緒にパチリ(-/■ゝ=☆


170318- (77)
▲この後、静岡のお二人は南へ下り空木岳まで行かれるらしい。
『ロープも持ってきているし途中まで一緒にどうですか』と
誘って頂き、申し訳ないから断ろうと思ったんだけど
折角のご好意に甘えさせて頂き、同行させてもらうことにした。


170318- (81)

170318- (83)

170318- (87)

170318- (99)

170318- (101)
▲この静岡からこられたKさんとMさん。
CLのKさんの的確な判断でMさんとKさんが
トップとラストを交代で進んで行く。
冬季の宿泊装備込みのフル装備で凄い!!
自分なんかはまだまだだなぁと痛感。


170318- (132)

170318- (146)

170318- (148)
▲難関箇所。
正面は結構な角度の登り、右側から巻くルートは
ガッチガチのアイスバーンで少しのミスが滑落必至。


170318- (152)

170318- (154)

170318- (158)
▲CLのKさん判断でロープを出し一番安全そうな
正面左側から行くことに。


170318- (159)

170318- (161)
▲途中の潅木?でもランニングを取り、そのお陰で安心して登攀。
直下は雪がかなり軟らかく、最終的には力技で登ったが
これもロープがあり安心感からできること。ホント有り難いなぁ。


170318- (176)

170318- (184)

170318- (188)
▲ラストのMさんも無事到着。


170318- (199)

170318- (202)

170318- (206)
▲最後の難関、リッジの所。
前に南側から来た時、どうも木曽側に落ちそうで撤退した所。
相変わらず怖さで一杯だったが、ロープのお陰で安心して
通ることが出来た(´▽`)


170318- (235)

170318- (240)

170318- (242)
▲このお二人のお陰で宝剣周回をすることが出来た。
ご迷惑だったろうにご好意に甘えさせて頂いて良かった。
またお会いすることがあれば飯くらい奢らせてもらおうと心に誓った。


170318- (243)
▲空木まで行かれる二人を見送らせてもらいながら、熱いものが
込み上げる自分だった。


170318- (251)

170318- (263)

170318- (269)

170318- (271)
▲さて極楽平から下山。ルートは冬季ならではのどこからでもOKな
自由気ままルートであっという間に神社に到着。


170318- (273)

170318- (274)

170318- (276)
▲積雪の影響で本殿もこんな状態。
賽銭箱なんて下の下だから全く届かないが、
少し雪をかいて本日再会した方達のみんなの安全を祈ってお参り
(-∧-)合掌・・・


170318- (280)

170318- (281)
▲今回も無事に下山。
天気も特に崩れず、てるてる坊主様にも感謝。


170318- (287)

170318- (288)
▲窓外の宝剣をレストランから眺めつつ
カツカレーと無料の珈琲で昼飯。
身も心も満たされた山行だった。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。