Sasuke&Akane∞
プロフィール

管理人

Author:管理人

★名前:さすけ(茶祐)
誕生日:2002.7.29
性別:♂
資格:
OPDES/
TT2永久
JKC/
家庭犬訓練試験中等科合格


★名前:あかね(朱音)
誕生日:2003.5.6
性別:♀
資格:
OPDES/
オビディエンスチャンピオン完成
JKC/
G・T・CH完成
家庭犬訓練試験大学科合格
同伴犬試験合格
警備犬訓練試験Ⅰ合格
オビディエンスⅢ合格

★名前:さすけあかね父(管理人)
トレ合格章0275
JKC愛犬飼育管理士



Sasuke・Akane



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



リンク



犬の十戒



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀岳中央稜撤退編
17.6.17

阿弥陀南稜へ登るため、登山口の舟山十字路へ。

前穂から帰ってきて以来、風邪気味で調子が良くない。
熱は無く、倦怠感と咳くらいなので登山して治そうという考えだ。

舟山十字路は初めてだけど、事前にカーナビへ
地点登録しておいた。
安心して向かったが登録ポイント近くにきても
道路上そこに行き着けない。
何度もトライしたが結果は一緒で別荘地を
グルグルするだけで時間だけが過ぎていくヽ(@◇@)ノ

ふと気付いた。
『あれ 何か場所がおかしいんじゃ?』
で、スマホで舟山十字路を検索。
すると、どうも事前登録した場所と違うじゃねーか(○`ε´○)プンプン!!

170617- (1)
▲そんなこんなで到着時間が1時間くらいオーバー。
車が置けるか心配だったが何とか駐車出来た。


170617- (4)

170617- (6)

170617- (8)
▲支度を整え出発。ネットでルートは事前リサーチ済み。
舟山十字路のゲートを通過し暫く林道歩き。
よしよしリサーチ通りだ。


170617- (12)

170617- (15)
▲次は広河原橋を渡ったらすぐ右折らしい。
しかし広河原橋を渡ったすぐ右は藪状態で踏み跡も無く
どうにもおかしい。。。。。。o(゜^ ゜)ウーン

ここはさすがに違うぞ!と思い更に数十メートル林道を進むと
右からの道と合流するトの字の場所に。


170617- (17)

170617- (20)
▲特に何も明示は無かったが右折し進む。
すると堰のある河原に下り渡渉ポイントが出てきた。
この辺りでルートが今ひとつわからずゴソゴソしてたら
河原の石につまづきザックのショルダーに付けていたGPSの
モニターをぶつけヒビが入ってしまった。。。
テンション下がるわ、、、、、(。>0<。)


170617- (21)

170617- (23)

170617- (25)
▲何とか渡渉した所から上に上がる踏み跡を見つけ
踏み跡を追っていくと事前調査済みの木に『阿弥陀南稜』と
明示され、木の根元付近に『阿弥陀岳』と明示されている場所
を発見。
若干の違和感はあったがこの明示を右に見ながら進んで行く。

本当はここを左に見ながら進むようだった。

そんなこととは露知らず進む。

170617- (31)
▲すると二股に到着。

170617- (32)
▲左方向と

170617- (33)
▲右方向。


170617- (35)
▲雰囲気で右方向かな?と思い
右方向へ進むとペイントがあったので正解と疑わなかった。


170617- (36)

170617- (37)
▲更に進むとまた堰があり、その前にケルンと
慰霊碑がある場所に到着。


170617- (38)

170617- (39)
▲渡渉するしかないので渡渉し堰の上に。


170617- (40)

170617- (41)

170617- (43)

170617- (44)

170617- (46)
▲堰を上がった辺りは何か踏み跡も無い感じだったが、
更に進んで行くとしっかりした踏み跡があり
更にペイントで“四区”と書かれてある所を通過。


170617- (48)

170617- (49)
▲その後はペイントやら木の札の集まったものや踏み跡を
頼りに疑い無く進む。


170617- (64)
▲スタートから2時間弱、未だ立場岳に到着しないのはおかしい
と思い、休憩しながらGPSを確認。
するとあろうことか南稜と御小屋尾根の真ん中辺りを歩いている
(/||| ̄▽)/
どうやら中央稜を歩いているようだ。

中央稜を歩く予定はなくCTもわからず、どれくらいで阿弥陀岳に
着くのかもわからない。
どうしようか悩んだが取りあえず踏み跡もしっかりしているため
進むことにした。


170617- (66)

170617- (67)

170617- (71)

170617- (72)
▲休憩した場所から約1時間。
目前に大きめの岩稜のある所に出たが、この辺りで体調が
悪くなってきた。

少し休んで進んでみるがどうも調子が悪い。
この先のルートが容易?困難?もわからないので撤退することにした。



170617- (77)

170617- (81)

170617- (90)

170617- (91)
▲登ってきたルートを下って行く。
しかし同じルートで下っているつもりでも、あまり見覚えの無い所も。
細い河原付近に到着し そこには赤テープが木の枝に付いていたが
その先に目印はどうみても無いし踏み跡もどうにもわからない状態。
草木も高めだし、、、、、、(゜-゜;)ウーン

GPSで自分の往路の軌跡を見るが、そこそこ合っている。
けど踏み跡もわからないし目印もないので進めない。

進めないなんて言ってもいられないので藪の中の細めの川を
渡ったり戻ったりしながら下っていく。
しかしそれも結構キツく、闇雲?に進むのも生産的じゃない。
川の真ん中辺りで休憩することにした。


170617- (92)
▲川の付近は藪ばかり。顔の周りを数十匹のハエがブンブンブンブン。
嫌だし鬱陶しいが疲労感一杯だしこの先のルートをどうしようかで
構っちゃいられない。
一応虫除けスプレーやネットを持参しているが気力なし。


170617- (93)
▲進行方向(下り)左手と


170617- (94)
▲進行方向右手。
右手方向は南稜へのルートがありそんなに遠くなさそう。
ただ、藪漕ぎと高さで約10mくらいの藪のなかの谷を
横断する必要がある。


170617- (95)

170617- (96)
▲そちらから行くことにし、数十匹のハエを引き連れ
何とか南稜へのルートに合流した。


170617- (98)

170617- (100)

170617- (102)

170617- (103)

170617- (105)
▲で、何とか駐車場に到着。

ルート間違い・体調不良・撤退・藪漕ぎ
自分のミスながら散々だったε-(ーдー)


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。